YouTube再開しました>>>

失敗の数が多いということ

失敗の数が多い人

失敗の数が多いということはそれだけ挑んだ数が多い証だと思うのです。何かに挑戦したところで成功するとは限らないけど、挑戦してみないことには失敗すらもできないわけです。

挑戦しなければ失敗もしないから、傷つくことも惨めな想いをすることもないかもしれないです。でもそこで流さなかった汗は多分だけど、歳を重ねてからの悔し涙になる気がします。

だから挑戦した時点である意味成功していて、あとは思い通りに実現できるまで継続するだけだと思いました。人は経験したことしか語れない訳なので「そんなことやっても意味がない」なんて薄っぺらいこと言わず、いろんなことに挑戦して広辞苑より厚い人生を生きよう。

新年度を象徴する桜

会社員には未来がないとか会社勤めは馬鹿馬鹿しいっていう思考が馬鹿馬鹿しくて未来がない

経営者失格と言われた人

「経営者失格だな」って人に烙印を押せる人は人間失格だと思う話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。