【みらいスクール】カンボジア小学校建設100日目【明日日本へ帰ります】

2016年3月18日

建設100日目

建設スタートから実働100日目の今日。

シティゲストハウス(@city_guesthouse)で集まってくれた4人を連れて、今日で終わらせるべく出発。

参加者達

のんちゃん、たまちゃん、ふうちゃん、かおりちゃん。

来てくれてありがとう〜!

かおりちゃんは、美術の人間らしくペンキ塗りにも期待大。

コンビ

かおりちゃん・ふうちゃん。

コンビ

まき・たまちゃん。

のんちゃん・ぼく。

の3組に分かれて、分担してペンキの塗り残しを埋めていく。

とにかくひたすら塗り続ける1日。

 

屋根の頂点の隙間は恒例のセメントで穴埋めすると聞いたんだけど。

そのセメントの色つけが壁のクリーム色と同じ色で塗るって言い出したてドン引きした。

青い屋根はみんなに好評なのに、そこにクリーム色が走ったら絶対浮くじゃんね。

ペンキ塗り

ってことで意地でも水色のペンキを探そうってことで朝一で見つけてきた水色のペンキが塗られていた。

いい色。

真っ青な屋根にいい具合に映えるセメントの水色。

見つけてよかった。

作業風景

ぼくとペア組んで動いてくれたのんちゃん。

ぼくたちだけ足場の都合で、外で作業。

不慣れな炎天下で塗りにくい通気口の隙間まで丁寧に塗ってくれた。

ハケを強く握りすぎて手がおかしくなりそうになってた。

 

大詰めの作業で残り時間も少ないので、せっかくみんながいてくれる時に完成させたかったんだけど。

これまたクリーム色の恒例のペンキが途中でなくなるという準備不足による作業の終了。

もういい加減にしてくんねぇかな。

 

それでも人が多い時にしかできないってことで、しゅういちと仲間たちが贈呈してくれた机と椅子を室内保管へ。

次来る時までに傷つかないようにしておくよ〜。

ただ、これがとんでもない重さで、みんな握力なくなる緊急事態。

ペンキから重労働から、みんな手伝ってくれてありがとう!

また遊びに来てね。

結局、今日も作業が終わらず。

ぼくらも明日の22時50分発の中国東方航空のフライトで帰るんだけど、大丈夫でしょうか?

間に合うんでしょうか?

本当にこんな最後の最後まで作業するなんて。

思いもしなかったぜ!

カンボジアの学校建設地100日目の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。