ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

FREELANCE

個人事業主の印鑑を用意していて感じた保証のない未来へ向かう覚悟

更新日:

個人事業主として独立した2017年1月。

 

それに合わせて、書面上であったり行政機関との手続きとかいろんな準備も進めています。

 

実際、個人事業主としての登録があろうとなかろうと、北川勇介が生み出す仕事として変わりはないのですが。

 

そもそも個人事業主なんて会社でも何でもないので、社会的信用だって高くはないから「どうでもいいじゃん〜」って言いだしそうな気持ちになりながら、それでもやらなきゃいけないルールなんすね〜って思って一個ずつ勉強だと思っています。

 

そんな中、最近は事業用の印鑑を作成を依頼していて、それがようやく自宅に届いたのです。

 

印鑑に関しても、海外ではほとんど使用する機会もないから「どうでもいいもの」の一つだったのですが、今日届いて早速事業用の書類に押した認印をぼんやり見ていたら、いろんな感情が湧いてきました。

 

それを言葉にしておきたくて、こうしてパソコン開いている訳です。





やりたいことをやるだけが仕事ではない

せっかく自分でリスクを冒して事業をするのだから、好きなことを仕事にしたいのはもちろんなのですが、自分がやりたいことをやれていたらそれでいいか?と言うとそんなこともありません。

 

特に、ぼくの場合はカンボジアとかタイの人たちと仕事をすることも多いので、余計に感じることなのかもしれません。

 

一人で海外に行って仕事を創るってパッと聞くと、すご〜いみたいな印象を持つかもしれませんが、実際は何も特別なことしていなくて、すごく地味なことで繰り返しです。

 

でも、海外でやる意味って稼げるとか楽しいとか、それ以上に付いて回るものがあると思っています。

 

なぜ、その国でやるのか?

 

これがなかったら、わざわざその国でやる必要ないんです。

 

同じこと日本でやればいいんです。

 

ぼくがカンボジアやタイにお邪魔して仕事をすることで、カンボジアやタイの人たちはどんな恩恵を受けられるのか?

 

これがわからないと、事業ってのは長続きしないのだと思います。

 

だって、事業って人の生活を守ることなのだから。

 

今、必ずしもそれが100%できているわけではない現実と、成し遂げようとしている目標であり目印でもあり、その狭間で交わす印鑑というものが、なんとなく「中途半端じゃ何もできね〜ぞ〜」って訴えてきているような感覚にもなりました。

 

「30超えると自分を見失うよ」

 

と警告された30歳の誕生日前。

 

ぼくは自分を見失ったのではなく、本当に大切にしたいものが見つかったのだと気付きました。

 

そして、そのために抱えていた余分なもの、不要なものを少しずつ手放そうとしているということも。

 

これまで通り、人から何を言われようと、どう見られようと、自分が信じた方へ向かって真っ直ぐ進んでいこうとする覚悟が固まったような気がします。

 

印鑑押しながら。

 

備えるために変わり続ける1年間

2016年の終わり頃、今年2017年を想像した時に浮かんできたのは「変化」と「備え」という二つの言葉でした。

 

世の中に不満があるなら変えるのは自分か環境(居場所)か社会か?

先日Twitterを見ていたらおもしろい質問ツイートが出ていたので、思わずリプライ&投票してしまいました北川勇介(@yusukeworld_)です。   あんまりこういう投票には参加しないの …

続きを見る

今の環境を変える、今の状況を変える、今の常識を変える。

 

そして未来に向けて備える、いつでも動けるように備える。

 

ここで言う「未来に向けての備え」というのは「資産」とかだけではないです。

 

もちろん、資産を備えることができたら、それはそれでいいのですが。

 

やりたいことをやるために、大切な人を守るために、お金はきちんと稼ぐのも当たり前のことですが。

 

きちんと稼いで、そして大切なひと、もの、ことに使っていく。

 

稼ぎ方も大事だけど、使い方。

 

お金の入り口より出口にこそ、しっかりと目を向けてられるように備えて、そしてその実現のために必要に応じて変わっていけるように。

 

今年は特にいつでも動けるために、備えの時期だと思っています。

 

まとめ

正直、どうなるかもわからない先行きの見えない事業計画と経営です。

 

自分で言うのもアレですが、なんとなくこれまでなぁなぁでやってきてしまった、やってこれてしまったという曖昧な状況にけじめをつけるにはよかったのだと思います。

 

覚悟を決めるって意味でも。

 

ちゃんとした書類に文字を書いて、印鑑押すと本当に背筋が伸びる気持ちになります。

 

本当は「注文した印鑑のアフィリエイト記事でも書こうかな〜」くらいの軽い気持ちだったのですが、いざ書く前に印鑑を押すってことをしてみたら、事業を起すってそんなに軽くて甘いものじゃない気がしたので、自分への戒めと備忘録みたいな記事なりました。

「注文した翌日に届く」で有名、激安印鑑のはんこプレミアムみたいな紹介だけ入れておきます。笑

 

印鑑買う予定あれば、個人事業主としての北川勇介を応援する意味でもここから是非、なんて我ながらすごいオチ。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-FREELANCE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.