BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

ワークスタイル 仕事の流儀

民泊事業への進出〜可能性と問題点〜

更新日:

bed-1348721_640

様々な問題点を抱えたままの

2020年に予定されている

東京オリンピック・パラリンピック

 

僕は東京への招致が決まってから

一つの問題を考えている。

 

それはシンプルに僕ら日本人の

訪日外国人への対応力だ。

 

果たしてどの程度の日本人が

外国人観光客へ適切に対応できるか

 

「接客」とか「言語」と言った

一面的な部分ではなく、

仕事や生活の変化などにも対応する力だ。

 

僕は2020年を見据えて

構想を練ってきたものがある。

 

それが民泊事業だ。

 

民泊事業の可能性

まず何と言っても民泊事業の売りは

宿泊コストの低さ。

 

バックパッカーや若者にも

受け入れられやすいことで

民泊を始めた地域に若者を

取り込むことができる可能性がある。

 

また、若者ならではのネットの活用を

踏まえて「口コミ」と言った形で

思わぬムーブメントを引き起こす

可能性も期待できる。

 

人気の観光地は何かテーマパークや

名産品を新しく用意するよりも

今あるもので勝負する方が

管理・運営側もコストを削減できる。

 

結局、人が集まっている場所に

人は集まってくるのだと思う。

 

観光資源と思われるものが

何にもない方が何でもできると

僕は考えている。

 

民泊事業の魅力

ありふれた観光地巡りとは違う

ローカルな体験ができることが

民泊を活用する大きな利点だ。

 

もちろん、交通の利便性や

土地柄を最大に活用すれば

観光地を巡ることもできる。

 

しかし、その土地ならではの

体験や文化はなかなか簡単に

味わえることではない。

 

ガイドブックに載っていない

地元の人しか知らないような

絶景や絶品グルメがあったりする。

 

民泊事業の問題点

途中も書いたように

観光地化を目指し、集客を行うために

何が必要か?を考える時、

新しい何かを創造することは

合理的ではないと思っている。

 

もし、その新しい何か

大ヒットすればいいかもしれないけど、

そんなの出してみなきゃわからない。

 

そこには資金面のリスクもある。

 

それよりも最大の資源想像力

 

これは人類に与えられた普遍の資源

 

そして僕なりの想像力で

導き出したのは、

今あるもので最大限勝負をする!

ということ。

 

東南アジアのマーケットを回り、

バイヤー業を生業の一つとする

僕なりの主観だけど、

今まで売れなかったものも

売り方を少し工夫すれば

売ることができる。

 

今まであったものの活用の仕方を

工夫して出してみようじゃないかと。

 

じゃ、今ある資源は何か。

 

日本中に溢れ出した空き家の

有効活用こそがヒントだと

考えている。

 

今ある資源を活用して

ホテル難民を減らす。

ホテルにはないサービスで

日本や各地の「ローカル」を

感じてもらう。

 

空き家にはその可能性があると

僕は信じている。

 

しかし同時に課題もある。

民泊を行うにあたっての

申請を行っていなかったり、

地域住民への理解を得ずに

トラブルを招いていたりと

いうことが国内で多く見受けられる。

 

そういった実態や前例があるからこそ

規制を厳しくせざるをえないという

国や行政の動きも見られる。

 

「Air bnbは儲かるよ」

「民泊は楽な事業だよ」

そんな都合のいい言葉だけに

乗っかって先見の明を持たず

短期的に、お小遣い稼ぎ感覚で

始めるような民泊事業のおかげで

ますます法律は厳しくなる。

 

結局民泊事業を展開することが

難しくなる。

 

宿泊施設が足りず、

観光客が来なくなる。

 

そんな悪循環にならないように

もっと違う形で民泊業を

推進していくことができれば

日本の、特に地方都市では

地域活性やローカルビジネスの認知など

広がる可能性が大きくなるのだと

僕は思う。

 

僕のこれから

まだ決定事項ではないけど、

ご縁のあった事業主様から

物件を提供していただき、

僕も民泊事業に進出する

準備を現在進めている。

 

日本の玄関口、

成田空港までおよそ20分、

東京都内までも1時間以内。

 

そんな場所に

旅に出る人、旅から帰った人

そして日本に旅しに来た人、

日本から旅立っていく人

行き交う場所を目指して。

 

挑戦したいことが

見つかりました。

 

現在、準備中!

 

これはまた決まり次第。

ってことで。

今回使用したアプリ



Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-ワークスタイル, 仕事の流儀

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.