ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

人は挑むことをやめると暇になって他人を妬むようになるのかもしれない

投稿日:2017年10月7日 更新日:

ぼくは昔から

「それをしてどうなるの?」

とか

「そんなの意味あんの?w」

って人が言うようなことに興味を持ちやすいらしく。

 

興味を持ってしまうと動き出さずにはいられない性分も手伝ってか、動き出しのスピードはもしかしたら人より早いかもしれません。

 

さらには、あんまり深く考えず動いてしまうので「あ〜まじか。」ってなることもしばしばあるのですが。笑

 

「あ〜まじか。」の先では、不思議と後悔することってあまりないです。

 

一番後悔する時って妥協した時か、やらなかった時。

 

そして、そういう時ってやらなかった自分を守るかのように、人の何かが気になったり、気に入らない部分を探して揚げ足をとったり。

 

挑むってことをやめると、どんどん人として終わっていく気がします。

 

今日はそんなことをまとめておこうと思います。





本当はやりたいことやらない自分が気に入らない

人の目が気になる時って、心が自分に向いていないから「隣の芝は青く見える」みたいな現象が起きがちです。

 

自分がなんとなく登り調子じゃないって感じている時ほど、うまくいっているように見える人に嫉妬したり、ひがんだり。

 

でも本当はわかっています。

 

一番気に入らないのは、「うまくいってそうな誰か」ではなくて「何もしない自分」だってこと。

 

そして思い通りの景色が見れないのも、自分が動いていないからってわかっている。

 

わかっているのに、なぜか人と比較したり。

 

自分はこんなに頑張っているのに。

とか

なんであの人は・・・

とか言い出しちゃったり。

 

てか結局何がしたいの?www

ってぼくはいろんな人から思われていると思います。

 

でも、そんなの本当はどうだっていいこと。

 

だって、目の前の誰かにわかってもらうために、何かをするわけではないのだから。

 

ぼくがしようと思っていることを知ったら、何か変わりますか?

 

人がどうなりたいと思っているかに、心底興味があって聞いていますか?

 

「いつもうまくいってそうでいいね」

「よくそんなんでやっていけてるよね」

 

そう言われる度にぼくは少し考え込みます。

 

「何をしているか、何を考えているかなんて本当はどうだってよくて、どんなことしてたってケチつけたいだけなんじゃね?」って。

 

自分は挑むことをやめたくない

頑張っていますアピールは昔から嫌いだし、そもそも頑張っているとか感じている時点でまだまだ頑張れる余地があるって個人的には考えています。

 

だから、自分がしんどいとか言うの好きじゃないですが、そんな前振りの後にあえて言います。

 

今正直ちょっとしんどいってこと。笑

 

それは疲れているとか、お金が、とかそういうことじゃなくて、やろうとしていたことが今年はいろいろ動き出して、動き出した先で思いもよらぬ別の事業が生まれたりとか。

 

考えなくてはいけないことが増えたのがちょっとだけしんどいかなと。

 

でも仲間に言われました。

「ゆーすけは、好きを仕事にして生きてるじゃん。それって多くの人がいいなって思いながらもやれないことをやってんだよ?それ以上の幸せある?」って。

 

正直、好きなことしていたってその先には、やりたくもないことが10倍くらいあったりします。

 

でも、よく考えたらそりゃそうだなって。

 

大好きな野球の練習だってバッティングは楽しいけど、走り込みとか筋トレとか好きじゃなかったな。とか。

 

それでも根本に『大好き』があるからやってこれたことが、それ以上にあったなと。

 

自分がやるべきことに一生懸命になっている時って、本当に他の物事や他人に興味なくなります。

 

それが周りが気になってしまう時って、本当にやるべきことに集中できてないからよそ見してしまっているんだなって感じます。

 

それだけ暇なんだと言うことです。

 

逆にそれはそれで幸せなことかもしれないですね。

 

人に気をかけている時間があるってことだから。

 

「あ、俺挑んでないわ。」

 

それすら気づきもできなかったら、周りの批判を言い出したり、怒りを感じるようになって気づいた時には今まで近くにいてくれた人たちすらもいなくなっているかもしれません。

 

信用を勝ち取ることが重要で簡単なことではないから。

 

そんなつまらん人生にはしたくないなって思っています。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.