BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

ワークスタイル 海外で働く

【旅を仕事にする】ミニマリストとバイヤーの矛盾点

投稿日:

img_5710

フリーランスやノマドワーカーがパソコン一台で、好きなことを仕事にしていく。

 

これって実は要点さえつかめば簡単だったりします。

 

もちろん、それに伴う様々な代償もありますが。

 

この辺は相棒の将太がうまくまとめているので、興味のある方はこちらを見てもらった方がわかりやすいと思います。

将太のブログ→shotanomad.com

 

僕らは以前から「旅を仕事にする」ということを考えて、それぞれアクションを起こしてきました。

 

それは僕らが「旅をする」ということが好きだからです。

 

旅をしながらお金を稼いで、半永久的に旅を続け、旅するように暮らす、もしくは、暮らすように旅をする。

 

そんなことを思っていました。

 

将太はノマドワーカーとしてだいぶやり込んでいるようです。

 

僕は、ノマドという方法ではなく、実業の方が好きなのでバイヤーとして海外で買い付けをしながら、それを販売して生計を立てていた時代があります。

 

最初は、学校建設の視察や活動のために必要な航空券代をチャラにすることが目的でしたが、要領がわかってくると売り上げが伸びて、滞在費も賄えるようになり、いつしか旅をしてお金がプラスになるという、知らない人からしたら謎の現象まで起きました。

 

バイヤーという仕事

僕は海外の雑貨屋ファッション小物、Tシャツなどを主に買い付けていました。

 

よくバイヤーをしているというと

「それお金になるの?」

「売れるものわかるの?」

と言われます。

 

まず単純にお金になるかどうかは工夫次第です。

 

売れるものをなるべく安く仕入れて、利益率の高いものを確実に売りさばくことで、十分生活していけます。

 

そして、次に何が売れるか?ですが、これはちょいとリサーチが必要です。

 

リサーチといっても難しいことはなくて、僕の場合はどこか出かけたついでに、本屋さんやコンビニの雑誌コーナーに足を運び、雑誌に目を通すようにしていました。

 

雑誌というのは、ほぼ広告費で賄われています。

 

広告を出せる会社というのは、売れているから広告費が出せるんです。

 

売れているということは流行っています。

 

その流行を追いかけることで、何が売れるかはわかってきます。

 

そして、僕自身も以前は雑誌を見ると「あれもほしい、これもほしい」という物欲の塊だったので、非常に興味がわいた部分でもあります。

 

しかし、海外に出たり、日本にいても各地を転々とするようなライフスタイルが固定されてくると僕の生活環境も変わってきます。

 

それが僕の場合は、物を持たない暮らし。

俗に言うミニマリストでしょうか?そのような生活形態になってきたのです。

 

物を持たない人が物を売るという矛盾

僕の場合、むやみに物を減らしていくというスタンスではなく、好きなものだけ持っていたいという感覚だったので、ファッションとかトレンドを手放すようになりました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、僕は同じTシャツを色違いで6枚持っていて、それを日替わりで着ています。

一番好きなTシャツを毎日着る。これって最高です。

 

そうして自分の心が望むものだけを残していきながら、物は徐々に減っていき、最近じゃバックパックとデイパックの中身がほとんど僕の私物になってきました。

 

そうなると、何か買い足すにも自分の好きなものだけを買うようになるので、必然的にファッションやトレンドからは遠ざかります。

 

手放したと言いましたが、自分から離れていったという方が正しいかもしれません。

 

なんでそのような変化が出たかというと、おそらく日本と海外を行ったり来たりしたり、日本国内でも移動生活が増えたからだと思います。

 

結局いつも持ち歩くものって自分が好きなものだけだなって思えたら、それまで大切そうに持っていた大して大切ではないものを持つことに無駄を感じたのです。

 

そうやって好きなものだけを求めていくと、流行に鈍感になります。

 

つまり流行している(するであろう)ものを売ろうとするバイヤーの仕事とは逆行している生活になったのです。

 

