ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




ITEMS

バックパッカーにおすすめのモンベルのトラベルポーチは日常使いにも便利

投稿日:2017年4月13日 更新日:

バックパッカーの中には、もうすでに御用達な方も多いと思います。

mont-bell(モンベルの)アレです、アレ。

 

旅行や出張などの際に持ち歩くことの多いトラベルポーチ。

 

ぼくはこれまで、前職を辞めた時にもらったThe North Faceのものを使っていたんですが、今年ついに乗り換えました。

 

同じ部屋で過ごした旅人が、実際に使っているのを見て「使いやすそ〜」って思ったのが、購入の決め手です。

 

今までトラベルポーチ自体は完全に外出用だったのですが、あまりに便利なので日常使いにもいいな〜なんて最近は思って使い込んでいます。





モンベルのトラベルポーチ商品概要

商品名:mont-bell【モンベル】トラベルキットパックL

  • 表地: デニール・ナイロン・リップストップ
  • 収納可能サイズ: 20L以下
  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ15cmxヨコ21cmxマチ6cm
  • ケットの数:5(外側0/内側5)
  • 重量:80g
  • ハンガーフック付き

 

モンベルトラベルポーチのおすすめポイントまとめ

おすすめのポイントを箇条書きにすると、

  • 軽い
  • 見た目以上の大容量
  • 中身が見やすい
  • 内部ポケットがサイズ違い
  • 吊るせる

と言ったところ。

 

軽い

商品概要でも触れましたが80gと超軽量。

移動が前提になる旅や出張では軽いは正義ですね。

 

見た目以上に大容量

見た目は超コンパクトなのに、実際に荷物を詰め込んでみてもかさばらないしゴワつかないです。

ポーチ自体が非常に薄くて柔らかな素材ですが、型崩れするわけでもないので安心してバックパックに詰めておけます。

 

実際に詰めているものを写真で紹介します。

参考になりましたら。

 

実際のポーチの中身

 

中身が見やすい

 

付属のフックで吊るした場合、下層の部分がメッシュ構造になっているので中身が確認しやすいです。

 

二層に分かれていると、一つのファスナーを開けてみて

「あ、こっちじゃない!」

というシーンも出てきますが、中身が見えるのでそんな煩わしさもこいつにはありません。

 

インナーポケットがサイズ違い

爪切りなど毎日は使わない細々したものなどを、サイズに合わせてしまっておくことができます。

 

ジャストサイズのポケットに入れておけば、カバンの中で飛び出してしまうこともありません。

また、刃物類や先の尖ったものは、他のものの影に潜んで何かを取り出そうとした時に死角から指先を攻撃してくることがあるので、こうして別にしておくことをおすすめします。

 

持ちやすい

手提げ?のような手持ちベルトが付いているので、持ち運びも便利です。

 

ここにカラビナとかS字フックを取り付けて、使わないときは洗面台付近やベッド脇に引っ掛けたりしています。

ドミトリーだとスペース限られているので、こういったちょっとした気遣いはスペースの有効活用ができて嬉しいですね。

 

吊るせる

トラベルポーチの醍醐味ですね。

吊り下げることができるフックはいろんな場面で役立つことが多いです。

 

以前使っていたポーチもフックがついていました。

が、実際ぼくが使ったかというとあんまりです。

 

バスルームでそのまま吊るして使えるってことがウリみたいですが、シャワー浴びる時はシャンプー類だけをまとめて持って入ってしまうので、個人的にはあまり浴室内では使っていませんが、先ほどベッド周りや洗面所でもちょっと引っ掛けることができるのは便利ですね。

 

モンベルトラベルポーチのデメリット→あんまりない

デメリットに感じることはほぼないですが、素材自体が軽くて柔らかいものを使っているので外部からの衝撃にはそこまで強くなさそうな印象です。

 

以前飛行機に乗る際に、預けていた荷物が戻ってきた時に液体物が破裂していた経験があるので若干トラウマですが…

 

今回トラベルポーチを乗り換えた理由は「軽さを重視してゴワ付きのないもの」という条件だったのでここは目をつぶっています。

対策としては、持ち歩く液体物を100ml以下にすれば、預け入れずに機内持ち込みが可能になるのでいいかなと思っています。

 

まとめ

トラベルポーチ自体にそんなこだわりはなくて「必要なものが入れば何でもいいや〜」くらいだったんですが、正直ここまで「買ってよかったもの」にランクインしてくるとは、自分でも思いませんでした。

 

トラベルポーチ探している人の目に止まったらいいなぁと思って記事にしました。

 

色は写真の通りブラックを買いましたが、もともと持っていた小物入れがネイビーとかブラック系が多いので、カバンの中で存在感を出すために、もう少し明るい色を買えばよかったかなって思いました。

 

いろんなカラーが出ていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-ITEMS

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.