海外生活ときどき旅。7年目4カ国。

GoPro HERO7 BLACKをいただきました【Amazonのほしい物リスト】

GoProのある生活に憧れていたYUSUKE(@yusukeworld_)です。

今回は、その憧れの生活が実現しまして、2019年現在の最新モデルGoPro HERO7 BLACKを提供していただきました。

提供者は、以前みらいスクール見学へカンボジアまで来てくれたタケさん。(写真左)

 

今回はご支援いただいた経緯とGoPro HERO7 BLACKの魅力をまとめました。

ゆーすけ

タケさんご支援ありがとうございます!
この記事でわかること
  • GoProHERO7BLACKをいただいた経緯
  • 撮影機材が必要だった理由
  • GoProHERO7を選んだ理由
  • GoProHERO7でやりたいこと
  • GoProHERO7と一緒に買い揃えたもの
  • GoProHERO7で撮った画像の公開先

動画でも紹介しています。

 

GoPro HERO7 BLACKをいただいた経緯

ぼくは2015年11月からカンボジアに小学校建設を開始し、2016年3月に完成しました。

同年11月に開校しました。

開校後はカンボジアの教育省に譲渡して公立学校の一つとして運営されています。

2019年現在は3年目を迎えました。

なのでぼくは教員でも職員でも理事長でもなんでもなくて、ただの支援者の1人なのですが、村長や教育省の方々のご理解のおかげで立ち入りが許されています。

なので、授業に支障がないことを前提に学校の様子を見に行くのですが、ここに希望者は帯同することが同じく許可されています。

今回ご支援いただいたタケさんもその見学者の1人でして、実際にその目で学校の様子をご覧になられました。

最初に断っておくと、これはツアーでもなんでもないので、見学者からぼくは「利益」をいただいておりません。

ただ、学校の校舎に何かあった時に国からの予算は降りにくいので、見学者には$5を任意で支払っていただき、修繕等が必要な時や子ども達のために必要なものを購入する際の費用として管理しています。

タケさんは帰国された後に、継続的に何か力になりたいと申し出をしてくれて、必要なものを届けたいとのことで何か物資を検討されていました。

そこで、ぼくからの提案で撮影機材という形でGoProをお願いし、承諾いただいた結果、今ぼくの手にはGoProがあります。

 

GoProHERO7のような撮影機材が必要だった理由理由

ぼくが今回撮影機材としてGoProをお願いした理由は「体験の共有」が目的です。

ブログをはじめとした、いわゆる情報発信の目的も同じで、今ぼくが見ている景色はいろんな人のお力添えで実現しています。

お力添えを頂いたり、応援してくれたり、学校や村の様子を同じ目線で見守ってくれている方々に、この景色を届けたいというのが一番の理由でした。

応援しているけどなかなか現地に行けない

そう言った方々へ、これからは文章と写真に加えて、動画という形で共有したいと思います。

以前、学校を建設する際にSONYのアクションカムをいただいたのですが、これは2017年の井戸掘りの際に壊れてしまったまま、後継人ならぬ後継カメラをずっと求めていました。

 

GoProをお願いした理由

数ある撮影機材の中から、GoProをお願いした理由は以下の通りです。

  • 防水
  • 手ぶれ補正
  • 広域

急なスコールや砂埃の多い地域でも使えるタフなカメラが、必要な環境だったからです。

 

防水

GoPro HERO7は本体のみでも10mまでの防水機能となっています。

さすがに潜るような撮影は今の所予定はありませんが、急な雨、特に激しいスコールがいつ来るかもわからない雨季のカンボジアでその能力は遺憾無く発揮されます。

 

手ぶれ補正

GoPro HERO7はこれまでのGoProにはなかった手ぶれ補正機能が追加されています。

以前からGoProユーザーだった訳ではないので比較はできませんが、舗装されていない道路での撮影も予想されるのでこういった機能は有難いです。

ジンバルなどの高価な自撮り棒を付けずとも安定した撮影ができそうです。

 

広域

これは歴代のGoProでも言えることですが、広域での撮影が可能です。

高い建物がなく、広い空、どこまでも続く地平線、広大な自然が広がるカンボジアをお伝えするにはピッタリの撮影範囲となります。

 

GoPro HERO7 BLACKでやりたいこと

ちょっと言われそうなことなのであえて先に言っておくと、子ども達の笑顔を届けたいみたいなやつではないです。

あくまで状況報告。

「子ども達こんなに頑張って勉強してますよ〜」ってことではないです。

だから、撮影対象として子ども達がガンガン映るってことは考えていないです。

子ども達の顔を見せるのではなく、ぼくの活動の様子をリアルにお届けしたいという思いでいます。

あとカンボジア限定ではなく、とにかくぼく自身の活動のなにかを記録して発信するために使います。

そこんとこよろしくおねがいします。

 

GoPro HERO7 BLACKと合わせて揃えたもの

せっかく本体が手に入るので一緒に揃えたものはこんな感じです。

  • MicroSDカード
  • SHORTY
  • 液晶保護シート
  • 予備バッテリー
  • 巻き取り式ケーブル

 

MicroSDカードとSHORTY

SDとショーティーは本体と合わせて、タケさんからセットでご支援いただきました。

合わせて報告&お礼とさせていただきます。

 

予備バッテリー&チャージャー

これはちょうど受け取りも兼ねて日本に帰る際に友人の結婚式がありまして、その引き出物がAmazonギフト券でしたので、せっかくだからバッテリー切れが理由で体験の共有ができないことのないように買い足しました。

今回の一時帰国では間に合わなかったので、次回持ち帰ります。

 

液晶保護シートと巻き取り式ケーブル

大切に使うために液晶保護シートを購入しました。レンズを守るためのシリコンカバーも付いています。

また余分なケーブルを増やさないためにタイプcとマイクロUSBの2in1タイプも購入しました。

 

GoProで撮影した動画はYouTubeで公開をしていきます。

まだまだYouTubeでは飯も食えないどころか、収益化も随分先そうですが、こうやって少しでも収益口を増やしていけたら、支援に頼らずに活動できる幅も広がります。

チャンネル登録などしていただき、たくさんご視聴いただけましたら幸いです。

何かアクションするたびに何か言われる時代です。

温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

チャンネル登録をする

まとめ

ということで、GoPro HERO7 BLACKをスポンサー提供していただいた報告、お礼を兼ねて、GoProの魅力とやりたいことをまとめました。

これまで文章と写真を中心にお届けしてきた、ぼくが見ている世界を動画というカタチでもお届けしていきます。

よりリアルを共有できますように精進していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

▼この記事が何らかのお役に立ちましたら、RTやいいね、もしくは下記より応援をお願いします。

ほしい物を買って応援する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。