日清のどん兵衛担々焼うどんを差し入れでいただいたので食す【感想・調理法・注意点など】

先日、日本から来たお客さんに差し入れをいただきました。

ウチのお店(@ohana_kitchen_)でご飯を食べてくれるだけでも感謝なのに、「日本の味が恋しくなるだろ?」と大量の差し入れまでいただけるなんて神様かと思いました。1ヶ月前に帰国したばかりです、とは言えず、ありがたく頂戴することに。

数ある差し入れの中でも、一際目立つ赤いパッケージにそそられ手を伸ばすとそれは…

日清のどん兵衛担々焼うどんを食べてみた

ということで、一癖ありそうなカップ麺「日清のどん兵衛担々焼うどん」のレビューです。

 

作り方は一般的なカップ焼きそば系と同じ

パッケージをはがすと蓋の上に花椒パウダーがあるのでひっぺがして半分程度蓋を開封します。

 

中に液体ソースが入っているので、出し忘れがないように注意しましょう。

なお、こういった類の液体ソースは食べる直前に混ぜるタイプが多いのが現代の世の中です。

以前、ペヤングソース焼きそばを食した際に、お湯を入れる前に液体ソースを注入してしまい、後々行う湯切りの儀式で味の概ねを失うという失態を犯した経験がぼくにはあります。

皆様方におかれましては、過度な空腹時でも冷静さを失わないようご注意ください。

 

お湯を注ぎます。

空腹時でも焦らず調理をするためには、電気ケトルが一台あるとお湯が沸く時間を待つじれったさから解放されます。

 

待ち時間は5分

お湯を線まで入れたら5分ほど待ちます。

カップ麺の類としては待ち時間が長い方ですが気長に待ちましょう。

 

我が家のキッチンタイマーです。

非常にシンプルな作りですが、こういうのはシンプルが一番使いやすい。

文字盤が大きくて見やすいので非常に気に入っています。

 

5分経過したらいよいよ湯切りの儀です。

火傷しないように持ち位置は十分配慮しましょう。

ちなみにシンクの排水口に取り付けてあるこちらのごみ受けも、生活を豊かにしてくれるナイスガイです。

目が細かいので、ほぼ全てのゴミをキャッチしながらも水の流れは滞りなくスムーズ。

清潔なシンクを保つために買ってよかったアイテムです。

 

しっかり湯を切ったら、いよいよ最終仕上げです。

 

液体ソースと花椒パウダーを混ぜて完成

蓋の上で5分間温めた液体ソースと花椒パウダーを混ぜます。

 

二つとも混ぜ終わってから気が付いたのですが…。

 

花椒パウダーは辛さが選べるとのことを、全て入れ終わったこのタイミングで知りました。

全量→しびれる辛さって…

幸いなことに、ぼくの舌ベロは辛さへの感覚がバグっているので、全量入れたものの辛さはほぼ感じませんでした。

試しに何も言わずに彼女に食べさせてみたところ…

「あ、ちょっと辛い……!!!!!っっっっかっっからっ」

って言ってむせていましたので、辛いのが苦手な方は少量ずつ入れるようにしてください。

 

日清のどん兵衛担々焼うどんを食したまとめ

ということで、差し入れでいただいたどん兵衛担々焼うどんを食べてみました。

普段はこういったインスタント食品はほぼ食べないのですが、今回のように差し入れでいただいたり泥酔した深夜に限っては喜んで食べます。

たまに食べるからおいしいってのもあるので、頻繁ではないけどたま〜に食べたくなる。

味は普通においしいけど、こういったものは一癖あるものよりレギュラーメニューの方がぼくは好き。

二つもらったので、もう一つは少しとっておいて頃合いを見計らって食べよう。

最後にどん兵衛担々焼うどんに含まれているアレルギー表記を紹介して終わります。

内容をご確認の上、ぜひご賞味ください。

そんな感じで。

また明日!

 

▼この記事が何らかのお役に立ったりおもしろかった場合は、RTやいいねをよろしくお願いします。辛いもの好きな腹ペコさんに届くといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。