カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

思慮深くなりたいので「ゼロ秒思考」を人生に取り入れてみた

この記事は、毎月新しいことに挑戦する企画の2021年7月の取り組みです

思慮深くなりたいので「ゼロ秒思考」を人生に取り入れてみた

同じことで悩んだり、何に悩んでいるのかわからなかったり、結局どうしたらいいのかわからなかったりするの人生において無駄だなと思いました。この先も生きていりゃなんらか壁にぶつかったり、悩んで頭を抱えたり、心が砕けるほどの挫折をするかもしれません。しかし、そこでウダウダ考えているよりも、スパッと気持ちを切り替えて次を見据えて動き出す方がいい人生な気がします。そのための思考法を学びました。

ゼロ秒思考とは

ゼロ秒思考とは

ゼロ秒思考とは、元マッキンゼーの赤羽氏が提唱したメソッドです。

  1. A4用紙を横向きに用意する
  2. 1つのテーマにつき1枚紙を使う
  3. 1枚の紙には4〜6行ほど文字を書く
  4. 1行は20〜30文字程度
  5. 1ページを1分以内に書く

というめちゃめちゃシンプルで簡単なやり方。

これをやることで、考える速度がゼロ秒になります。

ゼロ秒とは、 すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる

参照:ゼロ秒思考

ここまで読んでいいね、やってみようと思った方はA4用紙を用意しましょう。

いいとは思うけど、もう少し詳しく知りたいという方は書籍を読みましょう。

いずれにせよ悩む時間はゼロ秒で行えた方は優秀だと思います。

ゼロ秒思考を実践してみた感想

ゼロ秒思考を実践してみた感想

ここからは、ゼロ秒思考を実践してみた体験をまとめました。

悩む時間が減った

悩む時間がゼロ秒になったとはまだ言えませんが、それでも悩む時間は減りました。特に大きな発見としては、同じことでいつまでもモヤモヤしなくなりました。自分は今どんなことに悩んでいて、なぜ悩んでいて、どうなったらこの気持ちは晴れるのか、そのためには何が必要かを自分なりに具体的に打ち出しているからです。同じような悩みが浮かんでも「もうこうすると決めたじゃないか」という気持ちの良い割り切りができるのでいつまでも同じことに思考を奪われることがなくなりました。

行動が明確になった

自分の理想のためにどんなことをすべきかが明確なので、行動がシンプルになります。事実に対しての気づきから、次の行動計画が明確であればその物事に集中して取り組めるので結果としていろいろ好転していきます。

また何のためにそれをするのかもわかっているので、途中で気持ちが切れそうになっても中途半端に投げ出さずに最後までやり切れることも増えました。同じ作業でも行動の目的が明確だと継続のハードルが下がります。

思考を曖昧にしなくなった

このメソッドのいいことは手を動かして紙に字を書くと言う点です。頭で浮かんだだけよりも、実際に文字にした方が「あ、自分は昨日こんなことを書いたな」と脳内に刷り込まれやすくなります。

頭で思っているだけだと「ああ、やろうとおもったことがまたできなかった」というできなかったことへの負の感情が積み重なっていくだけですが、紙に書いたことで行動につながる確率が高まります。せっかく自分の頭が思い浮かべてくれたアイディアは使わないと賢い脳は次第にひらめいてくれなくなります。閃いても行動してくれないのだから「閃いても無駄か」と思い始めるからです。

文字に書くことで自分の思考を曖昧にしなくなります。

今ここに集中しやすくなった

非常に抽象的な言葉ですが、今を生き切れるようになりました。不安たっぷりの未来、しかも起こるかもわからない未来への取り越し苦労をしなくなりました。将来に対して何も備えないとかそういう話ではありません。それよりも今何をしておくべきか、どうしたら不安なく生き続けられるか、ということを考えるようになりました。

今この瞬間からずっと不安に駆られていたって、誰もその不安を払拭してくれません。できるとしたら未来のために今この瞬間から動き出せる自分だけです。今を生きろなんてキラキラしたこと言う気はありませんが、今に集中することで「この先」も変えられます。

ゼロ秒思考をするだけでは人生は変わらない

一つだけ残念なお知らせとして、ゼロ秒思考のメソッドを実行するだけでは人生は変わりません。というかゼロ秒思考に限らず、こういったメソッド系はそれ自体の行動によって得られた次の行動をしなくては意味がありません。言うならば読書などと同じ類です。読んで終わりにしては意味がありません。

例えば「ブログで稼ぐためには」と言うテーマに沿っていくつかの具体的な行動計画が生まれたとしても、まだそのための行動はしていません。こういったメソッドをやって満足していてメソッドを実行する前とは大した差はありません。行動が全てです。

ゼロ秒思考のまとめ

とはいっても、その行動を起こすためのきっかけとしてゼロ秒思考は有効だと思います。同じことに頭を抱えて、何をして良いかわからないで悩んでいるくらいならさっさと書籍とA4用紙を購入して今すぐ始めましょう。そしてその紙に浮かんできた具体的な行動を行うのです。そうすれば人生は確実に変わり始めます。

こういったものは今日初めて今すぐに何か効果が出るわけでもないので、兎にも角にも今すぐ始めてあとは継続ですね。今何かにモヤモヤしている人は一緒に頑張りましょう。

ゼロ秒思考に必要な物

ゼロ秒思考にあると便利な物

まずは書籍で勉強するのもあり。

紙をまとめておけるホルダーがあると便利。

A4バインダーに紙を挟んだ様子

書きやすいボールペンがあると捗る。

ジェットストリームの4色ボールペン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。