YouTube再開しました>>>

クレジットカード付帯の海外旅行保険を3ヶ月(90日)以上に無料で延長する方法

カンボジアの小学校建設はおよそ半年近く日本を離れていたのですが、その間の保険は全てクレジットに付帯されている海外旅行保険を適用させました。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を3ヶ月(90日)以上にする方法

  1. 海外旅行保険が自動付帯のカードを用意する
  2. 海外旅行保険が利用付帯のカードを用意する
  3. 出国のための航空券や空港までの交通費を自動付帯のカードで決済
  4. 出国から91日目に利用付帯のカードでホテル代などを決済

これだけ読んで「なるほどそういうことか」って思った人はこれ以降は読む必要はありません。お疲れ様でした。「もうちょっと詳しく」って人は引き続きお付き合いください。

海外旅行保険を3ヶ月(90日)以上にするために必要なクレジットカード

海外旅行保険を3ヶ月以上に延長するためのおすすめクレジットカードです。

1.楽天カードのMaster Card

まずは楽天カードマンになりましょう。楽天カードをおすすめする理由は

  • 年会費が無料(レギュラーカードの場合)
  • フリーランスや、主婦・学生の人でも審査が通りやすいこと
  • 楽天でネットショッピングするとポイントが貯まる(楽天プレミアムカードだとさらに)
  • 溜まった楽天ポイントはANAマイルにも変えられる
  • 海外旅行保険の手厚い

などがあげられます。

一番気になる海外旅行保険の補償内容はこんな感じです。

この保険を適用させるには、楽天カードで航空券や空港までの公共交通機関の決済をすれば、出発日から3ヶ月間海外旅行保険に加入している状態になります。このようなカードを自動付帯のクレジットカードと言います。同じように自動付帯のクレジットカードは他にも多くありますが、迷っているなら最初は楽天カードを作ってみましょう。

ちなみに、楽天プレミアムカードを作っておくと、上記のように補償内容もアップしますし、対象の空港ラウンジが無料で使える特典(プライオリティパス)が付いてきます。楽天プレミアムカードは年会費は10,000円(税抜き)でかかりますが、十分に元を取れるだけのサービスなので、せっかく申し込むなら楽天プレミアムカードの方をおすすめします。



ところで、なぜ楽天カードをマスターカードで作るのがいいのかっていうと、次におすすめしたいクレジットカードがVISAになるからなのです。海外でクレジットカードを使おうと思っても、国や地域、店舗によっては「VISAのみ」とか「MasterCardのみ」という場合もあります。そのような場合に「VISAしかねぇ…」となることがないように二種類所持して入れば大概対応できます。写真の通りでぼくはVISAで作り大きな後悔を得ました。

2.三井住友VISAのクラシックAカード

次にお勧めしたいのが、三井住友VISAのクラシックAというカードです。このカードはVISAのみになるので注意しましょう。このクラシックAは、3ヶ月以上旅をする人に特にお勧めです。

クレジットカードに海外旅行保険が付帯されていると言っても、そのほとんどのカードが出発から3ヶ月でその効果は消滅してしまいます。つまり、4ヶ月目以降も旅が続く人は保険未加入ということになってしまいます。危ない。

この三井住友クラシックAは楽天カードのような自動付帯とは違う、利用付帯というサービスになっています。

どういうことかというと…

例えば1月1日が出発日だとしてそこから3月末(90日目)までは、楽天カードで航空券を決済していれば、楽天カードの条件で海外旅行保険に加入していることになります。

しかし出発から91日目からは楽天カードの効果はなくなるので、利用付帯で保険が適用される三井住友カードを利用して現地で次の航空券や、ホテルの費用を決済をすれば、その日から引き続き3ヶ月(90日間)保険が適用される形になるわけです。

この利用付帯のクレジットカードは自動付帯と比べて圧倒的に少ないのですが、3枚以上を活用すればクレジットカードの保険のみで1年間海外にいても保険が適用されることになります。

そして、楽天カード同様、この三井住友VISAのクラシックAも、審査に通りやすいので収入が少ない人でも申し込みやすいです。三井住友VISAの保証内容はこんな感じです。

※自動付帯と利用付帯では一部保証内容が異なるので、必ずHPで確認をしてください。
三井住友VISAカード

ちなみに三井住友カードはネットで申し込むと初年度年会費が無料!
三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

2年目以降は通常1500円かかりますが、マイペイスリボの登録と年1回のカード利用で無料になります。

まとめ

クレジットカードを上手に活用すると、通常の3ヶ月間の海外旅行保険に加えて、さらに3ヶ月の保険期間を加えることができます。

途中も書いたように、自動付帯と利用付帯では保証内容が一部異なりますが、いずれにせよ持っていて損はない2枚だと思います。

特に1枚目の楽天プレミアムカードは3ヶ月以上旅をしない人でも、プライオリティパスなどの特典が盛りだくさんなのでお得がいっぱいです。

プライオリティパスだけ別で申し込もうとすると$400かかるので、楽天プレミアムカード経由で作成した方がかなりお得です。

セントレアの名鉄線乗り場

クレジットカード付帯の海外旅行保険を発動させるために空港までの公共交通機関はカード決済する

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードがあったおかげで90日以上の海外生活で何かあっても平気だった

大変ありがたいことに「何か力になれることはありませんか?」と言っていただく機会が増えました。

もしよろしければ、以下のページから活動のサポートをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。