TORRASのiPhoneケースはシンプルな見た目と極薄軽量!マットな質感で肌触りもいい

我が家のTORRAS3兄弟

先日の一時帰国の際にAmazonで買った彼女iPhoneSEのケース。薄くて軽くて見た目もシンプル。触り心地も良くていい感じ。届いたものを見ていたら、ぼくも同じ物がほしくなってiPhoneXS用に購入。そして先日、iPhone13 Proを買いましたので、またもや同じケースを買いました。TORRASというメーカーのものです。

TORRASのiPhoneケースをまた買った

こちらがパッケージ。

裏面。TORRASは「ミニマリズムを貫くライフスタイルにこだわるブランドであり、好奇心・探求・未来のブランド理念を元に、絶えず顧客の潜在ニーズを掘り下げると同時に、時代の流れに合う製品を生み出し、全世界の消費者に優良な生活体験を提供しようと努めて参ります」とのことです。よろしくお願いします。

内容物です。本体や説明書の他に、9Hの液晶保護フィルムも同封されています。こいつがまたキレイに張りやすくていいんだ。

TORRASのiPhoneケースのいいところ・イマイチなところ

ということで早速装着してみましたので、あれこれレビューします。

見た目がシンプル

ご覧の通り、ブランド名すら書かれていないシンプルなデザイン。こういうのがいいって人と、地味すぎてつまらんって人と、意見が分かれると思いますがぼくは好きです。

iPhone13 Pro用のカラーバリエーションはブラック、ミッドナイトネイビー、ライトブルーと本体に寄せてくれてある。

極薄軽量

見た目がシンプルなだけでなく、iPhoneのスタイリッシュさを損なわないデザイン。薄さは0.8mm、重さは16g。iPhone、できればそのまま使いたいけどケースがないのはやっぱり不安って人は買っちゃっていいと思います。

薄いからと言って保護機能が損なわれているわけではありません。カメラレンズよりは1.2mm高め、液晶画面より1.0mm高めになっているので、机の上に置く時もレンズや液晶が直接当たらず安心。

赤ちゃんの肌触り

ドイツ製の艶消しマットPC素材を採用し、赤ちゃんの肌のような優しい触り心地を追求している。素材はさらさらとしているので、指紋や油汚れがつきにくくキレイを保てます。

サイドボタンの操作性

細部までこだわった精巧な設計によりサイドボタン等の操作性も快適です。押し心地も違和感ないし、押したのに反応しないということももちろんありません。

Lightning

Lightningの部分ももちろんスムーズ。と言いたいところですが、残念ながらこれは物によるという結果になりました。一般的なLightningケーブルで充電をしたり、Apple純正のLightning専用SDカードリーダーは問題なく使えます。

しかしSHUREのiPhone/iPad向けのマイクMV88などは端子と本体の距離感が近いので、TORRASのケースを付けていると接続が甘くなり、抜けやすくなってしまうという欠点もありました。これほしい。

脱着のしやすさがUP

一度装着してしまえばよっぽどのことがない限り、ケースを外すことはないのかもしれません。TORRASのiPhoneケースは本体の形状に沿ってかなり精巧に作られているので、その分ぴったりフィットして取り外しにくい。少なくともiPhoneXSで使った感想はそうでした。

しかし!今回のiPhone13 Proの本体形状のおかげなのか、取り外しやすさも大幅に改善されています。右下および左下に設けられた絶妙な隙間からゆっくり外せば、前モデルに比べてかなりスムーズに取り外しが可能になりました。

TORRASの液晶保護フィルムを貼ってみよう

TORRASのiPhoneケースを買うと、9Hの液晶保護フィルムも同梱されています。4ステップで誰でも簡単に張り替えられますので、iPhoneケースとセットで液晶保護フィルムも変えたい人にはおすすめ。

1.アルコールペーパータオルで液晶をキレイにする

まずは古い液晶保護フィルムを剥がしたら、付属のアルコールペーパータオルで画面をキレイに拭き上げます。

2.クリーニングクロスで拭き取り

続いてこちらも付属されているクリーニングクロスで拭き取ります。これだけでも十分キレイになったと思うのですが、実は目に見えない埃などが付いている可能性があり、それらが気泡などの原因になるのでここでもう一手間かけます。

3.ホコリ除去ステッカーで仕上げ

最後にホコリ除去ステッカーを使って、表面に残った小さなゴミやホコリを取り除きます。これやらないと、ほぼ高確率で見逃したやつらが気泡となるのでお気をつけください。

4.上からフィルムを優しく落とす

最後にフィルムのシートを剥がして、スマホの上の部分(通話の際に耳の当たる方)から液晶保護フィルムをゆっくり下ろしていきます。自然と空気が抜けていきますが、この時に気泡ができそうだったら2番で使ったクリーニングクロスで押し出すように擦ってあげるとうまく抜けます。

ぼくは3番の工程を忘れて飛ばしたがために、気泡が入りましたが、張り直しに成功しましたので1〜2回のミスは許されると思います。フィルムの張り替え苦手な人にも優しい設計と言えます。

TORRASのiPhoneケースまとめ

ということで、SHUREのiPhone用マイクを使わない人にはほぼ文句のない設計になっています。ぼくは今後、iPhoneを買い替えてもTORRASがiPhoneケースを出し続けてくれる限り、同じものを使い続けると思います。シンプルで厚みのないiPhoneケースをお探しの方には、特におすすめ。

iPhoneのロゴや見た目を損ないたくない人は、強化ガラスを採用した全面クリアバージョンもおすすめ。

以前のiPhoneケース

spigenのiPhoneカバーを装着してみた様子