ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール

支援でもボランティアでも同情でもない、新しい関わり方を目指して

投稿日:

MIRAIブランドを立ち上げて商品を創り出す時、と言うかその前から「カンボジアの子ども達を見世物」にしてお金を受け取ることはしたくないとずっと思っていた。

 

それは今でももちろん変わらないし、変えていく気もない。

 

MIRAIブランドの商品は、子ども達がデザインしたものであり、それは課外授業として取り入れたアートの時間で育まれた「想像力」から生まれたもの。

 

MIRAIの全てがそう。

 

そしてその収益は、子ども達が生活する学校や孤児院の施設維持費に変わるし、子ども達の未来のお金としてセーブしていくことにも繋がる。

 

支援でもボランティアでもない共存共生を目指しているからこそ、ぼくらは「ものづくり」という手法を選んだ。





同情から生まれる行動は長続きしない

商品を売ることに関しても同じで、「カンボジアの子ども達のために」っていう入り口でものを売りたくない。

 

もちろん結果として「子ども達のため」は同じなんだけど、同情で買われる商品に次はないと思っているから。

 

ネックレスに始まり、ブレスレットやアンクレットなど身につけるアクセサリー類を扱うMIRAIブランドは、身につける喜びや誰かに届けたい気持ちを大切に始まった。

 

だからこそ、まずはその商品を「欲しい」と思ってもらえる商品を作り出さなくては、わざわざ異国の地でものづくりに励む意味がない。

 

結局のところ、魅力ある商品を生み出さなくてはいけないのだ。

 

百聞は一見にしかずとはまさに。

2017年3月から販売が開始された初回生産のネックレスも残すところあとわずかになった。

 

同じ商品の追加生産・販売は今の所未定。(この理由はまた別で書きます)

 

一時的に滞った販売数も最近は伸びてきたからこその残りわずかの在庫数。

 

その理由は、訪問者の数にあるとぼくは思っている。

 

みらいスクールや孤児院まで足を運んでくれた人たちがそこで見るリアル。

 

それは教科書やネットで知るカンボジアとはまた違う。

 

ぼくらが関わる子ども達は決して貧しくない。

 

だけど、どれだけ同じ時代を同じタイミングで生きていても、生活する国や地域が違うだけで簡単に運命が変わることもある。

 

本当にちょっとしたきっかけで学校に通えない、家族と一緒に暮らせないこともある。

 

だけど、そう言った現実は、必ずしも経済的貧しさから来るのではないということ。

 

生産者の顔が見える商品

子ども達と出会った人たちがMIRAIブランドの商品をお土産として買って行ってくれる。

 

ぼくらが関わる施設やコミュニティを知った上で、そのデザインに惚れ込んで手に取ってもらう商品が与える価値はきっととても大きくて値段や素材などで測ることなんてできないのだと感じる。

 

子ども達から元気をもらい、刺激をもらい、そんなエネルギーから生み出された商品に魅力を感じる。

 

わかりやすく言えば生産者の顔が見えたということ。

 

きっとそこには同情がなくて、自身が気に入った商品を手に取る度に、身につけるワクワクと、海の向こうの子ども達のことを思い返す時間も増える。

 

作り出したストーリーと自然と生まれたストーリーは違う

『カンボジアの人たち貧しそう。

だったら自分がやりたいことを一緒にやって何か売ろう。』

 

そんな考えよりも

 

関わっていくうちに、この人たちにはどうしようもなく大きな問題を抱えていることを知る。

『だったら一緒にできる何かを探して、お互いの存在がお互いの未来をほんの少し豊かにしていく。』

 

やってることは似ていても想いが違うだけで全く異なる。

 

ぼくらは、カンボジアでものづくりをしたくてやって来たのではない。

 

たまたま縁のあったコミュニティと手を取り合って少しだけ運命に抗う方法として、ものづくりを選んだ。

 

子ども達と共に立ち上げたブランド「MIRAI」。

 

アジアの農村部から世界広がっていくものづくりを通じて、これからも共に歩いていこうと思う。

 

MIRAIのいろいろ

MIRAI公式オンラインストア

MIRAI Facebook

MIRAI Twitter

MIRAI Instagram

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.