BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

ワークスタイル

支援活動を行なっていたら贅沢してはいけないのか?

更新日:

聞いた話です。

まぁ、ぼくが以前言われた話でもあります。

ぼくはカンボジアの小さな農村部の子ども達と関わって生きています。

 

ぼく自身は別に「支援」とか「ボランティア」っていう概念を持って関わっている気はないのですが、一般的にはそういう見え方しているかもしれないです。

 

そして、ここカンボジアには同じような活動をしている人が割と多くいます。

 

村と関わっていることが公になってくると、応援と同じくらい集まるのが批判でもあります。

 

今日はそんなお話です。





食べたいものを食べて何が悪い

「村の支援しているっていう割には結構飲んで遊んでいるよね」

「毎日好きなご飯食べられていいね。一食1ドルのご飯食べてたらその差額でもっと村でやれることあるんじゃないの?」

 

そんなことを言われたこともあります。

 

「カンボジアに小学校建てるのにクラウドファンデイングでお金集めたんでしょ?そんな立場で贅沢しちゃダメじゃない?」

 

はぁ?

 

食べたいものを自分のお金で食べて何が悪いの?ってぼくは思います。

 

何で関わっている子ども達がいたら、ぼくは自分が食べたいものを我慢しなくてはいけないの?

 

自分で稼いだお金で食べたいものを食べる。

着たい服を着る。

それの何がいけないんですか?

 

クラウドファンディングでお金を得たら贅沢しちゃいけない説

クラウドファンディングで集めたお金は、もちろん全てカンボジアの学校のために使わせていただきました。

 

自分で言うのもなんですが、クラウドファンディングでサクセスさせるのも簡単なことじゃないです。

 

信用があって成り立つこと。

 

「カンボジアに小学校建てたいです〜」って言って気づいたら300万円もらえたわけじゃなくて、プロジェクトを成功させるためにいろんなことやりました。

 

好きなこと言って待ってたらみんなが助けてくれたわけじゃないです。

 

やりたいことやるために、人からお金もらったんだから贅沢しちゃいけない。

 

そんなこと言える意味が、ぼくにはわからないです。

 

そもそも働くってこと自体が、誰かからお金もらって成り立ってるんだから。

 

価値に見合っただけの報酬を受け取れたのだと自覚しています。

 

好きなことやりたかったら稼いでから

自分の生活もままならないくせに「これやってみたい」「あれやりたい」ってそれは無理でしょう。

 

動きもしないくせに「目標」や「夢」を語る資格はないです。

 

子どもらと関わって生きて行くことだって、自分の生活がままならないのなら無理してやることじゃないんです。

 

みらいスクールで毎月必要になる費用は、もはやぼくの生きて行く中での固定費の一つであって、お金が払えなければ家の電気が止まるように、スマホが使えなくなるように、子ども達は学校に通えなくなるかもしれない。

 

だからぼくは仕事をしています。

 

本当に苦しくなったらスマホだって持たないかもしれない。

新しい服だってカバンだって買えない。

 

それは持たなくてもいいものでもあるから。

 

でも欲しいものは欲しいし、食べたいものは食べたい。

やりたいこともやりたいし、行きたいところへも行きたい。

 

ぼくは未だに毎月大学生の頃に借りていた奨学金の返済もあるし、日本の家の家賃だってある。

それを払いながら、毎月飛行機を予約してカンボジアへ飛んで、ただ遊んでいるかってそんなわけあるか。

 

やりたいことやるためには、ぼくだって動いている。

 

動かないでもお金が入ってくるならみんな何もしない。

カンボジアで毎食10ドル20ドルするようなご飯を食べたかったら、それが実現できるように働けばいいだけのことだとぼくは思う。

 

働かずして楽にお金を稼げるなんてありえない。

少なくともぼくはそう思います。

 

どれだけ非効率的と言われても、想いだけじゃだめだって言われても、ぼくはいいと思ったこと、やるって決めたことはなるべくすぐ動くようにしています。

 

好きなことしかしていないと思われがち

「何している人かわからない」と言われ続けたぼくですが、どうやら楽してお金を稼いでいるように見えるようです。

 

ブランドを立ち上げた時も、カフェを開いた今回も、好きなことをそのまま仕事にしていると思われがちです。

思ったこと、言ったことを形にしているからそう見えるのかもしれませんが、こうやって具現化するまでにはいろんな葛藤があり、思いもよらない出費があり、どん底を見たことも、思いも寄らない神の手が降り注いだこともあります。

 

やっているから初めていろんなことが見えてくるし、考えが深まって行くし、最初とは違う方向へ軌道修正することも最初の紙面上にはなかったような道へ走り出すこともあります。

 

いろんな悔しい想いをしてきて、ぼくは今のぼくを生きています。

 

信念があれば動き出せる

ぼくは最初にも書いたように「支援」とか「ボランティア」という概念で、村の子ども達と関わっているわけではありません。

 

この子達はもはやぼくの人生の一部であり、何が何でも守るって決めた子ども達です。

その子ども達のために、いろんなことを始めましたが「やっぱやめた」はぼくの中ではありえません。

 

そしてこの子達の未来のためにMIRAIブランドやカフェは始まったし、ブランド事業やカフェの運営にも関わってくれている人たちがいます。

特にカフェは4人のスタッフの雇用が生まれました。

関連記事:スタッフを雇用するということはスタッフとその家族の生活を守ると言うこと

 

オープン2日でこのスタッフ達もいろいろトラブルがありましたが「ぼくはみんなの生活も守りたい。子ども達と同じようにみんなも同じ家族のように生きたい。」って伝えたら涙を流してくれたスタッフ達。

 

結局事業の目的はそこ。

お金を稼いだ後、何に使いたいかが明確だからぼくはぶれることないし、その実現の途中ぼくはぼくの食べたいものを食べたいし、買いたいものは我慢せず買いたい。

 

学校を建てたこと、ブランドを設立したこと、カフェを開いたこと、これらは過程の一つであり通過点なんです。

建てること、ブランドを持つこと、店を構えることがゴールなら、きっと多くの人の協力は得られなかったのだと思います。

 

何をやるにも一つの通過点の先の未来を見せるから、人が一緒にいてくれてまた少し道が切り開かれて行くのだと思います。

 

自分がやりたいことやるためには、それやるために必要なタスクをこなすだけ。

人の生活と比べたり、批判したり嫉妬している暇があるなら、同じことできるくらい動けばいいとぼくは思います。

 

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-ワークスタイル

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.