飲食店に入ったら何か飲み物を注文するようにしている

大量のパンの写真

日本に帰ってきて思ったんですけど何か食べようと思って入ったお店で自動的にお冷やとか、なんなら麦茶とか暖かいお茶とか出てくる現象を改めて目にすると奇跡に感じる。そしてその麦茶やお茶もちゃんと美味しい。それで無料。なにこれすごいってなる。

飲食店に入ったら何か飲み物を注文する

小さい頃に親に連れて行ってもらってご飯に行ったりするとジュースとかあまり飲ませてもらえない家だったんだけど、多分それはジュースばかりガブガブ飲んで肝心なご飯が食べられなくなるのを避けるためだったんだろうなって思う。

で、大人になっていく過程でいろんな場所で食事をしてみると学びがあります。

必ずしもそういったフリーの飲み物が出てくる訳ではないこととか、富士山で飲むコーラは500円とか、グアムのストリップバーでお姉ちゃんにビールご馳走すると1200円とか、座っただけで3,000円かかるお店とか。いろんなことを知って対応をしていきます。

で、基本的にどこに行っても飲み物を頼みます。なぜなら飲みたいから。食べ物だけだと口パサパサになるから。そういった意味を込めまして今回のアイキャッチ画像には口の水分を全部持って行きそうなパンの写真を使いました。水分不足はいろいろ危険ですよ。水をしっかり飲もう。

お冷やでもいいけど対応はする

もちろん出されたお冷やを飲む日もある。特に飲みたいものがない上にお水を出してくれるならこれ以上ない。感謝して飲む。で、もしそのお店がお水は出さないとか有料だったらそれを頼めばいい。生くださいでも烏龍茶くださいでもなんでもいい。

あと、いつも何も飲まないなら飲まないでいい。水が出ないもしくは有料とわかった瞬間に飲まない頼まないはせこいなって思うから原則いつも何か頼むようにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。