BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

じぶんごと

【ジャッサー(30歳ちょうど)目前】これまでの30年間の人生振り返りランキング(後編)

投稿日:

前回公表した

これまでの30年間の人生振り返り

ランキング(前編)。

 

今回は引き続き5〜1位を発表。

 

前編を見ていない人は

まずはこちらをチェック!

 

 

第5位 カンボジア・インドへ一人旅

DSCN1024

第5位に突入したのはこちら。

初の海外一人旅。

 

学校勤務を辞めた翌月から

僕はカンボジア・インドへ一人旅に出た。

 

もともと海外志向なんてなかった。

英語なんてできなくてもいいし!

俺は体育教師になるから!

とか

海外とか興味ねぇし!

俺が行きたいのは甲子園だから!

とか言っちゃってた。

 

しかも、教師に戻るために

人と違った経験を積もうと思って

飛び出しただけ。

 

でもこの飛び出しが

僕の人生をまた少し変えた。

 

第4位 東海道五十三次 京都から東京500kmを歩く旅

DSCN1064

もう二度とやりたくないほど

しんどかったはずのこの歩く旅。

 

それでもこの旅で僕は

人の温かさに触れ続け、

同時にSNSの怖さも知った。

 

旅の後半からは

人にお世話になることの連続で

誰かの家に泊めてもらうことや

誰かに食事をおごってもらうことは

もはや当たり前の領域になっていた。

 

Twitterで

「〇〇街道を歩いてます」

って呟けば、

近くの人が来てくれて差し入れの

飲み物をくれたりした。

 

箱根の山頂で足が動かなくて

ベンチで寝てた時。

起きたら足元に、

「どうかご無事で」

と書かれた飲み物と、

ポケットには封筒に入った現金があった。

 

追い越し際にクラクションで

応援してくれる人。

 

親指を立てて過ぎ去る

対向車線のチャリダー。

 

「あと30km先に妹が住んでるから

そこまで歩いて泊りなさい」

って言ってくれたおばちゃん。

 

「応援してます!」

っていきなりお会計票破り出して

好きなだけ飲んだり食べたり

させてくれた鉄板焼き屋のマスター。

 

みんな元気かな。

僕は元気です。

IMG_3365

ちなみに「にほんばし」っていうのに

「にほんはし」って書いてるのは、

川が濁らないようにっていう意味を込めて。

らしいよ!

IMG_3368

うりゃ!!

第3位 辞職は突然に!教師の仕事を離れて貧乏生活へ!

DSCN6488

やりたかった仕事をする。

やりたかった仕事を辞める。

 

毎月安定して給料をもらう。

毎月の給料がなくなる。

 

これを経験した僕。

 

もともとビジネス目線をもっていた訳でも

独立するつもりで準備してた訳でもない。

 

ただただ校長室から早く去りたい一心で

言っちゃった「辞めます」の4文字。

 

残ったのはほんのちょっとの貯金と

毎月の請求。

 

やばかった。

どうやってお金を得たらいいのか

全くわからなかった。

 

とりあえず身の回りのものから売った。

 

そしたら生き延びた。

今も僕は生きている。

 

この地べたを這いつくばって

生き延びた期間が

僕のそれまでの価値観を壊し、

これからの自信を与えてくれた。

 

第2位 カンボジア小学校建設

DSC_0174

「え〜?1位じゃないの〜?」

と聞こえてきそうなこのネタは2位!

 

仕事を辞めてからの3年間。

ほぼほぼカンボジアの学校建設のために

生きてきた。

 

クラウドファンディングやものづくりで

お金を少しずつ貯めて、

自分も同時に生き延びてきた。

 

2016年3月に完成した

カンボジアの小学校「みらいスクール」。

 

このプロジェクトを通じて出会った人々。

この活動中に感じた事、経験した事、

気づかされた事、忘れていた事。

 

そんな全てがまた少しだけ

僕を成長させてくれた。

IMG_6282

第1位 18歳で地元を飛び出し東京へ!

img062

人生が大きく動き出したのは

やっぱりここだったと思う。

 

あのまま地元で就職していたら

どんな人生だったんだろう。

 

正解なんてないし、

どの道を行っても幸せを感じる

自信はある。

 

日本各地から集まった同士は

いろんな文化や価値観をもっていた。

 

野球をやっていたことで繋がり、

広がったご縁がいっぱいあった。

 

目標に向かって頑張る仲間の姿に

刺激をもらった。

 

幼かった18歳の僕が見た東京は

いろんなものを僕に見せてくれた。

 

親元を離れて一人で暮らす。

 

そんな小さな世界の中にも

大きな冒険があったり、

重要な決断があったり。

 

とんでもなく心が喜ぶ瞬間があれば、

とんでもなくしんどくなることもあった。

 

これまでランキングしてきた事も

ここには上げられなかった他の思い出も。

 

良いも悪いもなくて、

その全てが今の僕であるということ。

 

後悔とかやりなおしたいこととか、

挫折とかも考えてみたら

その時々でもちろんあったんだろうけど、

その時、思うようにいかなかったことで

今の充実があったりする。

 

全部綺麗に良い思い出なんて

そんなはずないけど、

今笑えてるのは間違いなく

過去の決断と行動の積み重ね。

 

どんなに小さな事でも

その時は大きく感じてしまうもの。

 

それを自分なりにちゃんと選んで

歩いてきた過去の自分と

そこに関わってくれた人に

感謝してます。

img060

数々のお酒の失敗がありましたが、

これはそんな僕達を見守ってくれて、

時に厳しく育ててくれたマスターへ。

 

感謝と追悼の意を込めて。

 

まとめ

第5位 カンボジア・インドへ一人旅

第4位 東海道五十三次 京都から東京500kmを歩く旅

第3位 辞職は突然に!教師の仕事を離れて貧乏生活へ!

第2位 カンボジア小学校建設

第1位 18歳で地元を飛び出し東京へ!

以上が僕の30年人生振り返りの

後編でした〜。

 

おまけ

今年30歳を目前に僕は結婚をする。

 

このランキングに「結婚」がないことを

突っ込まれそうなので先に言っておく。

 

家族を持つということに対しての

覚悟は持っている。

でもまだ思い出じゃない。

 

彼女と付き合う事の延長に

奥さんと寄り添っていくって

ことがあると思っていたけど。

 

今んとこ僕は「交際」と「結婚」の

境を大きく捉えている。

 

20代で結婚を決めた僕と

付いてきてくれるって言っている彼女、

それぞれに想いと決意がある事は

間違いない。

 

この思い出や体験はまた別で増やして

いけたらと思っているので

今回のランキングには載せてません。

 

「結婚は異文化交流。

思いやりとは相手の思いを察する事ではなく、

自分の常識を押し付けない事」

 

いつかのおっさんが言っていた事を胸に

頑張っていこうと思います。

 

 

ってことで。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-じぶんごと

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.