カンボジアの子ども達と野球をやるためにボールとバットを買った

以前、野球ができる人たちが大勢そろってロンデン村に来てくれるタイミングがあったので、野球って一体どんなものかデモンストレーションみたいなことをやることにしました。たまたまその日はポケットに軟式ボールも入っているという野球日和な日で、落ちている丈夫そうな木でフリーバッティング的なやつをやろうってなって、ボールを遠くまで飛ばす姿を見せたら楽しそうってなるかなって思ったので高校野球引退したばかりの子に「フルスイングでめっちゃ飛ばして」って言って軽くヒュって投げたらとんでもないピッチャーライナーが返って来て太ももに直撃。子どもら悶絶してやりたがらないしめっちゃ痛いし一球で終わりました。

バットとボールを買った

ということで先日の一時帰国の際にベースマン大宮店へ出向き、もっと初心者でも気軽に楽しめそうなスターターキット的な何かいいものがないか探したら見つけました。

GPトレーニングボール

これです。バッティングが向上するという穴の空いたトレーニングボールを買いました。

  • 柔らかいので痛くない
  • 作りが丈夫で打った感がある
  • 速い球も投げやすい
  • 暗い時にも見やすい

などの特徴があり、初めてボールを打つ楽しさを味わうにはちょうど良さそう。

GPトレーニングボール

猫がいるのですがこれなら噛んでも大丈夫だろって思ったけど興味すら示しませんでした。なんだよ。

バットで遊ぶ猫

風が強いとボールが流される、やりにくいなどの声もありましたが普通に野球やっていても風の強い日はプレーしにくいしフライなども流されるので、むしろいい練習になって問題はないです。

欠点としてはやはりそこまで飛距離が出ないので、三振かホームランかで野球の魅力を語る茂野五郎タイプだと物足りないかもしれません。安打製造機を育成しましょう。

プラスチックバット

あと、プラスチック製のおもちゃのバットも買いました。

後々のことを考えて軟式木製バットの一番軽いやつにしようかと思ったけど、楽しくなるとテンション高くなっちゃってなんでもありになっちゃう子達なので、頭に当たったり打った後投げ捨てたりするリスクは日本の子どもより高い気がしてとりあえずおもちゃのプラスチックバットにしました。

バットとバットケース

丁寧にバットケースをサービスでつけてくれました。嬉しい。

野球プロジェクト進展について

GPトレーニングボール

「カンボジアの子ども達に野球を教える」なんてそれっぽく言っていましたが、プロジェクト予定地は普段住んでいる町から3〜4時間の所にあります。

  • 球場確保が難しい
  • 普段コミュニケーションを取っていない子ども達を集めることも難しい
  • そもそも野球がやりたいと言っているわけでもない

などの条件が揃わないことから、信頼関係のあるロンデン村で超スモールステップで遊びながら、こちらも感触をつかみながらやっていくことにしました。まずは安全&楽しいを第一に。

あと「ティーボールとかもいいんじゃない?」って声もいただいて確かに!って思ったので、次回帰った際に購入してこようと思います。「野球プロジェクトで使ってください」って預かったお金は物品購入で使わせていただいております。

思うように進まないし、あれから一体どうなってんの?って思われるかもしれませんがごめんなさい。長い目で見てもらえると助かります。引き続き進展あれば追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。