ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

ブログも人も今やっていることは3ヶ月後の未来を作っている

投稿日:

今日書いたブログは、いきなり明日からみんなに見てもらえる記事になるわけではなくて、だいたい3ヶ月程度でやっと検索に引っかかるようになると言われています。

3ヶ月経ってもアクセスが増えなければ、何かが悪かったということ。

 

人も同じで、今日何かを変えたからと言って、明日から周囲がびっくりするくらいの変化が生まれるか?と言うとそんなことないです。

 

髪の色を超派手にしたとか、豊胸手術してボンキュッボンになったみたいな、昨日と今日ではっきり違う見た目があれば別ですが、その場合は一過性の場合が多くて数日もすればそれが普通になるので、変化したところで周囲が見飽きたらそれで終了です。

 

今日1日を、しっかりと本気で生きていれば、3ヶ月後には笑っていられるかもしれません。

でも、なんだかいまいちな今日は、3ヶ月前に自分が手抜きをしていたからです。





昨日と同じことしかしなければ今日と同じ明日しかこない

ぼくが好きな言葉。

好きなのでもう一回言っていいですか?

 

ゆーすけ
昨日と同じことしかしなければ今日と同じ明日しかこね〜よ

 

今日自分の中で何かを変えても、それは誰にも知られることのないことがほとんどだけど、昨日と今日で何かを変えないと、明日もまた繰り返しの1日のような日がやってくる。

 

ダイエットを開始しても明日急には痩せない。

勉強を開始しても急にクラストップの成績にはなれない。

素振りをたくさんしても明日からレギュラーには慣れない。

 

どれも、今日何かを始めても、明日何か目に見える何かは手に入らない。

でも、今日始めなかったら、現状は1mmも変わらない。

 

でも3ヶ月運動を続けたら、体系や体質は改善するかもしれない。

3ヶ月勉強を続けたら、次の期末テストでクラスの半分くらいまでの成績になるかもしれない。

3ヶ月素振りを続けたら、めぐってきたチャンスで一本打てるかもしれない。

 

全部、「かもしれない」話だけど、やらなかった人には見ることができない景色と、継続した経験がある。

だから、やっても意味ないことはない。

 

3ヶ月後に笑っている未来を描けるか?

今から3ヶ月後は、年が明けた頃。

その頃、どんな自分であれば笑っていられるか?超ハッピーか?

 

3ヶ月という枠では収まらないかもしれないけど、どんな年末を迎えたら2018年は最高の年だったと言えるだろうか?

どんな2019年になれば、もっといい年を過ごせるだろうか?

 

それがイメージできずに、いい年を終わらせることも、いい年を迎えることもできない。

 

逆にイメージできれば、あなたが描く「最高の年末の過ごし方」の実現のために、残りの期間でやれることを全部やるだけだ。

やっても変えられないこともあるかもしれないけど、やらなければ絶対に変えられない。

 

やれることを見える化する。
見えたものを一個ずつやる。
先延ばしにしない。
特例は作らない。

今できることを積み重ねてたとしても、理想通りの未来は来るかもわからないのに、今できることやりもしないで思い通りはあり得ない。

 

ちなみに、「最高の年末がイメージできない」って人は、イメージできないのではなくて、していないだけ。

本気で自分の心と向き合って、どうなっていたいかを掘り下げてみてほしい。

 

それでも浮かばなかったら、どうなっていたら嫌か?を考えて、消去法にしたらいい。

方法や過程は何でもいいから、自分が望む年末の形を自分がイメージできなかったら、その未来は訪れない。

 

3ヶ月どころか三日坊主になりそうな自分へ

人は甘い。

即効性とか効率ばかり求めるから、今日明日頑張っても成果が見えないと挫折したり、迷子になったりする。超簡単に。

 

これをきっと三日坊主と言うのだと思う。

でも、三日坊主になったらまた4日目から再開したらいい。

 

毎日続けないと意味ないかもしれないけど、続かない日があったからって全部やめてしまう必要はないから。

 

この記事が年明けくらいに、多くの人に読まれているといいな。

読まれていなかったら、原因を考えて、修正して、もう一度検証したらいいだけなので。

 

続かないことがあってもいい。でもやりっぱなしはダメだ。

 

ゆーすけ
3ヶ月後、笑ってまたこの記事読んでちょ!

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.