ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

WORLD INFO

海外生活や海外旅行でのクレジットカードトラブルのリスク分散方法

投稿日:

海外でクレジットカードがATM機に飲み込まれたこと3回、財布を盗まれたこと1回の北川勇介(@yusuekworld)です。

 

「お金は稼げば取り返せるから!」って言い聞かせながらも、やはりカードや現金を失った時の精神的ダメージは計り知れません。

 

日本国内でのトラブルならともかく、不慣れな生活の地で、日本語以外の言葉を使って行うトラブルに対するストレスは思いの外大きいのです。(実体験・・・)

 

そこで今回は、海外生活や海外旅行中のクレジットカードに関するトラブルのリスクを分散させる方法についてまとめてみました。

 

これから海外へ行こうと思っている人や、海外旅行へ頻繁に行かれる方だけでなく、クレジットカードは持ちたくない、持ち歩きたくないという方にも一度目を通してほしいと思います。

 

また、これに関連して出国前や一時帰国中にやっておきたいノーリスクの資金調達方法も公開していますので、興味ある方はこちらも合わせてご覧ください。

海外進出前や海外在住者が一時帰国中にやっておきたいノーリスク資金調達方法

海外フリーランスという肩書きで動き回っていると必ずと言っていいほど聞かれるのが「資金調達の方法」です。   特にぼくのような個人事業主では、例え継続的でなくても一時帰国中に次の事業資金になる …

続きを見る





クレジットカードの代わりにデビットカードを持ち歩こう

デビットカードは、クレジットカードのようにカード一枚で決済ができるという特徴があります。

 

ではクレジットカードと比べてどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

デビットカードのメリット

1 即時引き落としで使いすぎる心配がない

クレジットカード同様に銀行口座に紐付けして引き落としが行われますが、クレジットカードのように利用上限が設定されておらず、銀行口座に入金されている残高が利用上限となります。

 

決済確定後、すぐに指定の口座から引き落としが行われるのでクレジットカードのように毎月の請求を気にしたり、使いすぎる心配もありません。

 

2 安心の不正利用保障

不正利用に対する損害補償も設定されているので、安心して持ち歩きが可能です。

 

3 世界中のATMで現金引き出し可能

現地での現金が必要になった際には現金の引き出しも可能で、世界中のVISA加盟店ATMで利用ができます。

 

クレジットカードでの現金引き出しと異なるのは、キャッシングではないので利息も発生しないし、自動リボ払いにもなりません。

 

4 審査なしで16歳以上なら誰でも

クレジットカードのように審査がないので、デビットカードを取り扱っている金融機関の銀行口座をお持ちで、16歳以上であれば誰でも開設できます。

 

お子さんが海外旅行や海外留学へ行く際に持たせるのも安心ですね。

 

海外ですぐにお金が必要になっても、提携している口座の中に入金を行えば海外送金や海外での銀行口座の開設を行う手間もありません。

 

デビットカードのデメリット

1 決済手数料が割高

クレジットカードに比べて決済時の手数料が1〜2%割高になりますが、普段クレジットカードを利用するという人も、リスク分散の観点から1枚は持っておきたいカードです。

 

2 決済は一括のみ

口座残高内での利用になるので、クレジットカードのように分割決済ができず、一括支払いのみになります。

 

登録しておくと得するデビットカード

使う使わないに限らず、登録して所有しておくとお得なデビットカードを紹介しておきます。

 

その理由は下記のリンク内で紹介しています。

  • 三菱東京UFJのVISAデビット
  • 楽天銀行のVISAデビット
  • 楽天銀行のJCBデビット
海外進出前や海外在住者が一時帰国中にやっておきたいノーリスク資金調達方法

海外フリーランスという肩書きで動き回っていると必ずと言っていいほど聞かれるのが「資金調達の方法」です。   特にぼくのような個人事業主では、例え継続的でなくても一時帰国中に次の事業資金になる …

続きを見る

 

クレジットカードの代わりに海外専用プリペイドカードを持ち歩こう

指定の銀行口座の残高ではなく、あらかじめ入金した金額内から引き落とされるのがプリペイドカードです。

 

海外専用プリペイドカードのメリット

1 入手が簡単

審査もなく年齢制限も低いので、簡単に入手できます。

 

2 無料で利用できる

入会金、年会費等がかからず利用できます。

 

3 銀行口座を指定しなくていい

引き落とし口座の指定がないので口座開設する必要もありません。

 

海外専用プリペイドカードのデメリット

1 クレジットカード・デビットカードよりも割高

クレジットカードやデビットカードに比べてさらに決済手数料が割高になります。

 

ただし、国内でも使えるプリペイドカードではなく海外専用を選べば手数料を引き下げることも可能です。

 

2 入金の手間

口座をしていない分、あらかじめATMやインターネットで入金をしておかないと決済ができないのでデビットカードよりも一手間かかります。

 

登録しておくとちょっとお得な海外専用プリペイドカード

こちらもデビットカード同様に、利用目的でなくても登録・所有しておくだけでお得なカードを紹介しておきます。

 

上記で公開したリンクから、その理由を詳しく探ってみてください。

  • マネパカード
  • NeoMoney
  • JTB Money T
  • キャッシュパスポート

 

まとめ

海外でクレジットカードを利用する際のリスク分散の観点も含めて、クレジットカード以外に所有しておくべきカードの種類についてまとめてみました。

 

こう言った「海外生活に必要なもの」を揃える過程にも、お得な情報はたくさん転がっていて、無料登録するだけで旅資金が稼げてしまう方法があるのです。

 

「登録してみようかな」って思ったら、まずこの記事を読んで、せっかくなので便利なカードだけでなく旅資金まで稼いでみてください。

海外進出前や海外在住者が一時帰国中にやっておきたいノーリスク資金調達方法

海外フリーランスという肩書きで動き回っていると必ずと言っていいほど聞かれるのが「資金調達の方法」です。   特にぼくのような個人事業主では、例え継続的でなくても一時帰国中に次の事業資金になる …

続きを見る

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-WORLD INFO

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.