ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

TRAVEL

飛行機の機内持ち込み手荷物7kgを常に意識しておけば移動生活で怖いものはない

投稿日:2016年4月3日 更新日:

「ノマドワーカーとか国内国外を移動して生活しているけど何を持ち歩いているんだろう?」

「飛行機に乗るときの荷物とかはどうしているのかな?」

こういった疑問に対して記事を書いています。

 

この記事の内容

  1. 普段持ち歩く荷物の量を7kg以内に意識せよ
  2. 移動生活のために必要なこと(たった一つ)
  3. 移動生活に便利なデイパックの選び方





普段持ち歩く荷物の量を7kg以内に意識せよ

飛行機に乗る際の手荷物は預け入れ手荷物と、機内持ち込み手荷物の2種類があります。

 

LCCの場合などには、航空券代に預け入れ手荷物の費用が含まれていないことが多いです。もちろん追加オプションとして頼むこともできますし、路線によっては含まれているものもあります。

関連記事:【LCC機内持ち込み】スクートのチェックインカウンターで8,000円取られた話

 

その場合、機内の持ち込むことができる重さが、だいたい7kgまでとなるケースがほとんどです。

(上記のスクートの場合は10kgまで)

 

フラッグキャリアのように預け入れができても、結局機内持ち込み荷物は7kgまでのところがほとんどなので、余分な罰金を払わなくていいように日頃から持ち歩く荷物の中身だけでなく重さにも気を配っておくことをおすすめします。

 

超過には気をつけたいですよね。

 

移動生活のために必要なこと

S__417795移動生活を行うために必要なことはたった一つです。

それは、日本と海外で必要なものを分けて考えないことです。

 

「なんだ、そんなことか。」

と思われるかもしれませんが、意外とパスポートを持ち歩いている人は多くないですよね?

「移動生活」なので、いつでもどこへでも行ける準備のためにパスポートは常備しておきましょう。

 

パスポートさえ持っておけば、必要に応じてすぐにチケットを予約して旅立てます。

日本を出発してからでも加入できる海外旅行保険(WORLD NOMADS)とかもあるので、安心ですね。

 

ちなみに上の写真は、ぼくがよく持ち歩いているものです。(2016.4現在のカバンの中身)

これに着替えがあればすぐに飛び立てる状態になっています。

 

移動生活に便利なデイパックの選び方

移動生活に便利なデイパック選びのピントは4点です。

  1. 大容量
  2. 疲れにくい設計
  3. 操作が楽
  4. 耐久性

大容量

バックパックのように60Lもなくていいですが、やはりある程度必要なものを詰め込むとなると25〜35L程度は必要になります。

 

疲れにくい設計

移動生活は名前の通り移動がついて回るので「背負いやすい」「疲れにくい」という構造や設計は絶対条件です。

 

操作が楽

小さなポケットは、細々したものを収納するのに便利ですがあまりに複雑な開閉口や、構造をしているデイパックは操作に手間があるのでおすすめしません。

 

耐久性

ハードな旅路も一緒に乗り越えていくためには、耐久性が必要です。

すぐ壊れてしまうようなものは、移動生活には不向きです。メーカーが補償や修理を請け負ってくれると安心ですね。

 

少し余談ですが、このような観点からぼくのおすすめはアウトドアブランドGREGORY(グレゴリー)のデイ&ハーフです。

人間工学に基づくデザイン設計で、長時間背負っていても疲れにくく耐久性も抜群。

33lと大容量でシンプルな構造になっているので、言うことなしです。

 

まとめ

ノマドワーカーや移動生活の多い人向けに、移動生活の極意をお伝えしました。

ポイントをもう一度まとめます。

  1. 飛行機の搭乗を意識して7kg以内を意識する
  2. 日本と海外で生活に必要なものを分けない
  3. 移動にふさわしいカバンを選ぶ

準備を怠らず、いつでも何処へでも行ける体勢を常に整えておきましょう。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-TRAVEL
-,

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.