ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




CAMERA ワークスタイル コラム

目先のテクノロジーに惑わされずに、自分のできることを増やしていく

投稿日:

_ysk5062

カメラの記事でも書いたけど、ちょっと前まで特別に思えた高性能なアイテムを持っている人を、最近では多く見かけるようになったと思う。

 

その代表が一眼レフで、今や老若男女問わず、出かけた先でこれでもか!!ってくらい一眼レフユーザーを見かける。

 

そんな中、相棒の将太は「一眼レフはすでに時代遅れ」とか言って見切りをつけ、ドローン飛ばしちゃってるんだけど。

13012813_1057671774300180_5454771433707161855_n

 

それからTHETA、GoPro、ActionCamなどの動画や360度撮影できるカメラなど、どこまで発展するんじゃ〜ってくらい映像・撮影業界の進歩は止まらない。

 

僕も、先輩の匠さんからSONYのActionCamを協賛していただき、学校建設中は動画を撮影しまくってた。(トイレ建設の時はSDカード忘れて1秒も撮れなかった。)

 

学校建設動画見てもらうとわかるけど、なんかレンズが特殊だからか、すごく良く見えちゃう!

(よかったらチャンネル登録してね)

[amazonjs asin=”B00IJ297NC” locale=”JP” title=”SONY ビデオカメラ アクションカム AS100V ウォータープルーフケース付 HDR-AS100V”]

 

でも僕はと言うと、やっぱり一眼レフが一番好き。

 

動画を編集して番組制作するのも楽しいし、動画の数そのものをもっと増やしていきたいけど、僕にとっての一番はやっぱり写真。

 

「一眼レフで撮影したからいい写真」なんて言われることもあるけど、そうじゃないものを僕は表現したい。

 

使ってみればわかるけど、慣れるまでは一眼レフ結構しんどいよ。

 

それを超えると、すごい楽しくて仕方ない。

 

ただ、写真撮るだけならスマホの方が持ち運び楽だし、撮影ミスはないし、一眼レフ使っててもオートで撮ってるだけならいらないと思う。

 

オートくらいならスマホでも対応できるから。

 

独自のセッティングで撮影して、味が出せるから一眼レフは楽しいのであって、設定の少ない機材でただボタン押して撮ったら、誰が使ってもいい写真ってものじゃ僕は退屈だと思っている。

 

かと言って、そんな色出る?ってくらい不自然な加工しちゃっている写真とかに僕は心惹かれないし、アプリで魅せられるものには限界があると思っている。

 

もちろん写真の善し悪しなんて人ぞれぞれだし、誰かと比べるものでもない自己満だから何でもいいんだけど、テクノロジーが進歩しすぎて、僕らは労せずに簡単に、綺麗な映像を残すことができる時代を生きている。

 

その中でも、しくじった!ってなる一眼レフを極めようと思えば思うほどいろんな楽しさがそこにはあって、できることを増やして行くことに人生の楽しみの一つはあるのだと僕は思っている。

 

でも撮った画像は、加工ではなく補正したいし、動画だって撮ったまんまじゃなくて、ちゃんと編集して物語にしてから公開したい。

 

自分で思い出として見返すだけなら、一眼もActionCamも僕には必要ない。

 

スマホで写真も動画も撮影できるんだから。

 

わざわざお金払って、買わなくたっていい。

 

 

僕も一眼レフが好きだからって、いろいろこだわっているかと言われればそうでもない。

 

持っている機材だけで勝負!って思っている。(フルサイズ機は使っているけど)

参考記事:特別な機材を持たずカメラ一台と標準単焦点で勝負

 

レンズとかトマホークみたいなの付けたくないし、いたって普通のもの。

 

そうやって、テクノロジーに身を任せて追いかけたら、いつか身を滅ぼすと僕は思っている。

 

誰でも簡単に同じものが作れたら、それは本当にいいものと呼べるのだろうか?

 

それよりも、自分がいいと思ったものからよそ見をせずに、できること増やして行くことの方が人生の中では大事なんじゃないかなって思う。

 

はっきり言って、カメラなんて日常になくても別に困ることはない。

嗜好品のひとつ。

 

好きで買ったものをきちんと向き合わず、新商品に飛びつくようなことはしたくないので、僕は今十分機材に恵まれているこの現状でもっと撮影スキルを高めたいと思う。

 

本当まだまだの腕なので。

 

PS

妻はGoProとかThetaとか欲しいって言っている。

僕ら夫婦だってカメラひとつ価値観違うんだから、いろんなことがあっていい。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-CAMERA, ワークスタイル, コラム

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.