【みらいスクール】カンボジア小学校建設68日目

2016年2月14日

 

建設68日目

 

今日は、そうたとつばさがおよそ1年越しで叶えてくれた一つの企画。

学校にサッカーコートをつくること!

 

体育大学出身のぼくとしては、学校の校庭に遊び場と何らかのコートがあることは必須条件。(なんだそりゃ。)

 

ってことで、ちょうど1年くらい前にカンボジアで出会ってからずっと応援してくれているそうたと、そのそうたに触発されて付いてきちゃったつばさがゴールネットを用意してくれていました。

 

ハンドボール部出身の二人が、母校やら知り合いやらに使わなくなったゴールネットをもらえないかいろいろ当たってくれていたらしい。

 

結果、今回は捨てちゃったばかりとかタイミングが合わなくて、二人が自費で用意してくれたもの。

 

そうた、つばさ!本当にありがとう!

 

今日も、はるちゃんが二日連続の参加でやってきてくれて、6人でサッカーゴール作り。

 

村人に竹を売ってもらいに行き、みんなで作戦を練りながらゴールを作る。

ちなみに10m以上はある竹が一本1$。(相場知らんけど)

 

一節1年で伸びるっていう噂が本当なら、買った竹は33節あったので、この竹は人生の先輩っす。

 

恐れ入ります。

 

3本の竹をそれぞれ採寸して、カットして。

途中、「うまくいかんなぁ。」なんて言いながらも。

みんなで知恵を絞り出して、あーでもない、こーでもないって言いながら1日がかりで完成。

 

本当はバレーボールのコートも作りたかったけど、今日はここでタイムアップ。

最後は足の一部を地面に埋め込んで、久しぶりに来たテラーも手伝ってくれて完成!

 

翌朝、牛がネットに絡まっていたらどうしようなんて冗談言いながらも、一つ遊び場が増えました。

今更だけど、サッカーとか好きなのかな?

完成したゴールでコーラを賭けて、7mスロー勝負を始める元ハンドボール部のそうたとつばさ。

楽しそうで何よりっすわ!

 

そういえば途中、竹を切っていたら村の子ども達が興味津々で近寄ってきて「ゆすけの家を作るの?」って聞かれた。

「ゆすけの家つくって、ゆすけはここに住むの?」って。

 

「ここには住まないし、家でもないよ。」って伝えたら、ちょっとしゅんってする子ども達。

 

もうね。たまらんっす。

そうたとつばさも明日が最終日。観光もせずに、ひたすら手伝ってくれて本当にありがとう。

 

 

はるちゃん、3日間も来てくれてありがとね〜。

 

追伸

 

はるちゃんから帰り際に支援金をいただいちゃいました。

 

はるちゃんの名前も、みらいスクールの机と椅子に残しておきます。

 

 

【追記】

カンボジアの小学校建設の様子を定点で収めた写真をつないだ限定動画を、クラウドファンディング支援者の方々に限定公開しています。

パトロンの皆様、是非一度メールをご確認いただき動画をご視聴ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。