海外生活ときどき旅。7年目4カ国。

Day101. みんなありがとう!カンボジアにまた一つ小学校が建ちました【最終回】

2016年3月19日建設101日目

 

何にもなかった草っ原にクワを振り下ろしたのが昨年(2015年)の11月20日。

今日で約4ヶ月。

実働101日目にして、ロンデン村への小学校建設が無事(?)終了しました。

 

この4ヶ月で何が一番大変だったかと言われれば、伝えたいことが伝えられないもどかしさや、建設作業が思うように進まないことへのイライラくらいしか浮かばず。

本当は多分、その時々でメッッッチャしんどいことや、キツイことはあったんだろうけど。

振り返ってみると蘇ってくるのは、大変さ、加工さ、しんどさではなくて。

そこにはいつも、誰か人がいてくれていたという喜びが、記憶の大半を占めています。

 

全く何の目処もないところから、3年前に突然生まれた1つのプロジェクト。

 

3年越しに果たした村との約束。

 

形にできた達成感と安心感と、この先の子ども達の未来への責任。

 

いろいろな感情がぐちゃぐちゃに入り混じりながら、形になった校舎をゆっくり眺めていた。

 

カンボジアの小学校建設の振り返り

何もなかった大地にクワを振り下ろして穴を掘った。

そんな地味で、何も先の見えない作業を手伝ってくれた人たちがいた。

 

その穴をしっかり固めてくれる人たちがいて。

 

その穴に土台を作った人たちがいて、建物の基礎ができた。

 

その基礎周りをさらに頑丈にしてくれた人たいがいて。

 

その土台は徐々に上に伸びていき。

 

その鉄筋の周りには日々コンクリが流し込まれ。

その流し込むコンクリをせっせとこねてくれる人たちがいて。

 

そのコンクリは基礎や土台、そして柱や梁となり。

 

この辺から、毎日目まぐるしく変わっていく様子がハッキリと見てとれた。

 

その周りにまた別の誰かがレンガを積み上げてくれた。

 

そのレンガを、積みやすいように並べてくれたり、運んできてくれる人もいた。

 

レンガはいくつも重なり合うことで壁に変わった。

 

地面には無数の岩を投げ入れて、みんな朝から晩まで泥まみれ。

 

終わらないモルタルづくり。

 

編み続ける鉄筋。

 

人がたくさんいるといいんだけど。

 

一人だと結構きつい。いろいろ。

 

この鉄筋は柱だけでなく、梁にもなった。

これが、

 

こうなる。わかる?

 

作業台も増えてきて。

 

作業スペースも高くなる。

 

 

下ではスロープ作ったり。

 

階段作ったり。

 

花壇を作ったり。

 

教室内を左官したり。

 

レンガだった壁は、モルタルが埋め込まれて一気に部屋っぽくなってきた。

 

この頃からだんだん、シェムリアップへ帰るのがめんどうになってきた。

 

帰っても飲んで寝るだけだから、ついに料理まで始めた。

 

ちなみに言うと、この頃から「チケット破り」も流行りだした。

 

お手製のサッカーゴール作ったりもしたな。

 

教室の中には、教団スペースとか作ってみたり。

 

窓埋め込んでみたり。

 

窓を塗ってみたり。

 

上では屋根の骨組みがついて。

 

あ、そこも命綱なしなんすねって作業が増えた。

 

そして、押すに押して念願の屋根が到着。

屋根がつくのをみたくても見れずに去っていった仲間も多数。

 

壁に色をぬって。

 

最後の最後まで賑やかな作業現場だったからこそ。

 

今日は余計に静かに感じたのかな。

 

カンボジアの小学校建設終わったよ

たくさんの人の想いと作業が連鎖して形になった小学校建設。

たった1人じゃできるはずのなかったものが形になるまで、一体どれほどの人たちの力を借りたのだろう。

最終日の今日は静かな1日。

大工さん達がやり残した作業を黙々とこなしていく。

建て付けの悪かった扉や窓がすんなりしまるようになった。

電気がないので締め切ると昼間でも真っ暗な教室。

ドアと3つの窓を全て開放すれば、明るい色の部屋の中に、陽の光がめいいっぱい降り注ぎ、心地よい風が吹き抜けていく。

途中手伝いに来たり、遊びに来たり、時に邪魔しに来たりしていた子ども達がここで学ぶ姿を想像しながら、1つのプロジェクトが終わると同時に次の課題がスタートするんだなという実感。

 

いろいろあったけどホンさんロムさんありがとう。

手伝ってくれた村のみんなもありがとう。

現場に足を運んでくれたぼくの大切な仲間たちもみんなありがとう。

 

もちろん、この写真に写ってない人たちもね。

いい写真が多すぎて選びきれない。

本当にありがとう。

この場に来れなくてもずっと応援してくれていた人たちもありがとう。

 

燃え尽き症候群ってこういうことかな?

すごい、虚無感?脱力感?がぼくを襲ってます。

 

4ヶ月間使い続けた作業用手袋は滑り止めも取れちゃってズルズル。

足袋はかかとがずりずりで足が丸見えになるまで履きつぶした。

ちなみに最後の方は、足が臭くなりすぎて、昼ごはん時に脱げないほどの威力を持っていた。

 

とにかく終了した学校建設。

現場に足を運んでくれた人123名。

お金集めたりしてた時から関わってくれてる人、助けてくれた人数えたら多分1,000人超える。

 

そんな大勢の人が周りにいてくれたことはこれからも誇りだし、嬉しいことなんだけど。

そんな人にお世話になることが当たり前になると、それはそれで怖くなってくる。

うまく言えないけど、この記事ではたくさんの方々にたくさんのありがとうを届けたいです。

 

この寝顔を見るのもまた3ヶ月後。

また会いにくるね。

 

一旦日本に帰ります。

本当にみんな、ありがとう。

 

カンボジア小学校建設日記【完】

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。