【みらいスクール】カンボジア小学校建設67日目

2016年2月13日

 

建設67日目

昨日しゅういちとくるみが持ち出した思いつき企画。

 

「学校に泊まろう!!」

関連記事:建設中の小学校に泊まろうとした昨夜の様子

 

結果から言うとめちゃくちゃ楽しかったんだけど、もちろんいろいろありました。

 

昨日は建設工事の後、そのまま学校に泊まるって話になって、晩御飯はそこで火を起こしてBBQと鍋をしようってなった。

カンボジアの事情としては(というよりどこもそうなのかもしれんけど)、ホテルやゲストハウス以外に外国人が許可なく泊まることは禁止されている。

いつもホームステイという名の合宿先に泊まり込んでいる時の家は、学校建設している村やその周りの村を取り囲んんだ地区長の娘さんの家にお世話になっている。

 

だからちゃんと許可があってやっていること。

 

んで。

 

その家は良くても、学校建設地には許可がなくて僕らは泊まることができない。

 

そしたらどこからやってきたのか本当に警察が来た。

 

うわ!まじか。

 

カンボジアの行政は本当に汚くて、こういう時に見逃す代わりに賄賂を請求される。

 

どこから通報が入って警察が来たのかは謎だけど、そこにいた村人たちは必死で僕らをかばってくれる。

 

 

「彼らは小学校の建設を手伝っていてご飯を食べていただけなんだ」

 

「今夜はちゃんと家に帰る」

 

「バイクには乗っていない、これは俺たちのだ!」

 

って途中一生懸命警察と話をしてくれていた。

 

「心配ないから」

「大丈夫だから」

 

そう言い聞かせながら僕らに害がないように働きかけをしてくれた。

 

本当にありがとう。

 

カンボジア人の多くは何か困っているとすぐに手を差し伸べてくれる人が多い。

 

時にそれがいきすぎたお節介だったりするんだけど。笑

 

でも人の優しさを痛感させられる。

 

困っている人、大切に思っている人を大切にする力。

 

本当に尊敬するわ。

 

ってことで結局いつも通り合宿先へ戻って寝たんだけど、事なきを得た村人たちは、送るという定義で付いてきた。

 

警察が帰るのを見届けて、結局家でも飲み会が始まるっていう。

ほんで今日は飲みすぎ、歌いすぎ、踊りすぎでみんな体力がない。

ドラクエ風に言うと僕はHPが残り1くらいしかなくて死んだように寝た。

 

それなのに呪いにかかっていたのか、寝てもHPは1のまま午前中の仕事へ向かう。

 

はるかちゃんが今日は2度目の登場。

1人でトゥクトゥクに乗って来てくれたんだけど、僕らメンズは基本疲れていてダラダラしてしまった。

 

ごめんちゃい。

 

それでも昼寝した僕は復活して、今日で全教室の内面のモルタルが塗り終わった。

そしてモルタルは前面部にも始まり、作業が滞っていた一番西側の教室は昨日積み上げてくれたレンガの上に梁が通り始めた。

今日もみんなお疲れさんでした。

昨日の珍事で疲れていた人多数。

 

寝起きとともにビール飲み始めたホンさんは今日は全く機能せず。

くるって言ってたりゅうちゃんはなぜか来ず。

 

そんな中でもみんな頑張ってくれた。

子どもらもみんな元気です。

 

追伸

昨日家で飲み直していたら、そうたとしゅういちが調子乗ってコールかけて飲ませようとしてきたので返り討ちにしてやりました。

 

庭がゲロまみれです。

 

そうたは今日半日寝て過ごしてました。

 

はなみ!そうたを叱りにカンボジアまで来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。