BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


ワークスタイル 仕事の流儀

お勤めをやめて5年目。継続してやってきて気付いたこと

投稿日:

merumaganew

無計画に学校の先生を辞めて、こんな生活になってから5年目を迎えています。

 

正直自分でも「よく生きているな〜」って感じます。

 

5年経った今でも、この生活は決して楽ではないけれど、学びも多いし、何より自分なりの人生の楽しみ方が、年々明確になって来ています。

 

これまでの期間、いろいろな仕事をして来ましたが、長期に渡って継続していることはたった2つでした。





フリーランスになると言うことの意味

「フリーランス」というと、単に聞こえはいいかもしれませんが、やはり組織に属さずに生きて行くって、そんなに楽じゃないです。

 

『会社や組織に属さずに仕事をする』と言うことに対して憧れを抱く人も多いかもしれませんが、やはりそれ相応の苦労が伴います。

 

フリーランス(起業)か会社勤めか。

 

どっちがいいとか、悪いとかではないです。

 

個人でやっていると、会社の中でのしがらみがないのは確かです。

 

ですが、会社に頼れていた部分がないってのは、かなり大きなハンデでもあります。

 

集団の中にいると、「俺だったらこうする」とか「なんでこんなやり方なんだろう」って思うことあると思います。

 

それは、会社勤めでなくても、部活やサークルの中にだって同じことが言えます。

 

上司や先輩のやり方が気に入らない、と言ってしまうのは簡単です。

 

ですが、その先輩が抜けてしまった後の支えがなくなってしまった感じは、部活やサークルの中でも感じたことある人は多いのではないでしょうか?

 

また、社内で何か成果を挙げたとしても、それは会社という大きな後ろ盾があってこその結果だったかもしれません。

 

もちろん、それだけでなく個人の努力もあるとは思いますが。

 

当たり前ですが、組織から離れて一人でやっていると、営業とか製造とか企画とか、経理や保険まで、分担してやっていたことが、全部自分一人に降りかかって来ます。

 

その中でも、自分の最大限のパフォーマンスを出し切るって、好きなことだとしても簡単ではありません。

 

フリーランスという言葉の中にもあるようにフリー(自由)にやれるからこそ、決断も責任も、全て自らに由ることばかりだと感じます。

 

始めることは簡単なこと

始めることって本当に簡単です。

 

軽い気持ちでも、ノリでも始めることはできます。

 

ですが、難しいのは「続けること」です。

 

続けることは「本気」でないとできないからです。

 

これまでいろんな仕事をして来ましたが、どれもこれもすぐに成果が出るわけでもなかったし、初めてみたけど続かずにやめたことも多いです。

 

単純に稼げる稼げないという判断のものもありましたが、稼げたとしても好き嫌いとか、やりたいかやりたくないか、でも判断は別れます。

 

好きなことだけして生きて行く?

表面上(?)は好きなことだけして生きているように見える人が、多いかもしれません。

 

ですが、表面化でもがいている人が多いことも事実です。

 

もしかしたら、本当にストレスなく好きなことだけやっている、という人もいるのかもしれませんが、ぼくにはその方法は未だ分かりません。

 

なるべくやりたいことをやろうとする自分と、それ以前にまずちゃんと飯を食う方法を探す堅実な自分がいます。

 

せっかくこんなにも不安定な道へ進むなら、雇われてアルバイトはしないってことは最初に自分の中で約束をしました。

 

自分で道を見つけ、チャンスをうかがい、時には自分で作り出す。

 

それは決してかっこいいものでもなく、ただ泥臭く直向きに、いつ報われるのかもわからないまま。

 

今、本物だけが残っている

 

いろんな成功と、それ以上に多くの失敗を経験して、それでもなお今手元に残っている手札。

 

実はあんまり多くないです。

 

ぼくの場合はそれが「ブログ」と「写真」でした。

 

いずれも独学で進めて来た道。

 

もしかしたら(というか結構な確率で)遠回りしているかもしれません。

 

もっと要領よくやるやり方もあったと思います。

 

