カンボジアのATMで現金を引き出す簡単な方法と注意点

カンボジアの街の様子

カンボジアに旅行に来る方から「現金はいくらあれば足りますか?」と聞かれるのですが、ぶっちゃけ何をするか、どんな旅にするかによって全然違うのでちょっと困ります。最低限と言うのも人それぞれ。

なのでこの記事では現地のATMで現金を引き出す方法を紹介します。もし現地で追加で現金が必要になった場合はATMをご活用ください。カンボジア以外の国でも使える情報ですので、慣れていない方はこの機会にチェックしておくと海外旅行がもっと楽になります。

カンボジアのATMで現金を引き出す際の注意点

カンボジアのマーケットでの様子

カンボジアだけではなく各国のATMを使う際の注意点を先に解説します。

なるべく安全な場所のATMを利用する

なるべく安全な場所というのは

  • 銀行内or隣接
  • ホテル内
  • ショッピングモール内
  • 空港内

などのことを言います。道端にあるATMでは、誰かに待ち伏せされたり後をつけられる可能性や、スキミングする機械が取り付けられたりしている可能性があるからです。

ぼくはいつも銀行横のATMを使います。理由はガードマンが近くにいて安心だし、万が一カードが吸い込まれても、事情を説明しやすいからです。

偽札や汚れた紙幣に注意する

これはATM利用時だけでなく、買い物のお釣りなどでも気をつけてもらいたいことです。カンボジアではUSDが使えますが、汚れている紙幣や破れたり切れ目の入っている紙幣は受け取ってもらえないケースがあります。

ただ、そういった紙幣がATMから出てきたり、お店やレストランでのお釣りで返されることもあるので注意が必要です。そういった場合は出てきてすぐに変えてもらうように言ったらOK。カンボジアのリエルは汚れていても全然問題ないです。

ATMで万が一そういった紙幣が出てきた場合には

  1. 防犯カメラに向かってその紙幣と自分の顔を写してアピール
  2. ATMに書かれている番号に電話して説明

で対応できます。なので必ず、現金を引き出したらその場で一枚一枚チェックするようにしましょう。

ちなみに中国暦の旧正月期間は、偽札が増えます。

ATMの近くで拾った紙幣が偽札だと気付かずに豪遊しそうになった話

カンボジアのATMで現金を引き出す方法

ここからは実際にクレジットカードを使ってATMでキャッシングをする方法を紹介します。現地ATMで引き出す方法は主に2種類あります。

  1. クレジットカードでキャッシングをする
  2. プリペイドカードやデビットカードから引き出す

方法1 クレジットカードでキャッシング

慣れない人がキャッシングというと、とんでもない利子の借金を背負うことになるのでは?と心配になるかもしれませんが問題なしです。要するにカードを使った買い物と一緒で、翌月の請求で口座から引き落とされるだけです。カード決済で商品を受け取るか、現金を受け取るかの違いだとイメージしたらOK。

これからカードを作る人は楽天カードエポスカードあたりを持っておくといいですね。どちらも年会費無料で海外旅行保険も充実しています。なお、海外でいきなりカードを使うとセキュリティの問題で止められる可能性もあるので複数枚持っていくと安心です。

セントレアの名鉄線乗り場

クレジットカード付帯の海外旅行保険を発動させるために空港までの公共交通機関はカード決済する

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードがあったおかげで90日以上の海外生活で何かあっても平気だった

ノマドや海外フリーランスにおすすめのクレジットカード5選

クレジットカード付帯の海外旅行保険を3ヶ月(90日)以上に無料で延長する方法

方法2 マネパカードであらかじめ両替しておいて引き出す

そうは言ってもやっぱりクレジットカードを使うのは怖い…という方もいらっしゃると思います。そう言った場合は、事前にチャージした分しか使えないプリペイドカード式のマネパカードか、銀行残高以上は使用できないデビットカードなどを持っておくと便利です。

特にマネパカードは為替レートがいい時にあらかじめ両替をしておくと、旅行時のレートが悪くてもチャージした時点での金額が限度額になるので得をしたりします。

海外生活や海外旅行でのクレジットカードトラブルのリスク分散方法

カンボジアのATMで現金を引き出す手順

カンボジアのATMで現金を引き出す手順1

実際の操作画面にそって解説していきます。今回はいつも通り、銀行併設のATMを利用しました。少し離れたところにガードマンもいるので安心。

手順1 カードを挿入する

カンボジアのATMで現金を引き出す手順1

カード差し込み口にカードを挿入します。一応事前に変な機械とかついていないかをサクッと確認する癖をつけておくといいですね。

手順2 言語を選択する

カンボジアのATMで現金を引き出す手順2

操作画面上の言語を選択します。この機械だとクメール語、英語、中国語。「郷に入っては郷に従え!だろ」って人はクメール語行ってみてください。

手順3 暗証番号を入力する

カンボジアのATMで現金を引き出す手順3

カードの暗証番号を入力します。機械によってはボタンの反応が悪いものもあるので慎重に。

手順4 何をしたいか入力する

カンボジアのATMで現金を引き出す手順4

100ドル以下の場合は、その数字を入力したらOK。今回はもう少し引き出したいので「Cash Withdrawal」を選択して任意の金額を入力します。

手順5 引き出す方法を選択

カンボジアのATMで現金を引き出す手順5

クレジットカードによるキャッシングなので「Credit」を選択します。

手順6 内容を確認する

カンボジアのATMで現金を引き出す手順6

自分の引き出したい金額かどうかを確認します。今回は1ヶ月分の生活費を引き出しました。問題なければ「Continue」を押します。

手順7 レシートの有無

カンボジアのATMで現金を引き出す手順7

レシートが必要かどうか聞かれます。取引証明のために持っておくと万が一トラブった時に便利。ちなみに以前一度だけ操作をミスってNoにしましたがレシートは出てきました。

手順8 手数料の確認

カンボジアのATMで現金を引き出す手順8

手数料が5ドルかかることを確認します。

手順9 操作完了

カンボジアのATMで現金を引き出す手順9

少し待つと現金、キャッシュカード、レシートが出てきます。取り忘れのないようにお気をつけください。全てをとってから紙幣を確認して、もし異変があればすぐに防犯カメラに向かってアピールしてください。今回のように銀行横なら、すぐ相談しましょう。

カンボジアでのATMで引き出す方法まとめ

ということで今回は、カンボジアのATMで現金を引き出す方法や注意点をまとめました。ATMの機械によって若干の違いはあれど、あらゆる国で使えると思いますのであなたの旅行の一助になりましたら幸いです。それではHave a safe trip!!!!

カンボジアの空と傘の画像

カンボジアの天気予報、気候、雨季や乾季やベストシーズンを徹底解説

カンボジアの高床式住居

シェムリアップで遺跡以外の観光がしたい場合のおすすめ

日本とシェムリアップ往復はベトナム航空が乗り継ぎ時間短いし安くて快適だしLCCよりお得でおすすめ

カンボジアのシェムリアップでお店やっていますので、お腹が空いたらぜひ遊びに来てください。

https://ohana-siemreap.com/