ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

自分では変えられないことと自分の中で変えられること

投稿日:

トランジット地のクアラルンプール行きのフライトが急遽キャンセルになって、まだ成田にいる。

 

本当ならもうとっくにクアラルンプール。

 

翌朝にはシェムリアップに着いて、大好きな笑顔に会えたはず。

 

それが叶わなくて、なんだかちょっぴり寂しかったりして。





「少々遅れる見込みです」というアナウンスが「搭乗時刻変更の目処は立っておりません」に変わり、ぼくは本来なら雲の上だったはずの時間もまだネットが使えることに感謝して仕事をしていた。

 

だけど、しまいにはキャンセルになった。

 

搭乗予定だった乗客の顔色が一気に曇り、振替便やホテルの案内は30分後だと係りの人は言った。

 

結果、そのアナウンスは予定やり15分もオーバーして、振替便は明日の13時だと言う。

 

ぼくら乗客は出国取り消しの手続きに向かうことになった。

 

みんな足取りは重い。

 

ホテルにキャンセルの連絡をしながら歩く旅行者。

取引先に謝罪の電話をしながら歩くビジネスマン。

 

ぼくも、到着翌日にみらいスクールへ訪れたいと言ってくれていた人に、到着の目処がわからない旨を伝えるメッセージを返していた。

 

誰も悪くない。

 

誰も悪くないのに「すいません、急いでもらえますか?」という係りの人の声に、乗客のイライラは絶頂を迎えていた。

 

「は?早くクアラルンプール行きたいんだけど。」

思っているだけじゃなくて、口にしている人がほとんどだった。

 

もろもろ手続きが終わって解放されたのは、10時20分の予定だったフライトから5時間後の15時半。

 

16時のシャトルバスで全員がホテルへ移動。

 

大きなスーツケースを全員が詰め込むので、バスの出発だって決してスムーズではなかった。

 

当然一台のバスには乗り切れないので、そこでまたさらに30分も次のバスを待つ人もいた。

 

ホテルに着けば、その荷物を抱えて我先にとホテルへと入って行く。

 

ホテルの人たちもその対応に追われていた。

 

一斉にやってきたイライラしているお客さんを3人のフロントスタッフが、順に対応して行く。

 

こういう状況に慣れているのか、スタッフの対応はなんだかすごく優しくて嬉しい気持ちになった。

そんなこんなで部屋に入れたのは17時頃。

 

部屋に入ってしばらくすると、ドアの下から何かの紙が部屋の中に入ってきた。

 

明日のフライトはさらに1時間遅れて14時だという。

 

しかも、クアラルンプールから先のシェムリアップ行きはまだ確保できていないと。

 

本当に誰も悪くない。

 

航空会社の人だって必死だろうし、飛行機の機材の調子が悪いことが見逃されるよりよっぽどいい。

 

だけど、こんなケース初めてではないはずなのに、何を聞いても「わかりません、私たちは上から言われたことをお客様に伝えているだけなので」っていう対応に、ぼくもイラっとしてしまっていた。

 

もちろん係の人だって悪くないし、上から言われたことを伝えることだってストレスだろうけど。

 

言葉の使い方一つで、相手の心理は簡単に変わるのだと思った。

 

本当なら、翌日のフライトはキャンセルして別の航空会社のフライトに切り替えたいくらいだった。

 

今すぐにでも飛んで行きたい理由があるから。

 

三週間ぶりに会いたい笑顔がシェムリアップにあるから。

 

だけど、そんなこと言っていたって飛べないものは仕方がない。

 

そんな時にタイミングよく届く相方からのメッセージ。

 

「いろいろ予定通りいかない時こそ本領発揮の時ですな」

 

そうだ。今できることやるしかないよね。

 

ここ数日間、東京→栃木→千葉と関東近郊を転々としながら友人宅にお世話になっていたので、今夜はゆっくり肝臓を休めて、久々の一人の時間だからこそ生み出せるものがある。

 

どんなことがあっても、それが正解だったと思える生き方をして行くしかないって記事でも書いたけど、今日飛ばなかったことでシェムリアップ到着してからの動き出しが加速する準備をしておけばいいのだということ。

 

そう考えたらまだまだやるべきことはあって、結果としていい時間を過ごすこともできた。

 

今回新しく買い足したBOSEのスピーカーが一人部屋に心地いい音を流してくれて、大好きなケツメイシの音楽を聴きながらゆっくり浸かれたお風呂は最高だった。

そして、今こうしてブログを書きながら今日も1日が終わろうとしている。

 

早起きしたからか、とても1日が長く感じる。

 

だけど、そんな今日も、楽しいいつかも同じ24時間。

 

その時間の使い方が、楽しい未来をまた作ってくれる。

 

明日はどんな日になるかな。

 

予定通り飛べるかな。

 

早く会いたいな。

 

パワーアップして笑顔で帰るから、もう少し待っててね。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.