骨盤の歪みが気になるお年頃だったので改善するために取り入れたこと

  • 先月くらいから「たくさん歩くぞ」と思いウォーキングを習慣化したところ
  • 歩く時に足がまっすぐ出ていない感覚がありまして
  • 骨盤が歪んでいるのかもしれんと思うようになりました

以上の背景から改善するために取り入れてみたことをまとめます。お心当たりのある方はお試しください。

骨盤の歪みが気になる

伝わりますか?自分の歩き方が変だなと思った様子を図にしてみました。伝わってくれ。

要するに

  • 左足:内側に少し倒れながら次の一歩
  • 右足:外側に大きくぶれながら次の一歩

右足が大きくぶれながらも、またまっすぐの位置に戻って来ればまだいいのですが、右側に足を振った状態で着地してしまうと思っているよりもやや右側に体が進んだりしました。この状態が自分ではっきりわかるってことは、思っている以上に体がねじれたり歪んでいるのかもしれないから改善したいと思い行動に移した次第です。

骨盤がゆがんでいるデメリット

骨盤がゆがんでいると

  • 血流が悪くなる
  • 冷えやすい
  • むくみやすい
  • 臓器の位置が下がりやすい
  • 内臓の機能も落ちやすい
  • 下っ腹が出やすい
  • O脚・X脚になりやすい

などいいことがないです。

ぼくの場合、運動不足解消のために歩き出したところ歩き方が気になっていろいろ調べてみた結果、内臓の位置が下がって見た目が悪いだけでなく、お腹(へそ周り)も冷たくなっていることに気がつきました。冷えとか自分とは無関係な世界の話だと思っていたけど自覚症状がないだけで、体の状態を探ってみるといろいろ思うところがあり、もう少し自分の体と丁寧に向き合おうと思いました。

骨盤の歪みの改善としてやったこと

以下やったことです。

足指体操

「足の指がきちんと機能していないからちゃんと蹴り切れなくて足がまっすぐ出ないのでは?」という憶測から実施。骨盤が曲がっているからまっすぐ歩けないのではなくて、まっすぐ歩けない原因があるから骨盤が歪んでいると感じるという逆説的発想をいきなりぶち込んでみました。

足の指が機能しているかどうか確認するために

  • 親指だけ地面に着けて残り4本は浮かす
  • 親指だけ浮かせて残り4本は地面に着ける

という動きをやってみたところ、右足の「親指だけ地面に着けて残り4本を浮かす」という動きが全くできません。どうやったら思い通り動かせるのか最初は全くわかりませんでしたが、取り組んでいくうちに少しずつできるようになってきました。長いこと途切れていた回路がつながった感覚でちょっと嬉しい。

以前読んだこの本に足裏が整うと骨盤の位置も整う的なことが書いてあったのを思い出しました。

足首回し

足の指先が使えていないということは足首もきっと動きにが鈍くなっているはず。試しに両足揃えてうんこ座りをしてみたところ、以前よりかなり窮屈で前脛骨筋がパンパンでした。

椅子に座った状態で片足をもう片方の足に乗せて、乗せた足の指の間に反対側の手の指を恋人つなぎみたいな要領で突っ込んで足首を起点に回すとボキボキ音がしていい感じ。体は柔らかいに越したことはない。

背伸び(爪先立ち)

足の指の機能と足首の動きを同時に回復させるのに良さそうな爪先立ち。かかとを浮かせて数秒キープ→ゆっくり下ろしながらかかとが着く直前で上げる、というのを気が向いたら20回とかやるようにしています。

これがきついって人は多分ですが普段からふくらはぎが使えていません。ふくらはぎが使えるようになると足が太くなりにくかったり、血流が良くなって代謝が良くなったり、それによって老廃物が滞りなく流れてむくみの改善や予防にも繋がります。

腸腰筋伸ばし

ブロガーなので長時間座りっぱなし作業がここ数年続いております。ということは上半身と下半身のつなぎ目みたいな位置にある腸腰筋は縮みっぱなしでしょう。

長座の姿勢から片膝を曲げて、足首をお尻の方に持ってきて体重を後ろに傾けて太ももの前を伸ばす体操。これは隙あらばやっています。デスクワーク多めの人は慣れないうちは激痛だと思うのでゆっくりやってください。

お尻ほぐし

現代人はお尻が使えていない人がほとんどらしいので、お尻もほぐしましょう。お尻は体の中でも特に大きな筋肉がある部分なのでここが使えていないということは、腰や太ももなど他の部分にかける負担も大きいし血流が悪くなる原因にもなるそうです。

YouTubeとかで「大臀筋 ほぐす」とか入れたらいろいろ出てくるので見ながらやるといいと思います。

骨盤の歪みを改善するようにしてからの感想

専門家ではないし検査を受けたわけではないのですが、このような取り組みを日常に取り入れたことで感じる変化をまとめておきます。

  • 歩いている時の違和感が減った
  • 長時間歩いても疲れにくくなった
  • 足のだるさが残りにくくなった
  • 座っている時に足を組むことが減った
  • 太ももが若干シュッとした気がする
  • 足がポカポカしている実感が多い

という感じで、歩き方が完璧になったとは言いませんが歩いていてかなりマシ。たまに朝の散歩の序盤や、ものすごい長い時間歩いた終盤などに以前のような足の出方になったりすることがあるので家を出る前に入念にストレッチをしたり、疲れてくると癖が出やすいという傾向を認識しておくことで今後の改善に繋がると思います。

ゆがんだことに気がつかないまま歩いているとそれが自分にとってのまっすぐになってしまうかもしれないので、早めに自覚が出て本当よかったです。

まとめ

ということで、歩くという日常動作の中にいろいろな発見があってますます歩くのが面白くなりました。体は常に変化するのでパーフェクトを維持するのは難しいかもしれませんが、不調や違和感を感じた時に「こうかもしれん」「あれしたら改善されるかも」という感じで知識と対策をいくつも持っておくと健康でいられるかもしれません。

これからも自分の体を思うように動かして、いつまでも自分の足で歩ける体を守りたい。

ウォーキングシューズはこれ履いています。靴紐ないので脱ぎ履きも楽なのにしっかりホールドされて歩きやすい。

メレルのジャングルモック

バレンタインデーにもらったメレルのジャングルモックが歩き心地最高だったのでレビュー

紐のない靴

紐靴を買ったり履いたりするのやめた

O.M.C TOKYOのインソール

O.M.C TOKYOの人間工学に基づくインソールを革靴に入れたら歩きやすくなった