プーケットの魔物とバンコクで朝までアルコールファイト2017夏

カンボジアに建設したみらいスクールの開校式の際にシティゲストハウスで出会ったプーケットの魔物とバンコクで遊んで来ました。今年の1月以来5ヶ月ぶり2度目。合流する前にバンコクのATMで上限の8,000バーツ下ろしておいたのに帰りのタクシー代なくなっててタクシー代出してもらいました。今度返します。

経緯

  • 前回お互い一時帰国している際に名古屋で一緒に飲みました
  • プーケット行きますわって言いました
  • 行けませんでした
  • バンコクへ用事があって行きました
  • バンコクまで来るなら行くわって言われました
  • やってきました

プーケット行けなかったの完全に悔しい。バンコクまで来てくれてよかった。

バンコクでアルコールファイト

今回はアジアの魔女も一緒です。写真というものに気持ちこもってないので基本構図とかピントとかフル無視して撮影するタイプの人間です。人の頭見切れてても無問題。

プーケットの人は合流してすぐ日本円6万円くらい両替してました。その時点でやべー今回の予算足りねぇわって悟った。出せるだけ出して行って後は任せたスタイルでいきます。

とりあえず串カツとたこ焼きが食べられるお店に入店。プーケットの魔物はタバコやめていました。クリーンな飲み会。

で、この後は話が弾みすぎて写真全然撮っていないんですが、ちょこちょこつまんではお店を変えながら4〜5件ハシゴしながら最後はカラオケ。

この辺でぼくの財布はヒーヒー行ってましたが楽しかった。

まとめ

ということでしっかり遊んでタクシー代出してもらって、魔女と相乗りでお互いのホテルの近くまで帰りました。

そういやこいつ(まなみ)一銭も払ってないし、タクシー代もらわなくてもあったのでは?と思いましたがまぁいいです。

ちなみにこの翌日もじゅんさんには呼ばれて再び8,000バーツ下ろして夜の街へ。

昨日の酒が残りまくってて味噌汁スタート。

贅沢にエビの味噌汁。からの

炙り明太子。

炙りカツオなど、カンボジアと陸続きの隣国とは思えない食べ物を堪能。もちろん途中から全然覚えていないけど楽しかったのでまたやりましょう。プーケットいきたい。

作業を効率化させる秘訣「段取り八分の仕事二分」を教えてくれた兄貴の話

プーケットの魔物と名古屋で朝までアルコールファイト2017冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。