カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

海外旅行に持っていくと便利な持ち物【超厳選5選】

海外旅行に持っていってよかったもの

なくてもいいけど、あると便利な持ち物をまとめました。 これから海外旅行へ行こうとされている方は出発前に一度ご確認ください。

海外旅行に持っていくと便利な持ち物

  1. 虫除け
  2. サンダル
  3. 吸水性高めのタオル
  4. 水に流せるティッシュ
  5. ダイヤルロック

虫除け関連

特に暑い地域へ行く人は要チェックのアイテム。「予防接種したから大丈夫」ではありません。寝落ち直前に耳元でぷーーーんって

肌に直接タイプならこれ。

デング熱対策ならこれ。

空間に撒くならこれ。

肌身離さず虫避けるならこれ。

それでも刺されてしまった時のためにこれ。

なぜ蚊はカカトとか指先とか絶妙なところを吸うんでしょうね。掻きにくい。

おすすめの虫除けアイテム

2.サンダル

サンダル達

「暑い地域行かない」「海とかプールとか行かない」とか関係ないです。そんなこと言わず、持って行ってみてください。

トイレとお風呂が一緒になったタイプの部屋とか、サンダルが用意されていないトイレとか、ちょいと濡れた場所に踏み込む時とかめっちゃ使えます。

綺麗めなもなものなら室内履きにして、ホテルの部屋やロビーとかでも有効です。

KEENのヨギ

3.吸水性高めのタオル

ホテルならともかく、ゲストハウスやユースホステルなど、宿代を安く済ませるとバスタオルの貸し出しがなかったりします。毎回バスタオル持ち歩くのは面倒だし、かさばるし、洗濯してもなかなか乾かないもの。そんな悩みを解決してくれるのが、セームタオルとマイクロファイバータオルの2種類。特にセームタオルは水泳競技のメーカーなので安心だし、長く使うものだからこそ、何でもいいわけではなく、良品を選びたいと思っています。

セームタオルでシャワー上がりは表面の水分を吸い取ります。タオルは絞るとスラムダンクの練習後並みに絞れるので、そのまま不十分な箇所の水気をとりましょう。

セームタオルで十分拭ききれますが、最後にマイクロファイバーで拭き取ればなお完璧です。マイクロファイバーはそのまま髪の毛のドライにも使えます。こちらもマイクロファイバータオルはいくつも存在しますが、やはりアウトドア製品がいいでしょう。

何より、かさばらないってのが旅行の際には一番です。

4.水に流せるポケットティッシュ

海外旅行の際にはあったらいいな、ではなく個人的にはかなり必需品のトイレットペーパー。理由は2つあって

  • トイレの後に紙でお尻を拭く文化ばかりではない
  • 日本のようにこまめに補充してくれるばかりではない

ということが大きな原因です。

想像してみてください。あなたは土地勘のない場所で急にお腹が痛くなりました。トイレを見つけ、鳥肌全開でたどり着いて腰を下ろしてお尻を緩め、安心したのも束の間。横を見たら紙がない!!

さあ、あなたはどうする?

5.ダイヤルロックキー

ポーチやデイパックのファスナーが気付いたら開いていた!なんてことになったら不安が募るばかり。ましてや気付いたのが人混みだったら、中身をすぐに確認できるわけでもないです。そうなる前に、面倒でもファスナーは簡単に開けられないようにしておきましょう。

ワイヤータイプだと少し余裕が出るのでお好みで選ぶといいと思います。鍵タイプは無くしたりすると面倒なので、僕はあまりオススメしません。

ちなみにどちらも切られてしまっては終わりなので、完璧なものとしての防犯では無く、あくまで簡単には盗らせない、防犯対策してるぞ、というアピールだということを忘れずにおきましょう。

まとめ

今回は、特に厳選した5つを挙げてみました。「あったら便利」を追求しすぎたら、何もかも詰め込まなくてはいけません。必要なものは人ぞれぞれかと思いますが、海外旅行前の持ち物選びの一助になれば幸いです。あなたの「持っててよかった」もコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

その他にも旅行に役立つ情報を書いていますので、よかったら気になるものをチェックしてみてください。

おすすめのアウター
海外旅行でiPhoneを使っている様子
海外でカメラを使っている様子
100円ショップで買える海外旅行グッズ
海外旅行の持ち物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。