BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

FREELANCE

1日3時間だけ働くライフワークバランスの先に描く10年後の未来

投稿日:

フリーランスになってからずっと頭の片隅で目標にしてきた「1日3時間だけ働く」というライフワークバランス。

 

まだ完璧な実現はできていないのですが、最近は少しずつその理想を叶えるヒントを掴みかけていて。

 

2018年中には完璧に形にして、これまで以上に時間・お金共に余力を持ってやりたいことに注ぎたいと思っています。

 

今日はぼくが目指すライフワークバランスの実現のその先に考えていることについて、時間の使い方に触れながら向こう10年くらいの働き方の話をしようと思います





働きたくないわけではない

最初に誤解を招かないように言っておくと、「1日3時間だけ働く」ということは「それ以上の時間働きたくない」ということではないです。

 

基本的に働くことは好きだし、仕事はエキサイティングなものだと考えています。

 

ただ1日24時間ってのは平等に与えられていて、平等だからこそ時間の使い方は考えないと今後将来を見据えて、長期的に理想を形にして行くことは難しいと感じているのです。

 

余談ですが。

百獣の王こと武井壮さんが何かの番組で「生活費のために1日8時間働けるのに自分のための時間を使う人は少ない」って言っていて。

 

「確かにそうだな〜」って思って、ぼくは武井壮さんの受け売りですが自分の能力を高めるための時間と、自分の知らないことを調べる時間を毎日確保するようにしています。

(この話は長くなるのでまた別の機会に)

 

要は、時間の使い方の話がしたいわけでして。

 

1日8時間働いて守ってきた生活があるのなら、その時間を半分以下にして今以上のパフォーマンスを出すことを可能にすることで、これまで以上に将来の自分のために時間を投資することも可能なのです。

 

その結果、自分の能力や選択の幅は広がっていくことにもなるし、守れる人も増えていくのだと考えています。

 

だからぼくは、このようなライフワークバランスの実現を目指しています。

 

10年後の自分

10年後の自分が何をしているか?は正直まだイメージが追いつきません。

 

もしかしたら

 

子どもがいるかもしれないし、親の介護があるかもしれない。

 

相変わらず好きな時に好きな場所へ行ってるかもしれないし、マイホームローンに追われているかもしれない。

 

そんなのわかりません。

 

ただ、個人を取り巻く周辺の世界だけでなく、世界情勢や日本情勢がどんなに個人にとって不利益なことになったとしても、個人レベルで対応できる幅を広げておきたいです。

 

ふんわりな表現になりますが、「何があっても大丈夫!」ってドンっと構えておける仕組みを作っておきたいと思っています。

 

個人にとって不利益で都合の悪い情勢は、10年も待たずに5年・3年以内の近未来で訪れるかもしれないし、10年経っても今と変わらないのかもしれない。

 

そんなの誰にもわからないけど、確実に個人を守ってくれる社会の構造は終わりを迎えそうな気がしていて、クソ真面目にがむしゃらに働いても、個人が報われにくい世の中になるのかもしれません。
(少なくともその兆しも感じるし)

 

だからこそ、今でしょ!

どうなるかわからない未来とはいえ、ぼくは決して悲観的に見ていないし、どんな時代になっても楽しく生き延びる手段と知恵は持っておきたい。

 

そしてその準備は、今日始めたら明日には形になるようなことではないからこそ、未来でも笑っていられるように、ぼくは今日楽をしたくないんです。

 

だからと言って、今目の前の楽しいことを未来に先送りする気もありません。

 

ただ、昨日と同じ今日の繰り返しでは、同じような明日が来るだけで、それを何ヶ月何年も積み重ねてしまったらそれこそ終わりの始まり。

 

昨日よりちょっと違う自分になるために、どんなことがあっても自分に期待ができる自分であるために、自分に時間を投資できる環境を整えようと思っています。

 

まとめ

浮いた時間とお金を自分に投資して、それまで以上の時間もお金も生み出すサイクルの構築を目指しています。

 

お金持ちになって豪遊したいわけでも、時間を持て余す隠居生活をしたいわけでもなくて。

 

本当に目指すところは、自分がやろうとしているプロジェクトに対して自分の力で責任持ってやりたいからなんです。

 

現代の日本は、事業融資とか助成金とかいろんな仕組みは整備されているけど、自分が描いた構想が正しいか正しくないのか?を証明する実験(事業)くらいは自分の力でやりたいというのが本音です。

 

だから、理想として描いている「1日3時間だけ働く」っていうライフワークが実現できても、きっとのんびりすることもなく次のやることがいっぱい待ってるのもわかってます。(性格上)

 

それでいいと思えるし、やってみたいって思えるものにどんどん挑戦できる生き方をしたいです。

 

だから1日3時間だけ働くってことは、やりたいことをやるための準備でもあって、生きる土台をもっと太くすることでもあるのです。

 

社会の強風に負けないくらい根強い土台。

 

10年以内にに生まれる(であろう)新時代の格差社会に負けない個人でありたいから、今日もぼくは1upします。

 

この記事に共感してくれる人におすすめの書籍はコレ!

▼タイトルの胡散臭さとは裏腹に、個人で仕事を生み出す仕組みとノウハウが満載の書籍。あらゆるビジネスのマインドセットにもおすすめです。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-FREELANCE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.