ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ

自分の好きの中で生きる、自分の好きを発信する

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

あなたやあなたが大切にしたい仕事へリスペクトがない人とは距離をとった方がいい

投稿日:2018年6月9日 更新日:

『自分がやっている仕事を軽く見られてしまう』

『友達でもないのにズケズケ聞いてくる人がいる』

こう言った悩みを抱えている方へ向けて記事にしています。

 

この記事で書いていること

  • こんな人とは距離を取れ
  • 合わない人と距離をとった方がいい理由

 

先日、カンボジアで運営しているBASECAMP SIEMREAP(@basecamp_sr)のサイトで二つの記事を書きました。

 

・カンボジアでのオリジナル商品の作り方、業者の見つけ方、仕入れ先の確保の仕方

・【シェムリアップで感じる不思議なこと】情報交換?オフィスの家賃とか聞く理由ってなんですか?

 

という2記事なんですが、いずれの記事も「何であなたにそこまで言われなきゃいけないの?」って話を書いています。

おそらく似たような経験をしている人は多いだろうなってことでまとめて記事にしました。





こんな人とは距離を取れ

距離を取った方がいいと思われる人のパターン。(一例)

  • 人の実績や肩書きで関わり方を変える人
  • 「わかるよ」って近寄ってこようとする人
  • 話めっちゃ盛る人
  • 人の悪口言う人
  • 「お前のために言っているんだ!」って言う人
  • 友達でもないのに友達ぶる人

 

人の実績や肩書きで関わり方を変える人

無名の時は、誰も見向きもしてくれないのに、何か注目されたり実績を積み重ねたり、ちょっと有名人と一緒にいたりするとそれだけで急に手のひら返して近寄ってくる人。

名誉とか権威とか注目とか肩書き実績とか、そんなことばかりに目が行って、誰と仲良くすると得かって考えている人。

「あなたの周り」を見ている人は、何かしたところで「あなた」のことは見ていないから近寄らなくていい。

関連記事:お前にできることならもう誰かがとっくにやっている。なんてぼくは信じない

 

「わかります」って言って近寄ってくる人

SNSやブログで発信していたりすると、大して話したこともない人から「いつも見てます、同じ考えです。言っていることよくわかります」と言われることもあるかと思います。

そう言う人ほど、トンチンカンなこと言い出すし、誰と話すかで簡単に変わるから分かり合えないです。

 

そもそも人と人は分かり合えないと思っているから、大して会ったり話したこともない人とはもっと分かり合えないし、理解もしあえないし、許容もできない。

「わかります」って言う人ほど、わかっていないと思いませんか?

 

話めっちゃ盛る人

「もう一週間何も食べていなくて・・・」

「家から一歩も出れなくて・・・」

「軽く3時間は待ってたよ」

嘘だろ?どうなってんの?

 

自分のことに目を向けてほしい人と関わると、どんどんめんどくさいこと増えるので気にしない方がいいです。

一度耳を傾けるからめんどくさくなるわけで、「あなたの話は聞いていない」と分からせてあげたら、次第に言ってこなくなるので大丈夫です。

「(スマホ片手に)あーそうなんだー大変だね」で万事OKです。

 

人の悪口言う人

その人がいないところで悪口を言う人は、自分がいないところで自分の悪口を言っているから相手にしなくていい。

気に入らないことは本人に直接言えば、悪口にならない。

本人に言えないから、悪口なんだ。

あと、そう言う人ほど「自分がどう見られているか」を気にする人が多いので、相手にしなくなると「嫌われた」とか「怒っている」とか言い出しますが、興味ねーだけだっつーの!!

 

「お前のために言っている」って言う人

矛盾しているようですが「お前のために言っている」って言ってくる人。

ぼくの経験上、こうやって言う人は自分のために動いてくれた記憶がない。

自分のために動いてくれる人は「あなたのために!」なんて言わない。

こうやって言う時って相手が思っているようにしてほしい時だったりして自分のためじゃないから、聞かなくていい。

関連記事:周りの目を気にして自分を曲げて生きたら周りは自分を守ってくれるの?

 

友達でもないのに友達ぶる人

先日書いた記事はまさにここなんですが、お客さんと店員と言う立場でよくそこまで言える(聞ける)なって人。

勝手に友達ぶってきますが、あくまで店員とお客なので接客として失礼がなければ、相手にしなくてOKです。

 

Tシャツ販売しているお店に「どこで仕入れられますか?」「原価教えてください」って聞けますか?

お店の人にいきなり「ここ家賃いくらですか?」って聞けますか?

関連記事:仲間って何?友達って何?って時に読むといいかもしれない話

 

合わない人と距離をとった方がいい理由

例を出しながら「こう言う人と距離をとれ」みたいな話をしてきましたが、中には「人間関係を断つのが怖い」という人もいるかと思います。

ここからは、そう言った話を進めます。

 

距離をとった方がいい4つ理由

  1. 関わる時間がもったいない
  2. 関わる労力がもったいない
  3. 他にも付き合うべき人はいる
  4. 嫌われたって何も困らない(むしろ楽)

1.関わる時間がもったいない

まず、自分が合わないなって感じる人と時間を共有していて楽しいですか?

楽しいならいいです。このままこのページを閉じて、合わない人にLINEでも返して飲みに行く約束でもしましょう。

 

2.関わる労力がもったいない

聞いててつまらない話、誰もハッピーにならない人の悪口、「出た!」って突っ込みたくなる盛った話。

こういった話を聞くだけでも疲れるし、その人の相手をすることだって疲れる。

「いやいや、そうじゃねーだろ!」って話をしようにも、話にならない人にエネルギー使うことがもったいない。

 

3.他にも付き合うべき人はいる

「昔から知っているから」

「会社で顔を合わすから」

「同じ町に住んでいるから」

そんなことで、むりやり付き合う理由を探す必要ないです。

嫌なことは嫌と言えばいいし、無理なら無理と言えばいい。

時間や労力はもっと他のことや人に傾けるべきです。

 

4.嫌われたって何も困らない

自分はあなたとは違うってことを理解してもらって相手にされなくなったらめっちゃ楽ですよ。

中には「嫌われて嫌がらせされるのが怖い」って人いますが、考えてみれば余裕です。

嫌がらせをする人は、嫌がらせをするだけ暇だし、噂話で誰かを困らせたい人は他に話題のない残念でかわいそうな人なんです。

それがわかれば「何言われたっていいや」ってなりますよ。

関連記事:あなたの人生や生き方は自由だけどあなたの命はあなただけのものではない

 

まとめ

ぼくらがカンボジアで経営しているBASECAMP SIEMREAP(@basecamp_sr)に関連して起こった事例をもとに、人付き合いに関する記事をまとめました。

 

付き合うべき人間はその時々で違うし、気にしなくてもいい話題や人間関係に巻き込まれるのはスーパーめんどくさいです。

 

自分は誰かにわかってもらうために生きているわけではないので、あなたはもっとあなたとあなたの大切なヒト・コト・モノ・バショに時間も労力もお金もかけるべきですよ。

 

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ , 2018 AllRights Reserved.