ブログネタがないのではなく書くべきネタを自分が持っていないだけ

ブログネタがないのではなく書くべきネタがないだけ

ブログを頻繁に更新しているのですが「ネタがなくならないのか?」ということをよく聞かれます。先に結論を言うと、ブログネタはなくなりません。なぜならSEOキーワードを探ればいくらでもキーワードが掘り出せるからです。ネタが切れているのは、キーワードではなく自分。ブログは「独自の体験をニーズに沿って書く」だけなので、挑戦を積み重ねて世の中のニーズに応えられる幅を広げたらこの悩みは解決します。

ブログネタはなくならない

ブログネタはなくならない

繰り返しになりますが、ブログネタはなくなりません。

SEOキーワードを探ればOK

アメブロとかで日記的にブログを書いている人には「はぁ?」ってなる話だと思います。ブログを書くためにはまずラッコキーワード(旧:関連キーワード)とかのツールを使って、世の中で検索されているキーワードを探ります。そこで得られたキーワードに沿って記事を書いています。なので、ブログは書きたいことを書くというより、世の中のニーズに対して自分が書けることを全力で書くというスタンス。世の中は検索で溢れています。

読まれるブログキーワード選定のやり方:書き方と育て方をセットで解説

すごい人にならなくてOK

Twitterとか見ているとすごい人が多すぎませんか?すごい人たちを見ていると「こんな自分が偉そうに発信してもいいんだろうか…」と思うかもしれませんが、そんなことは気にしなくてOK。3年くらい前の自分に向けて書けとよく言われます。さすがに3年も経てばあの頃の自分に語れる経験が増えているはず。そして同じような悩みなどを抱えている人もいるはずなので、あなたの文章はきっと誰かを救います。

ブログで難しいこと書く必要はない理由【身の丈で勝負】

とりあえず書いてみるでOK

ブログはあとあと記事の加筆修正ができますので、とりあえず書いて投稿してみるということが大事。公開までに時間がかかる人は、100点満点の出来栄えを実感してから投稿ボタンを押すタイプの人がほとんど。ブログとは不思議なもので、投稿した時は100点満点だと思ってたのに、期間が経ってから読み返すと「なんだこれ」と思うものばかりです。なので、とりあえず公開して修正していけばOK。書きっぱなしが一番よくない。

ブログを書き続けて高まったなって思える力5つ

ブログに書くべきネタが自分にないだけ

ブログ肉べきネタが自分にないだけ

SEOキーワードを探れば、ネタになりそうなキーワードはいくらでも見つけられます。それでも書けないというのは、書くべき経験値を自分が持っていないからです。サーフィンしたことない人にサーフィンの記事は書けません。

書けることを書こう

よくブログで稼げるジャンルとしては、金融とか美容がいいと言われています。人の欲望を満たすための記事だからです。でも、ぼくは書きません。なぜならその手の方向に行動していないから。

行動していないことは語れないし、調べりゃ出てくる情報だけをまとめたものを書いたって簡単に見破られてサイトだけでなく自分まで薄っぺらい存在になってしまう。それよりも、自分が熱中できるジャンルや心から人に勧めたいものを書いた方が楽しいです。

行動しよう

当たり前のことですが、行動量が足りないと書けません。ぼくがブログの立ち上げを手伝った人のほとんどはブログを閉じてしまっています。それはブログを書かなくなるから。なぜ書かなくなるのかというと、書くことがないからです。行動しないと書くことは生まれません。

行動しないから書けない、もしくは書きたいこと(持論)だけ書いて読まれない、という状況が続けばそりゃやめてしまうよなという当然の結果です。ブログで稼ぎたければ行動がセットで必要。

記録しよう

で、全てを記録します。

  • 食べに行ったら美味しかったレストラン
  • 買って良かった便利アイテム
  • おすすめしたい良本
  • 感動した映画
  • 役立ったノウハウ

など、とにかくなんでも自分の頭で考えて、記録しておく。これが雑記ブログで生き延びるコツみたいなのだと思っています。とりあえず何でも写真に撮っておけば、後で見返しながらキーワードと照らし合わせて書けそうな内容が見つかることもあります。

書く練習もしよう

「文章が上手に書けません」という相談を受けますが当たり前です。スポーツとかと一緒で、練習しなきゃ上達しません。逆を言えば、やれば誰にでもチャンスがある領域。最初から綺麗な文体なんか目指さずに、がむしゃらにタイピングがおすすめ。量を積み上げたら、気づいた時には上達しています。

人に読んでもらうブログを書くためのライティングスキルの高め方。具体例を添えて

まとめ

ということで、ブログネタは尽きません。キーワードを探りまくって、日々自分の経験値を高めて、読者目線で執筆しましょう。

もう少しだけ補足をすると、キーワード検索と自分の行動のバランスが大事。どれだけ上手に文章が書けていても、検索されていない(=ニーズのない)キーワードや自分語りばかりしている文章は読まれません。

ニーズのないキーワードで自分のことだけ書いていてもそりゃ書くことなくなりますので、ブログ書くことないとか続けるの辛いって思ってる人はキーワードを見直してみるといいと思います。大切なことなのでもう一度。情報発信は、独自の体験をニーズに沿って伝えること。世の中は検索で溢れています。ぼくらはそれに応えられるように挑戦に溢れた人生を生きましょう。

追伸

自分が選んだキーワードが重複することを避けたり、狙った通り上位検索されているかをチェックするために検索順位チェックツールを導入しておくとキーワード管理が楽になります。より良いサイトを作ろうと思ったら客観的な現状把握が必須。Macの人ならRank Tracker、Windowsの人ならGRCがおすすめ。PDCAをぶん回していきましょう。