それでもいろんなことを学んで、試して、改善して、今でも続けられるもの。

 

それがぼくにとっての「本物」なのだと思います。

 

文字を書くこと、写真を撮ること

これはぼくの好きなことでもあって、社会の中でお金に変えられる価値なのだと感じています。

 

違和感のあるもので勝負しようと思っても、自信持って売り出せないのは、やっぱり本物ではないからです。

 

そう考えると「本物」ってのは、完成したものや、高価なもの、素材、ブランドの力などではなく、自信を持って人に届けることができるもの、どう見られても胸張っていられるもののことだと考えるようになりました。

 

ルイ・ヴィトンの財布が本物であれば堂々と売ることができるのに、パチモノだったらなんか売りにくいじゃん。(そもそもパチモノは売ったらいかん)

 

それに自分がルイ・ヴィトンの価値を感じていないのに、人に勧めるのもなんかあれじゃん。

 

仕事をつくる、生活をつくる、ということを考えるうちにこのようなことを感じるようになっていました。

 

文字を書くのも、写真を撮るのもぼくにとっては好きなことだけど、それ以上に、言葉を通じて、写真を通じて、人を笑顔にできるって信じているからやれるんです。

 

人に価値を届けてこそ仕事

「どんな仕事をしたいの?」と学生とかに聞くと「人の役に立つ仕事」って答える人多いです。

 

もちろんそれは大事な発想の一つだとぼくも思いますが、人の役に立たない仕事って、仕事として成り立たないと思うんです。

 

その「役に立ち方」を迷っているんであって、それが決して華やかでなくても、かっこいいものでなくても、誰もが知っていることじゃなくても、表に出るような仕事じゃなかったとしても、仕事として成立している以上、役に立っているんです。

 

成り立たないのは価値がなかったのか、価値の伝え方を間違えたのか、それとも人道から外れたことをしたのか、一概には言い切れないいろんな要素があります。

 

そして、一時は良かったとしても、なかなか思うように続かないということだってあります。

 

時代とともに変わって行くものと、時代が変わっても変わらないもの。

 

そのバランスを考えながら、今日もぼくは生きています。

 

可能性を信じているか

ぼくは言葉がもつ可能性、写真がもつ可能性を信じています。

 

そこに現代のSNSというシステムを活用することで、目の前の人に届けることはもちろん、やり方によっては一度に多くの人に届けることも可能です。

 

きちんと伝えられることが増えれば増えるほど、それに乗じて自分自身の可能性も向上して行くのだと信じています。

 

言葉では伝わらないものが写真にはあって、写真では伝えきれないものが言葉にはある。

 

昔からずっと考えていました。

 

まとめ

5年経って、ようやく見えて来たぼくにとっての仕事のあり方。

 

言葉や写真で仕事を取りたいって思って来たけど、本当の心の奥にあるのは、言葉や写真を通じて、人を笑顔にすることでした。

 

「お前の記事読むと元気になる」

「お前の写真見るのが好き」

「また頑張ろうって思える」

 

そうやって言ってもらえることが、ぼくにとっての仕事です。

 

好きだけでは続かなかったかもしれないし、他に稼げた方法もあったと思います。

 

それよりも「どうなりたい」という気持ちのその先にある「そうなったら、どうしたいか」に気付けると、見える景色がまた少し変わりました。

 

言葉や写真を仕事にする。

 

「ライター」とか「フォトグラファー」ってのは手段の一つに過ぎなかったんです。

 

ライターやフォトグラファーになりたかったのではなく、ぼくは自分の言葉で、写真で人を笑顔にさせたい。

 

ほんの少しだけ、その人の目の前を暖かくしたい。

 

これがぼくのしたいことです。

 

フリーランスでも会社員でも、その先にある「どうしたい」がわかれば、きっと目の前がほんの少し変わります。

 

そこで自信持って胸が張れれば、人生はもう少し豊かになる。のかもしれません。

 

Photos by Pixabay

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-ワークスタイル, 仕事の流儀

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.