BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


ワークスタイル ブログ・サイト運営

好きなことをして生きていくって、それは時に孤独と戦うことでもある

投稿日:

merumaganew

フリーランスでいろんな仕事をしています、北川勇介(@yusukeworld_)です。

最近はカンボジアでの実働も増えて、パソコン触る機会も多くなかったのですが、帰国している今はここぞとばかりに触って記事を書きためています。

 

「やっぱりブログは楽しいな〜」って思いながら、浮かれているわけではないんです。

実は、カンボジアにいる間にぼくのブログに悲劇が起こりました。





急なアクセス減少はなぜ?

5月丸々カンボジアに行っていたのですが、アクセスがいつもの3分の1くらいまで落ち込みました。

記事更新の頻度も落ちて、結局1ヶ月で7記事くらいしか書けなかったのですが、ブログ始めたてで記事数がない状態なわけではないので、新着記事が少ないことは直接的原因ではないのかなって感じています。

 

アクセスに関する情報も調べればいくらでも出てくるのですが、結局のところ「Googleさんのご機嫌次第」でアルゴリズムが変わってしまうっていうところにも落ち着くわけです。(いや、もちろんそれだけじゃないですが)

 

つまり自分の目で見て「これかな?」って思えることが少ないのでブログ運営のリスクはそういう不可視的な側面かなって思っています。

 

順調に伸びて来たアクセス数と広告収益が、このまま何もしなくても毎月そのまま、なんてことはありえません。

どこかで流れが変われば、それに応じて何らかの対策をしていかなくてはいけません。

 

新着記事を着々と育てていくには2〜3ヶ月くらい必要なんじゃないかなって個人的には思っていますが、積み上げたものが落ち込むのはまさに一瞬でした。(人の信用問題と同じです。)

 

何のためにブログ書いているのか?

ぼくのブログのアクセスが落ちたってことが今回の言いたいことではなく、最近感じるのはブログというものを書いているからこそ知る世の中の「ブロガーさん」との関わり方です。

 

こんなぼくのところにも「どうやったらブログ上手に書けますか?」「アクセス集めで気にしていることは何ですか?」という相談がきます。(多分ぼくよりもっと聞く人いるとは思いますが、来てくれた人には全力で答えています)

 

そして少しブログの話を進めていくと「あ〜〇〇さん(ブロガーの名前)の記事にあったやつですか?」みたいな感じで、ちょっとブログやっている人の界隈では有名な人の話を出してきます。

 

いや、知らんけど。

 

もちろん、ぼくもいろんな人の記事を読んで文章の書き方とか、いろんなことを勉強させてもらっています。

ですが、その人のコンテンツはその人のものであり、ぼくが同じように書いたところで同じような評価は得られません。

 

なぜならぼくのコンテンツはぼく自身であり、同じように誰かが書いて伝わるものでもないからです。

 

だからぼくが参考にさせてもらっているのはあくまで表現とか文章の書き方とか、そういうものであって中身ではないんです。

ブログのアクセス集めに関しても、知識は取り入れますが、結局自分が思った通りに取り組んで試行錯誤の結果です。

 

フリーランスでネットを使って仕事しているのに誰かと戯れるなんてぼくには無理

有名なブロガーの方達は、それはそれで仲が良いようで、時に情報交換会やオフ会みたいなことをしている人たちもいるようです。

そこに初心者ブロガーが潜入して行って、そういう人と仲良くなって、ブログやメルマガで紹介してもらうのが一番早い!みたいに思っているようです。

 

もちろん、それはそれで立派な生存戦略だと思います。

ただ、有名人に拡散してもらったとこで、その時々はアクセス伸びるかもしれません。ですが、自分のコンテンツの質を高めるということを怠っていては、例え一時でも集まったアクセスは再び憔悴していくでしょう。

 

結局、本物しか続かないってことなのだと思います。

自分のコンテンツを高める方法。それは量こなすことしかないのだと思っています。

 

非効率的と言われるかもしれませんが、量をこなすことがぼくにとっては一番の近道であって、効率的な方法だと思います。

それこそやりながら感じて、変えていくためには、自分なりの推測と仮定が必要になります。

 

自分の経験値に基づく憶測は、最初こそ読みが外れるものの、経験値とともにかなり研ぎ澄まされて来ます。それがぼくは「勘」だと思っています。

直感とは、確かな経験に裏付けされた瞬時の適切な判断。

ぼくはそう信じているので、自分の感を高めるためには自分の経験値を増やしていくしか道はなく、それは誰から学ぶものでも、どこからか拾ってくるものでもないと思っています。

 

まとめ

グダグダと書いて来ましたが、結局のところ、フリーランスとしてある程度のリスクを持ってネットの世界で生きているのに、誰かと仲良くなれなきゃ上に行けないなんて、ぼくは信じません。(芸能界かよって)

 

自分が洗練された情報を出し続けていれば、必ず読んでくれている人はいるし、応援してくれる人も増えて来ます。

批判の声が集まるってのも、それだけ注目者がいるという前向きな結果だと思っています。

 

書いたのに読まれない。

それが一番虚しいわけで、その時にどうしたらいいか?は全て自分次第だと思います。

アドバイスを受けること、学ぶ姿勢は確かに大事です。ですが、虎の威を借る狐のように、強いものに寄生しているだけではいつまで経っても自分って高められません。

 

好きなことをして生きていく。

それって時折、とても孤独な時間を過ごすことでもあると思っています。

 

それに耐えられるからこそ、耐え抜いた人にしか見えない景色が待っているし、好きなことして生きていこうとしているんだから、それだけ障壁が多いのはむしろ当たり前です。

 

それまでしても、自分が描く生き方をしたいのか?

自分の思いが本物なら、今すぐにやるべきことに着手すべきだとぼくは思っています。

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-ワークスタイル, ブログ・サイト運営

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.