プノンペンからケップへカンボジア郵便局のミニバン移動

ケップという街へ旅行することになりました。普段暮らしているシェムリアップからの直行バスはない(あるかもしれないけど探していない)ので、とりあえずいつも通り夜行バスプノンペンまで行けば何とかなるだろうという思考でVirak Bunthamのバスに乗り込みました。

いざプノンペンのバス乗り場に着くと、(Virak Bunthamには)カンポット行きはあるけどケップ行きのバスはないとのことです。その代わりミニバンはあると言われました。いくらか聞いたら、考え抜いた末に15ドルとのこと。プノンペンからカンポット行きのバスは8ドルなのに、ケップ行きのミニバンは高えなと思ってしまいした。

ネットでプノンペンからケップ行きを検索したら、郵便局のVIP Vanサービスを発見。在住の友人たちからも「郵便局のバンいいっすよ」という情報を得ており、使ってみるかという気持ちになりました。検索で見つけたbookmebus.comというサイトから、直接予約&決済ができます。登録したメールアドレスにQRコードが届くので乗車の際に提示すればOK。非常に便利。

カンボジア郵便局のミニバンに乗ってみよう

プノンペンの郵便局

ぼくが今回予約したのは朝7時半にプノンペンの郵便局を出て、昼12時にケップの郵便局前に到着するやつ。予約時のメールアドレスに「出発の20分前までには来ていること」と書かれていたのでそのようにしました。そのメールの中に、乗車場所と降車場所のGoogleマップリンクもあるので、どこから乗ってどの辺りで降ろされるのかも事前に確認できます。

郵便局の正面入り口から見てちょっと右手側に待合場所があります。到着しても特にチケットチェックとか「あなたはどこ行くの?」とか聞かれません。

向かって左手側にカフェがあるので、コーヒーを買って時間を潰します。

ここのコーヒー、普通に美味い。ぼくはホットコーヒー。彼女はアイスラテにしましたが、特にラテの牛乳もおいしいので、これから郵便局のミニバンで移動するときはよくお世話になると思う。

10分前くらいになるとみんなが荷物積み出すので「これケップ行き?」と聞いたら「ケップはあっち!これはシェムリアップ」などと教えてくれます。危うくシェムリアップへ戻ってしまうところでした。

乗車しました。この日、ケップ行きのミニバンに乗り込んだのは我々だけなので、ガラガラ。バスは定刻通りに出発。

約2時間後、コンポンスプーの郵便局へ到着。ここで一度荷物の積み下ろしが行われます。時間にして10分弱ほど待機。

さらに1時間半後、カンポットの郵便局に到着。ここでも荷物の積み下ろしが行われます。

それから約30分後の11時半にケップの郵便局へ到着。予定では12時着とのことだったので、30分ほど早く着いたことになります。予約時にオンライン上で決済が完了しているので、降ろされた荷物を受け取ったら解散。

降りたところにトゥクトゥクが一台待機していました。ホテルまでの値段を聞いてみると良心的な金額で、人当たりも良かったのでそのまま連れて行ってもらうことに。ケップではPASS APPは使えますが、GRABは使えません。

プノンペンからカンボジア郵便局のミニバンでケップへ行くと何時間?いくら?

ということで今回はカンボジア郵便局のミニバン(VIP Van)を利用して、プノンペンからケップへ行く様子をまとめました。

予約表では7時半出発で、12時到着だったので時間にしたらおよそ4時間半ほど。既述の通り、我々は30分ほど早くつきましたが、乗り込む人数や途中に積み下ろす荷物の量、交通状況によって異なると思いますが、4〜5時間見ておけばいいでしょう。

料金は1人6.25ドルでした。予約の際にオンライン上で決済ができます。クレジットカードにも対応しているし、カンボジア在住者ならABA PAYも可能です。