有名と高級の違いを教えてもらった

なんでそんな話になったか忘れましたが先日飲んでいる時に「有名と高級の違い」という話題になりました。ちなみに育ちはいいけど頭の悪いぼくは「有名は誰もが知っているもの、高級は品質が高いもの」という小学生レベルの回答をしておりました。

「じゃユニクロはどっち?」
「有名ですかね。」
「シャネルは?」
「高級ですね。」
「でもシャネルのこと知ってる人も多いよね?」
「まぁたしかに。」

その場にいた社長曰く「有名は認知度、高級は約束を守るかどうか」ということだそうです。「じゃ7時集合って言われて5分前にいたぼくは高級ですね」と遅刻した社長に言ったらスルーされました。

要するに100均で買ったものがすぐに壊れても多くの人は「まぁ仕方ない」と思うけど何万円もかけたiPhoneがすぐに壊れたらイラっとするよねって話です。

あとは似たような商品でも、金額が大きく変わるものもありますが、そもそも金額の差には商品そのものの価値だけでなく、様々な価値が付随しているよねってことです。

  • 店頭に立つ人のサービスだったり
  • 万が一の時のアフターフォローであったり
  • 購入者特典だったり

「商品を渡すだけではなく、ここまでやります。」という約束が商品の価値以上についてまわるので、この約束を守れるのが高級であり、単純に値段が高いということではないいうことですねというお話を回らないお寿司屋さんでしてきました。

社長曰く、ビジネスを始めるにあたって最初に得なくてはいけないのはお金ではなく信頼とのことで、値段設定を考える前にどんな約束がお客さんとできるのか?を考えなさいなどのお話をいただきました。

そんな折にお任せコースの寿司が出切ってしまったのですが「今日はお金を気にしなくていから好きなものを食べなさい」と言ってくれた社長の言葉を思い出して「大将!今まで食べたお寿司をもう一回最初から食べたいです!いいですよね?絶対残さず最後まで美味しく食べることを誓いますので!」などのノリをして人のお金で高級なお寿司をご馳走になってきたお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。