冷蔵庫にマグネットポケットを取り付けて動線を最適化した

生活の中でたまに生じる「使いにくい」「やりにくい」を解消すると、暮らしが楽しくなりまた少し空間に愛着が湧きます。今回は冷凍庫周りの「やりにくい」を解消しました。

我が家の冷蔵庫事情

我が家の冷蔵庫事情

我が家の冷蔵庫はこのような二段タイプ。備え付けの家電になります。上が冷凍庫、下が冷蔵庫。当然のことながら自動製氷機能はありません。

ロックインアイス

なので、氷はいつもこのようにロックアイスみたいなものを買っています。カンボジアだと氷1kgが13円くらい。

固まった氷を入れたグラス

で、この氷の入った袋を使う度に出したり入れたりしてると氷と氷がくっついて使いにくい。そのため我が家ではアイスピックを愛用しています。

ロックインアイス

三本刃のアイスピック振り回すと会心の一撃だらけで氷割るのラクすぎ

アイスピックを使うということはアイスピックをどこに置くのかが重要になります。サッと使える位置にあった方が「え〜っとアイスピックはどこだっけ」って言ってる間に氷が溶けて損失が出ることもないけど、だからと言って出しっ放しは見た目上よくない。使ったらすぐしまう癖大事。置き場のないものは持たない方がいい。

冷蔵庫にマグネットポケットを取り付けて動線を最適化

マグネットポケット

そこでこのようなマグネットポケットを100円ショップで購入。マグネットタイプなので冷蔵庫本体に簡単に取り付け可能。DIYが苦手な人でも1秒で終わります。

マグネットポケットのマグネット

この中にアイスピック、氷をつかむ為のトング、栓抜き兼ワインオープナー、アイスクリーム用スプーンなどを突っ込んでおけば家で冷たい飲み物を飲む時の動線が非常にスマートになります。

マグネットポケットの中身

必要なものがすぐ近くにあるのに、出しっ放しのような雑多感はなしでシュッとした見た目。いい。

素材も柔らかいシリコンみたいなのでできているので固いものや鋭利なものをストンと落としても生活音が大きくならなくて快適。

ちなみに、マグネットを電気系の物に近づけると良くないのでは?と不安に思い調べましたが、磁力の影響を受けやすい電子基板は操作パネルの内側なので冷蔵庫表面からは距離があるので影響は少ないという安心材料を入手しました。やったね。

まとめと次回の課題

ということで我が家がまた少し暮らしやすい空間になりました。

次の課題は衣類のハンガー収納場所。こちらも位置が定まりにくい&出しっ放しは見た目良くないのでなんとかしたい。

冷蔵庫の近くの洗濯機

我が家は冷蔵庫のすぐ近くに洗濯乾燥機があるので、乾燥まで終わった衣類をサクッとハンガーにかけてクローゼットに戻す運用がしたい。このようなハンガー用のマグネット収納を用意してこちらも同じくスマート収納&洗濯後の動線最適化を目指そうと思います。

山崎実業の商品は先日購入した蚊取りポットがシュッとしていたので期待できそうな商品。

山崎実業の蚊取りポット

山崎実業の蚊取りポットを買ってスタイリッシュに蚊から逃げよう