ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

不用品をすぐに捨てられない時のおすすめ方法

投稿日:2018年7月19日 更新日:

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

ぼくは外出予定なく自宅にいる時は割と荷物の見直しをするのですが、「あ〜これ使ってないな〜」ってものが出てきても、なんとなくすぐに捨てられないって時ありませんか?

この記事を書いている2018年7月現在は、生活に必要なものがリュック二個に収まるほどになったのですが、正直もっと身軽になりたいというのが本音でして。

 

これまで時間をかけて厳選して減らしてきた物だからこそ、これまでとは違うためらいがあります。

そこでこの記事では、手放す時にためらってしまう人へ向けたおすすめ記事を書いています。

 

この記事を読むとわかること

  • 使っていない不用品は迷ったら原則「捨て」です
  • 不用品を手放す際にためらう人へのおすすめ方法
  • 不用品は一度で手放さなくてOK





使っていない不用品は迷ったら「捨て」です

家の中やカバンの中を見渡してみて、使っていないものがあったら不用品です。

潔く捨てましょう。

 

  • 「いつか使うかも」の「いつか」は来ない
  • 「まだ使えるからもったいない」という思考がもったいない

というのが主な理由です。

 

「いつか使うかも」の「いつか」は来ない

あったら便利は大抵いらないということを肝に命じておきましょう。

「いつか使う時が来るかも」

「持っていたら役立つかも」

は来ません。

 

「まだ使えるからもったいない」という思考がもったいない

使っていない時点で、もうその物は使えていません。

使いもしないものをキープしておく空間も、カバンに詰めて荷物を増やすことも無駄なのでやめましょう。

もらいものも実は同じことが言えて、「まだ使えるし、どうせタダだし」と何でもかんでももらっていると、思考がパンクします。

 

不用品を手放す時にためらう人へのおすすめ方法

不用品だとわかっても、いざそれを手放す時にためらってしまう人もいますよね。

実は、ぼくもたまにあります。

そんな時におすすめなのが、冒頭のツイート内でも紹介した「とりあえずボックス」です。

 

とりあえずボックスとは?

処分に迷うものを一定期間保管しておくボックス。

すぐに捨てられない場合、本当に必要かどうかをもう一度見直すためのボックスです。

わかりやすくボックスと書いているのですが、別にそれ専用の箱を用意する必要はありません。

 

とりあえずボックスの活用方法

とりあえずボックスの活用方法はこんな感じです。

  1. 処分をためらったものたちを見える位置に置く
  2. 一定期間キープして様子を見る
  3. 一度でも使用すればまだ使う可能性あり(手にとって眺めるは不可)
  4. 一定期間動かなかったものは潔く捨てる

物は自分の意思ではどこへも出かけないので、一定期間場所を変えなかったものはどれだけ思い入れがあっても不用品です。

 

ぼくの場合は、1週間、目に見える位置に、不用品候補をまとめて置いておく。

使わなければ売る、譲る、捨てる項目ごとに分ける、といった感じです。

 

とりあえずボックスのメリット・デメリット

とりあえずボックスのメリットは、「まだ使うかも」と迷うものを元の位置に戻すのではなく、目に見える位置でキープするので、それをもう一度使うかどうかがハッキリわかります。

 

一方デメリットとしては、部屋の中に不用品を出しっ放しにすることにもなるので結構邪魔です。(笑)

まぁその邪魔さが、手放す後押しにもなったりするのですが。

 

不用品は一度で手放さなくてOK

基本的に、不用品を位置でに全て片付けようと思わなくてOKです。

その理由は主に2つです。

  1. 一気にやると長続きしない
  2. ダイエットと同じでリバウンドする

一気にやると長続きしない

「テスト勉強前に机を片付ける」という謎の行動をして後悔したことがある人も多いのではないでしょうか?

一気にやり始めると、終わりが見えずに挫折して「やらなきゃよかった」「むしろ散らかった」という悪循環を招くので、一気にやらないほうがいいです。

 

ダイエットと同じでリバウンドする

ダイエットもそうですが、短期間で効果を求めるとその分リバウンドしやすくなりますよね?

ダイエット前よりむしろ太った!みたいな。

片付けも、処分することに着目しすぎるとその反動で爆買いしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

それでも一気に片付けたいのなら

「時間がない」「一気にやってしまいたい」なら、宅配買取が便利です。

なんせ、自宅にいるだけで業者が買取、査定を行ってくれるので超絶楽チンです。

宅配買取を利用すれば手間をかけずに片付けと資金調達ができるので、一気にやりたい場合は一度無料見積もりをしてみるといいと思います。

 

まとめ

リュック二個で暮らしている理由という記事でも書いていますが、ミニマルライフはあくまで手段の一つです。

物を減らすということだけにとらわれては本質を見失うので、手放すことにためらいがある時は焦らず落ち着いて、もう一度それが必要かどうかを見直してみましょう。

 

最後にもう一度、不用品の見直し方をまとめておきます。

  • 見える位置に不用品をまとめる
  • 一定期間使わないものは潔く手放す
  • 期間内に一度でも使えば元の場所に戻してよし
  • 手にとって眺めるは利用のうちに入らない
  • 思い入れがある=必要なものではない

 

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.