セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

真冬の帰国初夜に備えて加湿セラミックファンヒーターを買っておいた

日本で暮らすことになって懸念していたのが、新居へ入居した際の過ごし方。今回契約した物件は、家具家電がほとんど付いていませんでした。当然エアコンもありません。12月に常夏から帰国したらただでさえ毛穴全開なのに、これはマズイ。

とは言っても帰ってすぐ電気屋さんへ行ったところで、即日取り付けは不可。ここはカンボジアではありません。ということで数日間の寒さ凌ぎを目的に加湿セラミックファンヒーターをあらかじめ買って、友人の将太の家に送りつけておきました。

シャープの加湿セラミックファンヒーターHX-PK12-Wを買った

買ったのがこちら。シャープの加湿セラミックファンヒーター「HX-PK12-W」というシリーズ。とりあえずのうちはこれ一台での運用になることが予想されたので、持ち運びしやすくてなるべく暖かさのパワーもあるもので、しかも冬なのでしっかり加湿もしたいという我が家のわがままを全て受け入れてくれたモデル。

サイズ感が伝わりにくいかもしれませんが、一般的な空気清浄機よりコンパクト。片手でヒョイっと持てるので、リビングや寝室など自分達がいる場所へ移動する時にも楽々。

本体上部に操作パネルがあります。説明書読まなくても直感で操作できるくらい簡単。奥行きもスマートで部屋においても圧迫感がないのがいいです。

操作パネルの右側を開けると給水用タンクが取り出せます。容量は3.1L。水道水を注ごう。

機能としては断熱材有りの木造住宅で6畳、コンクリート住宅で8畳くらいが暖房の定期用面積。加湿機能は木造和室で11畳、プレハブ洋室で18畳。シャープの売りでもあるプラズマクラスターは約6畳ほどとのことでした。

シャープの加湿セラミックファンヒーターHX-PK12-Wを使ってみた

ということで入居初日から常に稼働させてきた加湿セラミックファンヒーター。カンボジアからやってきた大五郎くんが一番いい場所を死守しています。空気清浄機能もついているので、ペットと暮らしている家にはより最適と言えます。

使用してみた感想としては、木造住宅の6畳の部屋で使うとメッチャ暖かくはないけど、あってよかったねという感じ。リビングは14畳あるのでさすがにこれ一台でOKとは言えませんでしたが、日中は日当たりの良い場所でお日様の光と併用すれば問題ないです。まあ適用面積超えているのでそりゃそうだよねという使い方。

現在は4.5畳の作業部屋に持ってきており、このくらいの広さだとエアコンなくてもこれがあればちょうど良いかなと言った感じ。ということで小さな部屋を暖めながら加湿したい場合にいいでしょう。急にお客さん来ることになったけどエアコンついていない部屋とか、石油ストーブ置くのはちょっと心配なお子さんの部屋とか、お小遣い限られているお父さんの書斎とかにどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です