カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

二週間の自宅隔離を経て考えたこれからの人生や暮らし方

自宅隔離は今後の人生を考える最高な14日間でした。人生、仕事、暮らし、家族、遊びなどとにかく全てを今よりもっと良くしたい。そのためには何をすべきか?ということばかり考えていました。

誰にも会わないことで、何からも影響されず自分がどう在りたいのか?どうしたいのか?そのために何をしていくのか?がくっきり見えてきたので、一旦まとめておこうと思います。

これから隔離する人の参考になったり、人生に迷っている人には「俺も隔離しよう」と思ってもらえたら幸いです。

二週間の自宅隔離で考えたこと

二週間ずっと自分と向き合っていました。

自分の在り方

自分がどう在れば、自分にとって一番幸福か?を考えたところ

  • 挑戦し続ける人生でありたい
  • ずっとゴキゲンで過ごしたい
  • 人生を存分に全力で楽しみたい

という、これまでずっと持ち続けている根本みたいな部分の考えに変わりはありませんでした。

ただ現状を振り返ってみると

  • コロナを理由にやる前から見切りをつけたりしている
  • 周囲に感情を無駄に動かされる時がある
  • 昔からのやりたいことがやらないまま残っている

という感じで、モタモタしてたら夢の賞味期限が終わっちゃうよ?と自分に言ってやりたい気持ちになりました。

どうしてそうなってしまっているのか?

というと、やっぱりみらいスクールへ行けていない事実が大きい。

ぼくのカンボジアでの活動の根っこには、いつだってみらいスクールがあるのですが、学校に関する発信が減ると、この時みたいなトラウマっぽいことがある。

学校行かないのに、なんでカンボジア住んでるんだ的な。

とは言っても、やっぱり街からわざわざ村へ行くのも気が引ける。

村に行くこと、人と関わることだけが活動ではないから「人と会うこと」がもう少し気楽になった時に、必要なことがやれればいい。必要な時に動ければ、それでいい。と言い聞かせています。

海外でブログを書いて生活する人

理想の自分で在るために

では今何するべきかを考えると「社会に影響されずに生きていく力をもっと高める」という結論に至りました。もうちょっと掘り下げていくと

  • 時間や場所にとらわれずに働く土台をより強固にする
  • 生き抜けるフィールドを広げていく

そのために必要な要素としまして

  • ノマド力
  • 語学力
  • DIYスキル
  • サバイバル能力
  • 世界教養
  • 金融知識
  • 健康体

この辺を高めずに、自由も安全も挑戦もゴキゲンもあったもんじゃないなと感じました。

在りたい自分で在るための障壁になりそうなことを取っ払って、優先度の高い物事から確実にやっていく。

ただし

  • 優先順位や正解はその都度変わる
  • 正解は行動で変えられる
  • だから常に自分で決める癖をつける
  • 人に委ねない
  • やることを毎日明確にする
  • それを消化する
  • 一度判断して終わりではない
  • 状況に応じて変えていく
  • すぐに対応できる準備もしておく
  • 物事が起きてからでは遅い
  • こだわりは時にエゴであり足枷になる
  • お金の無駄遣いはしない(無駄遣いとは?必要なものではなく欲しいものを買うこと)
  • 不要なものは持たない
  • 身軽な状態でいる

ことは念頭に置いておく方が良さそう。

二週間の自宅隔離でやったこと

この二週間は自宅にいながらも「めっちゃ行動する」を意識しました。行動しないことには、本当に自分が何をやりたいのか、どう在りたいのかなんて見えてこないと言う持論があるからです。

家の中でできる行動は

  • たくさん書く
  • キツめの運動をして心拍数を上げる

をやりました。

「たくさん書く」は毎日ノート3P分と、A4用紙10枚分は書きました。モーニングページとゼロ秒思考ってやつです。以下の本でわかりやすくメソッドが書かれています。モヤモヤしている人ややりたいことを見直したい人にはかなりおすすめ。

二つめの運動はHIITバーピー。YouTubeで動画アップしているので、ぜひ一度そちらをご覧ください。

34歳男性が息を切らしながらとび跳ねる4分間

二週間の自宅隔離をしてみた感想

今後の人生を考えるいいきっかけになった隔離期間でした。変な言い方ですが、隔離してよかった。

  • 人の様子がわからない→自分を人と比べないのでラク
  • 街の様子がわからない→自分を街に合わせないのでブレない
  • 誰にも会わない→人から見た自分を意識しなくいていい
  • SNSの使い方再確認できた→FacebookLIVEやってみたら懐かしい人と交流できていい時間だった
  • なのでSNSの使い方考え直した→注目を集めるようなことを言おうとしなくていいと思った
  • 隔離明けたら行きたいことやりたいことが具体的→何にお金と時間を使うか明確で無駄が減った
  • 学びが捗る→ああしようこうしようが溢れてきた、ワクワクが止まらない
  • 収入源が増えそう→やってきたことの自信とやりたいことやれる幅が増えるぞっていう希望

ぶっちゃけ世界は元に戻りはしないし、ここからどう変化していくのかでしかないと思う。そしてその変化を的確に読み取らないと社会に変えられてしまう。しかしその変化は、今まで以上に読みづらい。

こんな世の中ですので、これまでやこのままの暮らしでいいとは思いません。どうしていくべきか考え、他人や社会に変えられない自分で在り続けて、守るべきものを守り、やりたいことをやろう!それが俺の幸せ(今のところ)と思いました。

二週間の自宅隔離を経て今後やりたいこと

最後に今後やりたいことです。順不同。

  • 車を買う
  • 車でカンボジア全州行く
  • そこでいろいろ生活してみる
  • 猫も連れていく
  • 移動を増やす
  • VAN LIFEをしてみる
  • 苦手(だけど自分の身になりそう)なジャンルの本を読んでみる
  • 学びにもっとお金をかける
  • 1日1個何か手放す
  • 生活時間をもう少し前倒す
  • 働き方をもっと効率化する
  • お金の使い方を変える
  • SNSを承認欲求のために使わない

大雑把にまとめると、一時帰国や海外旅行がまだしばらく難しそうなので、カンボジア全土で遊びたい。その景色をシェアしたい。帰れそうなタイミングで帰れた時に、日本でしかできないことに全集中するための準備をしておきたい。

今後買い足したいアイテムたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。