ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

ITEMS WORLD INFO

海外旅行に行くなら持って行ったほうがいい必需品・持ち物5選

投稿日:2016年9月6日 更新日:

singapore-1132358_640

海外に行く際の、持ち物やおすすめのアイテムはこれまで何度も紹介してますが、結局必要なものは人それぞれ。

 

ギターを抱えている人がいれば、サーフボードを持ち歩く人もいるでしょう。

ちなみに僕は写真印刷用にプリンターを持ち歩いています。笑

 

そこで今回は、特に厳選したおすすめのアイテムを紹介します。

 

海外に頻繁に出向くようになって4年目。

僕のカバンの中身も常にアップロードされてます。

 

1 虫除け関連

特に暑い地域へ行く人は要チェックのアイテム。

「予防接種したし〜」

とか、そんなこと言わずに持って行きましょう。

いいことありますよ。

 

僕は寝落ちしそうな時に耳元で聞こえる「ぷ〜ん」って音がストレスです。

体に塗るタイプならこれ

[amazonjs asin=”B00TWTZ2SU” locale=”JP” title=”プレシャワーPRO ジェルポンプ 200g (防除用医薬部外品)”]

ジェルタイプで出てくるタイプ。

外にいる時間が多いときはこれを両腕、両足に塗っています。

効き目は間違いないです!

 

空間に撒くならこれ

[amazonjs asin=”B00TY2MSC8″ locale=”JP” title=”おすだけベープ ワンプッシュ式 280回分スプレー 不快害虫用 無香料 28.2ml”]

身体には直接塗らず、宿泊先の室内などにワンプッシュするタイプ。

虫除けを直接肌に塗りたくない人はこれがいいと思います。

部屋に入ってワンプッシュするだけ。

 

身体も空間も嫌ならこれ

[amazonjs asin=”B004QZADRK” locale=”JP” title=”どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット メタリックグレー 本体+取替”]

腕時計のように身体に装着するタイプ。

くるぶしとか、足の指先って何であんなに噛まれるんでしょう?

足首つけている人をよく見ます。

 

2 サンダル

「暑い地域行かないし〜」

「海とかプールとか行かないし〜」

何て言わず、持って行ってみてください。

 

トイレとお風呂が一緒になったタイプの部屋とか、サンダルが用意されていないトイレとか、ちょいと濡れた場所に踏み込む時とかめっちゃ使えます。

 

後は綺麗なものを室内履きにして、ホテルの部屋やロビーとかでも有効です。

 

おすすめはビルケンと同じ製法で作られているベチュラ

[amazonjs asin=”B00KF9GHC6″ locale=”JP” title=”Betula / ベチュラ ビーチサンダル #083751/#083811/#083831/#083781 EVAユニセックス〔FL〕 38 DarkBlue”]

サンダルといえば・・・のビルケンですが、そのビルケンと同じ製法で安価に作られたのがベチュラのビーチサンダル。

土踏まずのふくらみとか、足指元の加工とか、足のこと考えて作られてます。

何より軽い!!

カラーも豊富なのでお気に入りの色を見つけてください。

 

3 セームタオル&マイクロファイバータオル

ホテルならともかく、ゲストハウスやユースホステルなど、宿代を安く済ませるとバスタオルの貸し出しがなかったりします。

毎回バスタオル持ち歩くのは面倒だし、かさばるし、洗濯してもなかなか乾かないもの。

そんな悩みを解決してくれるのが、セームタオルとマイクロファイバータオルの2種類。

[amazonjs asin=”B01AHIOC44″ locale=”JP” title=”Speedo(スピード) スイム セームタオル 大サイズ ブルー(BL) SD96T01″]

数ある中でも、僕はSPEEDOの製品を愛用しています。

水泳競技のメーカーなので安心だし、長く使うものだからこそ、何でもいいわけではなく、良品を選びたいと思っています。

「ARENA」はどうなの?って聞こえてきそうですが、そこは好みです。笑

 

セームタオルでシャワー上がりは表面の水分を吸い取ります。

タオルは絞るとスラムダンクの練習後並みに絞れるので、そのまま不十分な箇所の水気をとりましょう。

 

セームタオルで十分拭ききれますが、最後にマイクロファイバーで拭き取ればなお完璧です。

マイクロファイバーはそのまま髪の毛のドライにも使えます。

[amazonjs asin=”B00CXLR7PK” locale=”JP” title=”COCOON(コクーン) マイクロファイバータオル ウルトラライト L フィヨルドブルー(TSU04-L)”]

こちらもマイクロファイバータオルはいくつも存在しますが、やはりアウトドア製品がいいでしょう。

何より、かさばらないってのが、バックパッカーにとっては一番です。

 

4 水に流せるポケットティッシュ

僕はいつも海外にはトイレットペーパーを持って行きます。

理由はトイレの後、紙でお尻を拭く文化ばかりではないということ、そしてトイレットペーパーを日本のようにこまめに補充してくれるばかりではないということ。

[amazonjs asin=”B00WT2NYUK” locale=”JP” title=”水に流せるポケッティ 20個パック”]

想像してみてください。

土地勘のない場所で、急にトイレに行きたくなって、鳥肌全開でたどり着いて腰を下ろしてお尻を緩め、安心したのも束の間。

 

横を見たら紙がない!!

 

これは体験談です。

しかも何度も。

 

ということでトイレットペーパーを持ち歩くのも手ですがかさばるので、水に流せるタイプのポケットティッシュも有りかと。

 

5 ダイヤルロックキー

[amazonjs asin=”B000N7ZCRQ” locale=”JP” title=”日本ロックサービス ABUS 番号式 南京錠 155 20ミリ”]

ポーチやデイパックのファスナーが気付いたら開いていた!なんてことになったら不安が募るばかり。

ましてや気付いたのが人混みだったら、中身をすぐに確認できるわけでもないです。

そうなる前に、面倒でもファスナーは簡単に開けられないようにしておきましょう。

 

ワイヤータイプだと少し余裕が出るのでお好みで選ぶといいと思います。

[amazonjs asin=”B00LTZVHWU” locale=”JP” title=”TSAロック 南京錠 ダイヤル式ロック 海外旅行用 (シルバーワイヤータイプ)”]

鍵タイプは無くしたりすると面倒なので、僕はあまりオススメしません。

 

ちなみにどちらも切られてしまっては終わりなので、完璧なものとしての防犯では無く、あくまで簡単には盗らせない、防犯対策してるぞ、というアピールだということを忘れずにおきましょう。

 

まとめ

今回は、特に厳選した5つを挙げてみました。

お金とか、クレジットカードとか、パスポートと言った必需品では無く、あったら便利なものの中から、僕が必ず持って行く外せない5品を挙げてみました。

 

あったら便利を追求しすぎたら、何もかも詰め込まなくてはいけません。

基本的にものを持ちたくない人なので、かさばらないとか、面倒くさくないと言ったものを中心に旅アイテムは揃えるようにしています。

 

他にもお勧めあれば是非教えてください。

 

って感じで。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-ITEMS, WORLD INFO

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.