カンボジア元国王も通った5つ星ホテルのレストランでシェフを務めた男のローカルレストランは知っておいて損はない

カンボジアの友人のすすめで知ったとあるローカルレストラン。なんとそこのシェフは豪華5つ星ホテル「Raffles Grand Hotel d’Angkor」のレストランのシェフが始めたお店でした。うまくないはずがない。

カンボジアの5つ星ホテルのレストランでシェフを務めた男のローカルレストラン

ラッフルズのシェフのお店

ここ。カンボジアではよく見かけるタイプの「THE カンボジア料理屋さん」って感じのお店。

ラッフルズのシェフのお店のメニュー

メニューです。のっけからなんとも良心的な価格。

ラッフルズのシェフのお店のメニュー2

カンボジアに来た観光客が気にいる食べ物の一つ「ロックラック」がおいしいとのこと。

ラッフルズのシェフのお店のメニュー3

メニューはどれもSmallとLargeが選べます。

ラッフルズのシェフのお店のメニュー4

SmallとLargeの差が大きかったので大人数で行った時は迷わず大いっときましょう。

ラッフルズのシェフのお店のメニュー5

右下のフレッシュ サーモン ウィズ キッコーマンソースは鮭の刺身を醤油に浸けて食べるというジャパニーズスタイルな一面もみられるお店。

ラッフルズのシェフのお店のキッチン

厨房の様子です。真ん中で大きな中華鍋を持っている男が噂の彼。見ていると手つきや段取りが抜群すぎる。素人でもわかる。腕相撲なら手を握り合っただけで「あ、こいつやばい。ごめんなさい」ってなるくらい見たらわかるやつ。

一つの中華鍋でほぼ全ての炒め物メニューをテンポよく作り上げる。ぼくらが来店している間だけでも大小様々なチャーハンを何杯も待たせることなくガンガン出していました。普通にすごい。

ラッフルズのシェフのお店の缶ビール

乾杯して待ちましょう。ビールは常温で出て来ました。氷を入れて東南アジアスタイルを楽しもう。

ラッフルズのシェフのお店の空芯菜炒め

この日に食べたものです。まず空芯菜炒め。ローカルレストラン行ったら鉄板。絶対頼もう。

ラッフルズのシェフのお店のロックラック

おいしいと前評判をゲットしていたロックラックは白米を炒飯にカスタマイズするという裏技を発動したおかげで箸が止まらなくなり一瞬でなくなりました。肉の柔らかさがすごい。上質な口どけってこういうことをいうんだと思いました。

あとチャーハンは「いい意味で東南アジア感のしない」普通にうまいチャーハンって感じで、油でギトギトしていないしパラパラ。ちょっと老舗のラーメン屋とかで出てきそうな感じ。次回は大盛りにして一皿食べたい。

ラッフルズのシェフのお店の太麺

きしめんのような太めの麺を炒めたミーコンタン。お酒のつまみにもなるので、これちびちび食べながらアンコールビールを無限に飲むのもあり。

ラッフルズのシェフのお店のワンタンヌードル

〆で食べたワンタンヌードル。スープはよく街で食べる味付けに近かったけど、麺が他のお店よりおいしい気がした。麺と麺がくっついて出てこないところに仕事の丁寧さを感じられる。

ラッフルズのシェフのお店の伝票

で、こちらお会計です。安すぎて笑う。大人2人で約500円ずつ出したら4皿も食べられる。

ラッフルズのシェフのお店の奥の写真

お店の奥には先代のカンボジア国王がRaffles Grand Hotel d’Angkorで食事をした際に一緒に撮った写真が飾ってあり、ホテルで食事をした後に療養のために中国へ行き、その一年後に北京でご逝去されたのでこれがホテルでの最後のお食事となったなどのお話を聞かせてくれました。

まとめ

ラッフルズのシェフのお店の外観

こちらお店の外観ですがランチタイムに行ったら二週連続やっておらず、掃除をしていた人に聞いたら15時OPENとの情報をゲットしました。

お店の場所ですが看板には「Steak House Restaurant」と書いてあったのですがGoogleマップで検索しても出てきませんでした。キムマートの近くです。

ラッフルズのシェフのお店の隣の火鍋屋

隣の火鍋屋さんも大繁盛していました。また行きたい。

名物バーイサイモアン

カンボジア料理の定番「バーイサイモアン」がおすすめのローカルレストランへ行ってきた

Gelato labのアイスクリーム

シェムリアップのパブストリート近くにあるジェラート屋「Gelato lab」でおいしいアイスクリームを食べてきた