そこで僕は気付きます。

 

バイヤーの仕事は、僕にとってのライスワークだったのだと。

 

ライスワークとは、文字の通りでご飯を食べるための仕事、つまり生きていくためにしていた仕事です。

 

僕がしたいのはライクワークなので、バイヤーとしてメシは食えても自分のライフスタイルとは食い違ってきているので、やれるけどやれない、ということに気付いたのです。

 

ほとんどの人はワークスタイルを考えて、その中でライフスタイルを考えていると思います。

 

その中には時間であったり、給料であったり、勤務形態であったりといった制限もあると思います。

 

僕らは自分が理想とするライフスタイルがあって、そのスタイルに合わせてワークスタイルをつくりたいのです。

 

描いているライフスタイル

では僕がどんなライフスタイルを送りたいかと言われれば、好きなものに囲まれた無駄のない暮らしです。

 

出番がなかなか回ってこない衣類、靴、カバン、食器など、維持しておくスペースすらも無駄だと僕は思います。

 

あったらいいな、も僕は無駄だと思います。

 

だから理想はバックパックとデイパックの中に収まる範囲のもの。

 

極論を言ったら防災セットとか超無駄だと思います。(僕にとっては)

 

だって自分の大切なものが、カバンの中に収まっていれば、万が一の時はそれ持って逃げたらいいと思うので。

 

そういうと「じゃあなたはカバンの中に収まらないものは持たないんですか?」と言われますが、そうではないです。

 

例えば普段使わないけど、年に数回は出番のくるスーツや革靴。

 

これらも大切だし、用途はありますが、いざという時はいりません。

 

それから移動手段のチャリとかスケボー。

 

これらも普段使うことはあっても万が一の時はいらない。

 

避難してから取りに行ってもいいくらいです。

 

そんな身の回りの環境を基盤に、いつでもどこでも動ける体制を作っていたい。

 

これが僕の理想とするライフスタイルです。

 

そのためには勤務地や勤務形態は従ってられないので、Wi-Fiとパソコンがあれば十分パフォーマンスが発揮出来る状態にしておき、それプラス自分が好きなことで仕事をとれる準備をしています。

 

どんな仕事をしたいのか?

僕は今一番したいことはカメラで仕事をすることです。

 

それもこだわった機材を使わず、「いいカメラを使っているからいい写真」とは言わせない写真を提供できるようになりたいなと考えています。

 

現在は、Facebookやブログのプロフィール画像の撮影やMVの撮影依頼などももらっています。

 

あとこれは目標というか、今後行く世界一周での目的ですが、絶景や人々の笑顔を集めた絵本を制作したいと思っています。

 

世界に一冊だけの絵本を作って、いつか僕らの元へ来てくれるかもしれない子どもに読ませたいなと。

 

まとめ

少し自分の話が長くなってしまいましたが、ライフワークバランスというものを一度考えてみるのは非常に大事なことです。

 

僕の例で言えば、生活からトレンドやファッションは切り離されていくのに、仕事の中にはトレンドやファッションがある、というのはフリーで働く人にとって違和感のあることだと思います。

 

もちろん仕事とプライベートは別!という人も多いと思いますが、僕は無理でした。

 

飽き性なのと、趣味が狭いので。

 

もちろん、仕事と私生活で真逆なことをしていてもうまくいくケースがあります。

 

それが決してダメなことというのが言いたいわけでも、僕のやっていることを押し付けたいのではないということです。

 

あくまで、自分の生活の中に違和感が生じていたこと、そしてメシを食うだけの仕事は僕にはできないのだということ。

 

確立していた収入源を自ら一つ減らすというのは、非常に大きな決断でしたが、それによって別のことに時間や労力をかけられると思います。

もちろん完全にやめてしまうのではなく、距離を置くというが正しいのかなと。

 

そんな感じでまた別のことをしてみようと思っています。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-ワークスタイル, 海外で働く

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.