ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

ITEMS

【バックパッカーの荷物】モンベルのトラベルポーチが便利。旅だけでなく日常使いにも

投稿日:2017年4月13日 更新日:

『おすすめのトラベルポーチが知りたいな〜』

『軽くて使いやすいものがいいな〜』

 

バックパッカーの中には、もうすでに御用達な方も多いと思います。

 

mont-bell(モンベルの)アレです、アレ。

 

旅行や出張の際に持ち歩くことの多いトラベルポーチ。

 

ぼくはこれまで、前職を辞めた時にもらったThe North Faceのものを使っていたんですが、今年ついに乗り換えました。

 

以前のものがちょっと容量不足でパンパンだったのと、ゴワつくのが少しネックだったので。

 

同じ部屋で過ごすことの多かった旅人が、実際に使っているのを見て「使いやすそ〜」って思ったのが、「買い換えるならこれ!」と決めた購入の決め手です。

 

今までトラベルポーチ自体は完全に外出用だったのですが、あまりに便利なので日常使いにもいいな〜なんて最近は思って使い込んでいます。

(追記)

このアイテムは、2017年このブログで最も売れたもの第2位となりました。

 

こちらの記事でもおすすめ具合を紹介しています。

【ミニマリストバックパッカー対談】こだわりのもの・はずせないもの・ほしいもの

大学時代の友人の将太が、カンボジアまで来てくれていました。   いつものシティゲストハウスの二人部屋に泊まっていたのですが「ゆーすけはカンボジアにいつも何持って来てるの?」って将太に言われた …

続きを見る





商品概要

商品名:mont-bell【モンベル】トラベルキットパックL

  • 表地: デニール・ナイロン・リップストップ
  • 収納可能サイズ: 20L以下
  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ15cmxヨコ21cmxマチ6cm
  • ポケットの数:5(外側0/内側5)
  • 重量:80g
  • ハンガーフック付き

中身

実際に持ち歩いているものはこんな感じです。

左から

・綿棒

耳掃除に。

・バンドエイド

擦りむいた時に。

・タイガーバーム(かゆみ止め)

友達の眉間に塗るといったイタズラにも。

・ワックス

身だしなみ。

・目薬

ドライアイなので。

・ブラシ

ロン毛なので。

・爪切り

身だしなみ。(男のマナー)切れ味抜群のものを選びました。

・虫除け

東南アジアが拠点なので。

・蚊がいなくなるスプレー

もらいもの。効果絶大。

・シェーバー

身だしなみに。

・眉、鼻毛カッター

身だしなみに。

・歯磨き粉、歯ブラシ

歯の健康のために。

 

東南アジア感がすごいですね。

 

これに加えてシャンプーとかも持っていきますが、これだけを収納できてしまう優れものです。

 

特に消耗品の方はあまりこだわりはなく、もらいものだったりタイでお得に買ったものだったりそんな感じです。

 

シェーバー類は水流しができるものを選んでいます。シャワー浴びながら髭剃ったりできれば一番楽なので。

 

モンベルのトラベルポーチのメリット

大容量

これだけのものがスッポリ収納できてかさばらないのが嬉しいです。

素材のおかげもあってか詰め込んでもゴワつきがなく、スマートに持ち運びができます。

素材が薄くて柔らかいのに、中で物が偏ることなく、ポーチ自体の形状も割と保持できています。

見やすい

一部はメッシュポケットになっているので中身が確認しやすいです。

二層に分かれていると、一つのファスナーを開けてみて、「あ、こっちじゃない!」というシーンも出てきますが、そんな煩わしさもこいつにはありません。

 

インナーポケットがサイズ違い

爪切りなど毎日は使わない細々したものなどを、サイズに合わせてしまっておくことができます。

刃物類や先の尖ったものは、他のものと一緒に入れておくとものを取り出そうとした時に死角から指先を攻撃してくることがあるので、別にしておくことをお勧めします。

 

持ちやすい

手提げ?のような手持ちベルトが付いているので、持ち運びも便利です。

ここにカラビナとか取り付けて、ベッド脇に引っ掛けたりしています。ドミトリーだとスペース限られているので、こういったちょっとした気遣いは嬉しいですね。

 

S時フック

これはぼくにとってはメリットかはわかりませんが、吊り下げることができるフックはいろんな場面で役立つことが多いようです。

前に使っていたものもフックがついていました。

実際ぼくが使ったかというとあんまりです。

売りとしてはバスルームでそのまま吊るして使えるってことみたいですが、シャワー浴びる時はシャンプー類だけをまとめて持って入ってしまうので、個人的にはあまりつかていませんが、ベッド周りや洗面所でもちょっと引っ掛けることができるのは便利かもしれません。

モンベルトラベルポーチのデメリット

ちょっと薄い

前に使っていたThe North Faceの作りががっつりしていただけあって、全体的にちょっと弱々しく感じます。

 

以前飛行機に乗る際に、預けていた荷物が戻ってきた時に液体物が破裂していた経験のあるぼくとしてはちょっと不安ですが、今回乗り換えた理由は「軽さを重視してゴワ付きのないもの」という条件だったのでここは目をつぶっています。

 

対策としては、持ち歩く液体物を100ml以下にすれば機内持ち込みも可能なのでいいかなと。

 

まとめ

トラベルポーチ自体、必要なものが入れば何でもいいや〜くらいだったんですが、正直ここまで「買ってよかったもの」にランクインしてくるとは、自分でも思いませんでした。

 

色は写真の通りブラックを買いましたが、もともと持っていた小物入れがネイビーとかブラック系が多いので、カバンの中で存在感を出すために、もう少し明るい色を買えばよかったかなって思いました。

 

いろんなカラーが出ていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-ITEMS

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.