ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




ITEMS

【問い合わせ多数】L字型ファスナーのレザーウォレットに関して

投稿日:2018年8月8日 更新日:

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

このブログの人気記事の一つでもある「旅用(海外用)財布を変えました。薄くて便利でおしゃれな革財布」に関するお問い合わせが増えてきましたので、記事としてまとめておきます。

 

このサイフに関するよくある質問はこんな感じ

  • どこで購入しましたか?
  • 現在も取り扱いはありますか?
  • どこのブランドのものですか?
  • どこかで同じものは変えますか?

このような質問に答えています。

中にはAmazonや楽天などをはじめとして、あらゆるネット販売サイトなどを見漁って、それでも同じものを見つけられず連絡をくれる人もいます。

ぼくが使っているのはこのL字型ファスナーのレザーウォレットなのですが、使い勝手が良すぎるので以前記事にしたのです。





L字型ファスナーレザーウォレットに関するQ&A

どこで購入しましたか?

2017年の2月頃にタイのバンコクで購入しました。

 

現在も取り扱いがありますか?

購入から半年後の2017年8月頃に再度購入したお店を立ち寄ってみましたが、同じ商品や色違いの商品はありませんでした。

 

どこのブランドの物ですか?

特にどこかのブランドということではなく、たまたまレザーを専門に取り扱うお店で見つけたのでブランド名は不明です。

 

どこかで同じものは買えますか?

作家等を扱っているオンラインストアでもお問い合わせをいただくのですが、当オンラインストアではお取り扱いはありません。

購入直後から反響があって、できればコンスタントに仕入れを行なって販売したかったのですが、ぼく自身も入手困難な状態です。

 

L字型ファスナーウォレットは手放せません

せっかくなので使用レビューをまとめておこうと思います。

結論から言って、このL字型ウォレットは使い勝手が良すぎて手放せません。

 

全く同じものは入手困難と言った手前で大変恐縮なのですが、そもそもこのサイフが目に止まったのも、以前からイルビゾンテというブランドの同様なシリーズが気になっていたからでした。

 

イルビゾンテはイタリア発祥のブランドで、革職人がハンドメイドでつくったカバンは使えば使うほど持つ人に馴染むとして、レザー好きの中での注目度も高いです。

 

個人的には創設者のワニー・ディ・フィリッポの言葉が好きでして。

雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日に当たり、あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。あなたのイルビゾンテはあなたの一部になるのです。

やばいです、渋すぎます。

 

そんなイルビゾンテで知ったL字型ファスナーのウォレットのメリットはこんな感じ。

  • コンパクトなので必要以上持たなくていい
  • カードやコインも持てる
  • 複数の紙幣も管理しやすい

など、日用使いから海外旅行などのシーンでも幅広く活用やすいです。

この辺は、元記事の方にまとめているので詳細は読んでいただければと思います。

 

また、レザー製品であれば使い込むほどに味が出るのも使っていて嬉しい点であります。

ちなみに2018年現在の色の変化はこんな感じ。

あの鮮やかな赤はどこへ?って感じですね。

ちなみにメンテナンスで使っているのは、先代のWhite House Coxのものです。

レザーアイテムのメンテナンスにはモッテコイのクリームです。

まとめ

実はもともとWhite House Coxというブランドのレザーが好きだったので、このL字ファスナーは海外用として活用をしていました。

しかし旅先で盗難にあってから今はこのサイフ一つで日本でも海外でも生活しています。

 

結果オーライな話ですが、日本用と海外用のサイフを分けなくて済むようになったので持ち物も減ったし、何より「使いやすい」というのは日常的によく使う日用品にとっての正義だとも思っています。

生活の拠点に置いているカンボジアはまだまだ現金主義な生活ですが、世の中はどんどんキャッシュレスな生活になってきているので大きなサイフなんて必要ないんですよね。

 

ということで、少し違う話もはさみましたが、よく読まれている記事の中から特に問い合わせの多かったL字型ファスナーのサイフに関する問い合わせへの記事をまとめました。

残念ながら全く同じものは入手困難ですが、この形は非常におすすめですので、サイフの買い替えを検討している人はぜひ候補に挙げてみてください。

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-ITEMS

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.