ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール

それでもカンボジアに小学校を建設したいですか?

投稿日:

【カンボジア 小学校 建設】でググると…

ぼくのブログ記事が検索順位1、2位です。

狙ったキーワードとタイトルで、検索順位のトップを取れているからか学校建設に関するお問い合わせも増えてきました。

 

カンボジアの小学校建設はやりたいからやるってものじゃないって記事でも書いたのですが、こういう活動ってこちらが「したいからする」訳ではないんですよね。

途上国に小学校を建設することそれ自体は夢にも目標にも値しないんです。

 

建設が始まるまで、建設中、建設後、開校まで、開校後。

隠すことでもないので、建設にいくらかかるかとか、建設までの手順とか公開しています。

 

本当にその時々でいろんな問題が起こります。

それでも、カンボジアに小学校を建設したいですか?





カンボジアに小学校建設すると待っているこんなこと

抜けられない課題はこんな感じです。

  • 「ぼくも建てたいです!どうしたらいいですか?」という不毛な連絡に返信する
  • 「偽善者!貧困ビジネス野郎!」って言われる
  • 「クラウドファンディングでお金集めたのになんで贅沢しているの?」って言われる
  • 「昔と変わった」って言われる

ざっくりですがこんな感じです。

 

「ぼくもカンボジアに学校を建てたいです」という不毛な質問

正直、こういった連絡に時間を割くことが嫌でして。

友達にLINEするかのように連絡してきて、タダで話聞こうとしたり、相手の時間を奪う人めっちゃ多いです。

そのためにブログの中でいろいろ公開している訳なので、全部見てからそれでもわからないことを聞いてほしいなって思います。

 

問い合わせした人「ぼくもカンボジアに小学校を建てたいです。どうしたらいいですか?」

ぼく「まず、村長さんと村の状況確認して〜教育省になんちゃらかんちゃら…(長文)」

で返信なくなるのがほとんどです。

 

時間カエシテ。

あと、ぼくら外国人が実際に教育現場に立ち入るって思っている以上に簡単ではないです。

「貧困ビジネス野郎!」って言われる

カンボジア人とか子ども達を見世物にして金を稼ぐ貧困ビジネスやろうって言われることが増えます。

やってきたこと知らないでよく勝手なこと言えるな。全部読め!

 

クラウドファンディングでお金集めたのに何贅沢しているの?っていう謎の質問

これはぼく以外にも言われている人を見たり聞いたりするのですが、クラウドファンディングで人からお金を集めたのに「食べたいものおなかいっぱい食べたりお酒飲んだりしてる」って言われたりします。

 

クラウドファンディングでお金集めたお金で食べたり飲んだりしていないのに、なんでそんなこと言われなきゃいけないの?

しかも、贅沢っていうよりも、それ言い出す人よりちょっと単価の高い食べ物食べただけで。

 

「昔と変わった」

学校建てるまでは建てることに必死で、始まったら始まった時に出る課題に必死で。

でも、何かあるたびに「募金してください。寄付をください。」なんてことやりたくないから、ぼくはぼくでビジネスをいくつも作っています。

もちろん学校以外のところで。

働いている様子が見えないと「収入大丈夫?」と心配され、働き始めると「学校も行かず何やってるの?なんでカンボジアにいるの?」と言われる。

やっていることの表だけ見て「変わった」とか言い出す。

 

まとめ

カンボジアに小学校を建設しても、映画やドラマのようなキラキラした展開は待っていませんよ?

そして、ぼくら外国人が現地の教育に介入することだって容易ではありません。

 

建設したってだけで、何も言ったりやったりしなくなれば「建てるだけ建てても意味ない」とか言い出す人がいて。

建設した後も関わり続ければ「見世物にして金稼ぎしてる」とか言い出す人もいる。

 

建てたって子ども達は毎日ルンルンで通う訳でもない。

それでも、関わることへの覚悟はありますか?

けっこうしんどいですよ?

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.