ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




FREELANCE

ノマドという生き方を簡単に人におすすめしない理由

投稿日:2019年1月4日 更新日:

「ノマド」とか言いながら、絶賛カンボジア定住中の北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

さて、今年も確定申告が迫ってきましたので、一旦日本へ帰る準備を始めます。

確定申告をもっと日本が暖かい時期に移行するっていう法案はまだ通らないんでしたっけ?

 

この記事では、ノマドという生き方を簡単におすすめしない理由をまとめています。

「フリーランス最高」なんて言葉に煽られて、見切り発車しないための記事になりましたら幸いです。





ノマドという生き方のメリット

ノマドという生き方をおすすめしない記事なのに、いきなりメリット晒しますね。

ノマドのメリット

  • 時間の制約を受けにくい
  • 場所の制約を受けにくい
  • 他人の指図を受けにくい

 

一見、良いことばかり書いていますね。

 

ノマドという働き方のメリットに引かれた現実の一例(デメリット)

でも実際は、

「そんな生活最高じゃん!」

って思って飛び出して、生活苦になる人も少なくありません。

 

なぜなら、ぼくもその一人。

無計画に仕事やめたもんだから、お金や働き方にはものすごく苦労しています。

 

確かにこの生活は、

何時までに起きなければいけないとか、

会社に行かなきゃいけないとか、

そのために満員電車に乗るとか、

行きたくもない上司との飲み会とか、

一切ありません。

 

でも、その分、全ての責任が自分に振ってかかります。

当たり前ですが。

 

どれだけ1日中働こうが、汗水流そうが、成果に繋がらなければ収入も増えない。

食べたいものが食べられない、買いたいものが買えない。

 

そんな負の連鎖を生み出す可能性も孕んでいます。

おまけに、社会的信用も生まれにくいので、ローンを組んだり事業の借り入れも難しいし、なんならクレジットカード一枚作ることだって難しくなります。

 

「年収がいくら」とかいう前に、生活レベルが下がるストレスは半端なくきついです。

 

好きなことなら我慢できるとか、そんなきれいなことではなくて、食べたいものが食べられないってめっちゃしんどいです。

生活に我慢があるって、悲しくなります。

 

それを何年も耐えられるストイックな人って、一握りの人です。

ぼくは凡人なので、やっぱりきつかった。

 

だから、少しずつ生活レベルは改善できたけど、好きなことやっているはずなのに何のためにやっているのか見えなくなる時期もあってキツかったです。

これが簡単に今の自分の生き方を人におすすめできない理由です。

 

会社員は全然悪くない

最近は、会社員=社畜と風刺して、独立することを煽る社会的背景がありますが、会社員でいること自体は全くもって悪くないし、フリーランスになったら未来が明るいってわけでもないです。

 

子どもの頃って、大人になったら会社でみんな働いていると思ったけど、そんなのは幻覚です。

実際は働き方も多様です。多分昔以上にもっと。

 

だから会社員辞めたら独立かフリーター(ニート)か、みたいな究極的選択を迫られがちだけど、独立してもフリーターでもいろんな生き方・働き方ができます。

 

ぼくの周りには、年齢ギリギリまでワーホリで海外行きまくっている人もいるし、日本にいる間もリゾバなどの高単価なアルバイトで世生活コストを下げながら余力を生み出す工夫をしている人も多いです。

 

正解な働き方ってのはなくて、自分が良いと思えることをやればいいし、嫌なら離れたらいい。

人にとやかくいわれる筋合いもないし、人から言われたくらいで生き方を変える必要もないんです。

 

だって、自分の人生なのだから。

人の言う通りに曲げたって誰も責任取ってくれないのだから。

 

会社員でいることは全然悪いことではないです。

でも、もし今のその生活に違和感があるなら離れてみたらいいです。

 

それで、いきなり独立は不安だと思うなら先ほども紹介したように、ワーホリやリゾバっていう選択肢も十分にありです。

無料登録するだけでいろんな情報がもらえるし、説明会やカウンセリングにも参加できるので迷っている方はぜひ登録だけでもしてみてください。

 

 

それでもノマドを目指すなら

それでもノマド的生活をしたいのであれば、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスで仕事を受注することから始めながら、まずは自分のスキルで稼ぐということを実感すると良いと思います。

 

もちろん最初から高単価での受注は簡単ではありませんが、場数を踏んで勉強しながらお金が稼げると思えれば問題はありません。

 

あとは自分のスキルの身につけ方次第です。

TechAcademy [テックアカデミー]でプログラミングを学んでも良いし、Udemyでデザイン系の勉強をして、受注できる幅を広げるのも大いにアリですね。

 

個人的には、2019年はIllustratorに挑戦をしたいので、Udemyに再びお世話になる予定です。

あとはこのブログを中心に、自分というものを表現しながら、自分が持っているスキルで「旅をしながら暮らす」スキルを高めていきます。

 

まとめ

ということで、実体験に基づいてノマド的生活は簡単におすすめできない理由を書きました。

 

いきなり独立することが不安だけど今の立ち位置から飛び出したいなら

    1. 留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】で無料カウンセリング
    2. リゾバ.comに無料登録
    3. クラウドワークスで仕事を受注してみる
    4. TechAcademy [テックアカデミー]でプログラミングスキルを高める
    5. Udemyでスキルアップ

というスモールステップを踏んでみることをおすすめします。

 

学びに終わりはないので、日々自分を向上させながら、少しずつでも理想の未来を実現していきたいですね。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-FREELANCE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.