カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

カンボジアの孤児院、スラム、一般家庭で出張撮影してきた

_ysk6000-3

写真は人を笑顔にする。ぼくは昔からそう思っている。

ポケットから高性能カメラ付き携帯電話をスマートに出してささっと撮影。

加工アプリやら何やら親指一つで操作可能な時代。

そんな時代を僕は一眼レフ、三脚、プリンターを持って走り回っています。

え?時代錯誤?

本当にそうでしょうか?

カンボジアから帰って来る二日前、一日中撮影の仕事をしていました。

15049978_10211377885308797_1040854980_n

それも1日3件。

朝、夕方、夜とカメラと三脚とプリンター持って依頼のあった孤児院、スラム、一般家庭を訪問。

いや〜楽しかった。けど超絶疲れたっす。もうちょっと分散して仕事の依頼ください。

僕は特殊な撮影機材もスタジオも持っていない。

というか。

カメラの学校も出ていません。(えっへん!)

「あなたはトーシローですか?」

「はい、私はトーシローです。(てへ)」

カメラは昔っから趣味だったぼくも「写真で人を喜ばせてお金を稼ぐ」って決めてからのこの一年でたくさんの瞬間を納めて来た。

覚悟決めて動いたら、人生は勝手に動き出す。

ってことを身をもって味わった1年間でもあった。

「本当に食っていけるだろうか?」

って意見の反対は

「本当に食っていけるかもしれない!」

だから。

自分でやるって決めたことは、自分くらい信じてあげないと。

自分以外、誰が自分を信じてくれるかわからないんだから。

そんなこんなでたかが1年だけど「ゆーすけの写真綺麗だよね」から始まり、「ゆーすけに写真お願いしたい」って言ってもらうことが増えて来た。

ありがとうございます。

今回依頼をくれたのは、カンボジアで共に生きる相棒であり、ブラザーの後藤勇太と昨年カンボジアに住んでいた高崎由衣。

二人とも同い年の30ちゃい。

あ、誤解のないように言っておくと、僕はどれだけ近しい人にも値下げという形のサービスはしません。

成果に対する報酬以上のサービスをお届けする自信があるから。

そして手抜きしたくないから。

勇太は孤児院とスラムの子どもたちとの記念写真。

_ysk6018 _ysk6452

由衣は去年一緒に生活していたカンボジア人夫婦の結婚記念日。

_ysk6800-2

そんな依頼でした。

ちなみに由衣は去年もこの夫婦の写真の依頼をくれて2年連続。

毎年誰かの記念日を写真で関われるのは嬉しいこと。

以前勇太が行っている孤児院でのBBQの時も集合写真を撮って、全員に印刷して渡した。

_YSK3952

スマホの中にたくさんの写真を入れて持ち歩けるのもいいけど、僕はやっぱり現像した大切な一枚の方が好き。

ポケットの中に収まる高性能カメラで撮影し、その本体の中に大量のデータとして保管できる写真。

もはや写真は撮って終わりになってしまっている気がします。

でも僕が思う写真ってのは、ちょっと違います。

手にとって、その瞬間を思い返して、思わずにやけてしまうような、涙が出て来るような。

そんな大切な一瞬にこだわりたいと思っているからです。

カメラの学校も出ていない、特殊な機材も持っていない、スタジオなんて呼ばれた場所。

そんな僕でも、写真を通じて誰かを笑顔にできている。

本気は時に知識や技術を超える。

依頼をくれた二人、ありがとう。

そして、ソムロス夫妻。結婚9周年おめでとう!

撮影依頼はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。