何気ない日常をすべて記録してYouTubeにルーティン動画をアップすることのすすめ

何気ない日常をすべて記録してYouTubeにルーティン動画をアップすることのすすめ

庶民のぼくの日常を切り取っただけのなんてことはない動画をYouTubeにアップするようにして約一ヶ月がたちました。こんな凡人の日々にも何かしらの意味があるからやっています。自分にとって当たり前の日常の中にも誰かにとっての非日常が紛れ込んでいて、そんな非日常から得られる刺激はきっと迷ったり悩んだりした時の何らかの参考になる可能性があると思うからです。

なので、ぼくが見ている景色を共有しようと思ってYouTubeに動画をアップしたのですが、自分にとってもいいことだらけだったのでシェアします。上の画像は昨日紹介しました大五郎くんです。YouTubeにも登場しています。

何気ない日常をすべて記録する

最近はどこへ行くにも何をするにもほぼすべて記録しています。

何気ない日常をすべて記録するメリット

一番のメリットは「思い出の蓄積」です。人は忘れる生き物なので、記録は機械に任せて脳のリソースはもっと他のことに使おうと思います。本当に忘れてはいけない大切なことはきっと胸に刻まれています。なんちゃって。

あと、日常的に「何かおもしろいことないかな」という思考が頻繁に現れるので、楽しいことへのセンサーが敏感になる感じがあります。今までだったら気付かなかったり、見落としていたことを拾えるようになったと思います。

何気ない日常をすべて記録するデメリット

  • 撮影に気をとられすぎると危ない
  • 相手の会話を聞き流したりして失礼にあたる
  • 撮影してはいけない場所がこの世にはある

といった感じで少し気をつけないと人や社会に優しくないことをしてしまいそう。写真なんかもそうですけど「いいものを撮りたい」っていうエゴが溢れると、いい写真の前にダメ人間になるので気をつけたい。

YouTubeにルーティン動画をアップする

で、撮影した動画を編集してYouTubeにアップしています。ゆーちゅーばーってやつにぼくもなれますか?

YouTubeにルーティン動画をアップするメリット

  • 見られている意識で背筋がしゃんとする
  • 振り返りができて人生のPDCAが回せる
  • 情報発信とか見ている景色の共有ができる
  • 動画編集スキルが高まる
  • 多分誰かの何らかの参考にはなる

見られている意識で背筋がしゃんとする

人に見られているとちゃんとしようと思うのでちゃんとできるようになりました。別にカッコつける必要はないですが、あんまりカッコ悪いのもアレなので自然体ちょい盛りくらいで背筋が伸びます。あと、こういうのカッコつけすぎてても長続きしないので無理なく続けるためには生き様も無理がない方がいい。

自分の行動の振り返りができる

自分で公開する動画を見ると「もっとこうしておけばよかった」とか「まだやれることいっぱいあるな」という改善点や気づきがあります。これが非常に良くて、今までやっているつもりになっていた自分を客観的に見れるのでまだまだ甘いなと思いました。行動量とか爆上げしたい。

情報発信とか景色の共有

ぼくの場合はカンボジアで暮らしているので街の様子とかも感じてもらえるといいかなと思います。

  • 初めての人には「へぇ、カンボジアの景色ってこんななのか」
  • 来たことある人には「あ、ここ知ってる懐かしい」
  • 住んでいる人には「おお、いつもの街並みだ」

という感じで視覚や聴覚を通じてぼくが見ているリアルなカンボジアをお届けできます。特にカンボジア来たことない人に少しでも雰囲気が伝わって「行ってみようかな」って気持ちになる人が増えたら嬉しい。

日本とシェムリアップ往復はベトナム航空が乗り継ぎ時間短いし安くて快適だしLCCよりお得でおすすめ

動画編集スキルが高まる

簡単な動画編集スキルなら独学でも簡単に高められます。YouTubeやブログで詳しい人がわかりやすく無料で解説してくれているものがたくさんある優しい世界。ぼくは人生の中でできることは一つでも多い方がいいと思っている人間なのでそれが仕事になるかどうかは別としてこういったスキルは今後も高めていきたい。

Perfect Videoのダウンロード画面

スマホで動画編集するならPerfect Videoというアプリが超おすすめ

きっと誰かの役に立つ

これは冒頭でお伝えした通り。誰かの日常は他の誰かには非日常。自分にとっての当たり前は他の人からしたら異常だったりもするので、誰かの生き方には必ず刺激があります。ぼくの日常が誰かの人生の役に立つと思っています。

YouTubeにルーティン動画をアップするデメリット

凡人のぼくの動画は何十万回も再生されているわけではないので今の所何もデメリットはありませんが、もし今後見てもらえる母数が増えれば嫌なこと言い出す人も出てくると思います。

対策としては、嫌なこと言われたらまともに向き合わずスクショで証拠を保管で大丈夫と思います。万が一度を超えた時に合法的に対応すればOK。

あと、注目度低い時にYouTubeやっていることを周囲に言っても「おもしろいことできるの?」「見てくれる人いるの?」「いくら稼げてんの?」と、やってもないくせに現状のステータスをバカにしてくる人いますが「全然見られてないっすよ!へへへへへ」でいいと思います。

これは余談ですが、ブログでの経験上、見てくれる人が増えてくると急に手のひら返して「今度ウチも紹介してよ」とか言い出す可能性があるので和かに鮮やかにスルーしましょう。一度も飲みに行ったことない人に「また今度飲みましょう」って言う時の感じでかわすといいと思います。

まとめ

何気ない日常をすべて記録してYouTubeにルーティン動画をアップすること

ということで日常の様子を記録して発信することで自分の中のPDCAを回して、よりよい人生を構築していこうと思います。ついでに発信した情報や景色が誰かの何かの役に立ったりしたらなお良し。

ちなみに撮影機材はいただきもののGoPro HERO7 BLACK。アグレッシブなカンボジアを写しこむのに最適な超広角レンズが最高。この調子でガンガン使いたおすぞ!動画編集は最近はiPhoneXSだけでやっています。Perfect Videoというアプリが非常に便利。

Perfect Videoでできる作業の一例

iPhoneだけで動画を編集してYouTubeにアップするおすすめの方法

GoPro HERO7 BLACKをいただいたので経緯とか特徴とか使い心地とか

GoProと一緒に買ってよかったおすすめ純正アクセサリー

GoProを買ったら持っておくと便利なおすすめ純正アクセサリー5選

ここ最近の日常

2020年2月現在の日々の様子。いいね、優しいコメント、チャンネル登録をしてくれると跳ねて、飛んで、踊るよ。