セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

ドンムアン空港のLeft Baggageは数日間の荷物預けに便利

今回のタイ周遊中(バンコク→チェンマイ→バンコク→クラビ→バンコク)、途中で使わない荷物を持ち歩くのが煩わしくなってしまいました。捨てられる物なら捨てればいいのですが、捨てるようなものじゃなくむしろ大事だけど今は不要な物。そのような「これからの数日の旅にこれはいらねえ…」って思うものは預かってもらいましょう。

ドンムアン空港の荷物預かりサービス「Left Baggage」を使ってみた

ここです。場所はドンムアン空港の2階、国内線と国際線の連絡通路にあります。出発ロビーは3階なので、エアポートバスなどで到着した場合は一度ひとつ下の階へ降りる必要があります。

逆に到着ロビーは1階なので、飛行機で到着した後はひとつ上の階へ登ることになります。

料金表。途中光の反射で見にくいですが、すいません。

料金は大きさ関係なく一個あたり75バーツ〜。ここのいいところは1日の数え方が預けた時から24時間計算であること、1日目以降は0.5日計算してくれる点。そのため預け入れる時間と受け取る時間によってはお得に感じることがあります。

今回ぼくは11月27日の午前9時半頃に預け入れをし、11月29日の15時半頃に受け取りました。そのため日付が変わるごとに1日カウントされてしまうと、恐らくぼくの場合は3日分の料金が必要になったはず。ですが、実際には2日半の料金でした。本当にありがとうございました。

ドンムアン空港のLeftBaggageに荷物を預ける方法

荷物を持って窓口に行くと「荷物何個?受け取りいつ?」みたいなやりとりがあります。向こうも勝手がわかってくれているので、そんなに深く話す必要はないです。

受け取りに関しては預ける時点ではハッキリしない場合もありますが、精算は後払いなのでおおむねの時間を伝えておけばOKです。

用紙を渡されるので個人情報等を書き込んで、預かってほしい荷物を渡します。

こちらが引換券になりますので、受け取りまで無くさないように保管をしておきましょう。

受け取りの時は再び窓口に行ってこの紙を渡すだけ。荷物が出てきたら料金を支払います。一つだけ注意点があって支払いは現金のみ。「この荷物受け取ったら後はタイ出国するだけだぜ」って場合でもバーツを使い切ってしまわないように注意しておきましょう。

営業時間です。以前は24時間営業だったそうですが、現在は朝4時半から夜21時までと手書きで書かれていました。

ドンムアン空港の荷物預かりめっちゃ便利

ということで今回はドンムアン空港で利用した荷物預かりサービス「Left Baggage」の料金や利用方法についてまとめました。ぼくは188バーツ(750円くらい)の料金で2日半、不要な荷物を持たずに快適な旅ができました。バンコクの旅行中に「捨てられないけどこの荷物何とかしたい…」って場合は是非利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です