アンカーテキストの意味と重要性|SEOにおける効果と適切な書き方

アンカーテキストの意味と重要性|SEOにおける効果と適切な書き方

ブログ記事の中にアンカーテキストを設置していますか?

していない人はしようね。

適切に設置するとSEOに効果があります。

この記事を読むと

  • アンカーテキストとは?
  • アンカーテキストのSEOへの効果
  • アンカーテキストの適切な書き方

がわかります。

SEOに強いブログを書きたい人はご参考ください。

アンカーテキストとは?意味や重要性について解説

アンカーテキストとは要はリンクです。

アンカーテキストの書き方の例

<a href=”https://yusukekitagawa.com/seo-for-beginner/”>SEO対策の超基本知識</a>

HTML形式で上記のように書くと以下のテキストリンクが表示されます。

SEO対策の超基本知識

“”の中に飛ばす先のURL、</a>の直前に表示したいテキストを入力するだけです。簡単。

WordPressで記事を執筆する場合は、わざわざHTML入力しなくてもツールバー内の鎖のマークを押せばOKです。超簡単。

アンカーテキストを設置する意味

設置することで、

  • 関連する記事の紹介
  • 参照した記事の紹介

することができます。

記事内で触れたことにもっと詳しく知りたい人や、記事内だけでは伝えきれない情報を伝えたい時に便利です。

アンカーテキストの重要性

読者に有益な追加情報を伝えること以外に、検索エンジンにもリンク先の内容を把握してもらう役割があります。

つまり適切なアンカーテキストはSEOの内部対策として非常に重要。

この辺を詳しく解説します。

アンカーテキストのSEOへの効果

検索エンジンはアンカーテキストのような<a>タグを介して、サイトを巡回します。

  • リンク先の情報を把握して評価する
  • テキストに含まれるキーワードをページの重要ワードとして認識する

などの効果があります。

内部リンクとしての効果

自分のサイト内を回遊するための内部リンクです。

表示されている記事に関連する内部リンクを適切に設置することにより、関連記事のSEO対策にもつながります。

関連しているものを提示することは、読者のためにもなるのでめんどくさがらずに配置しましょう。

外部リンクとしての効果

これは自分ではどうしようもできませんが、他人のサイトから自分のサイトへのリンクを貼ってもらうことでもSEO効果は高まります。

これを被リンクと呼ばれていて被リンクの数が増えると、検索エンジンからは「なるほど。この記事はいろんな人の参考にされている優良記事なのね」と思われて順位を上げてもらえる可能性が高まります。

人のためになる記事を丁寧に書いていると、被リンクはもらいやすくなります。

アンカーテキストの正しい書き方

アンカーテキストが内部SEOに重要な効果があるということが分かったからと言って、ただ配置するだけでは効果がありません。

  1. テキストとリンク先の内容が一致している
  2. リンク先の内容がわかりやすく書かれている
  3. キーワードが含まれている

上記3点を意識して書くのが適切なアンカーテキストです。

その1:テキストとリンク先の内容が一致している

テキスト表記が「カンボジアでおすすめの日本食レストラン10選」となっているのに、リンクを辿ったら「東南アジアのおすすめ日本食まとめ」だったら読んでいる人もクローラーも混乱します。

「こんな感じの内容を貼っておけばいいか」では不親切。

リンク先の内容をきちんと理解して、設置する場所の文脈に沿ってふさわしいテキストとリンク先を用意しましょう。

その2:リンク先の内容がわかりやすく書かれている

内容が一致したら、リンク先の情報をわかりやすい言葉で表現します。

ダメな例

  • 詳しくはこちらをクリック
  • ここから詳細をご確認いただけます

「ここ」「これ」「こちら」などは非常に曖昧な表現ですので、アンカーテキストとしては不適切。

「リンク先には何が書かれているか」を簡単に把握できるように記入します。

だからといって、文字数が増えるのは逆効果です。

長い文章の説明は読んでもらいにくいからです。

読者が簡単に把握できる工夫が大事。

その3:SEOキーワードが含まれている

アンカーテキスト内に、狙っているキーワードが含まれていることも重要です。

検索エンジンがリンク先の情報を把握する際に、テキスト内のキーワードに含まれている語句が重要であると認識してくれるからです。

例えば「読まれるブログキーワード選定のやり方:書き方と育て方をセットで解説」というぼくの過去記事は「ブログ キーワード選定 やり方」というキーワードを狙って書いているので、テキストリンクにするとしたら以下の通り。

ブログのキーワード選定のやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

当たり前ですが、記事タイトルにキーワードが含まれていないと効果がありません。

記事を書く時は書きたいことではなく、キーワードに沿って記事を書きましょう。

ブログで書きたいことを書くとアクセスが増えない理由

ブログで書きたいことを書くと記事数は増えるがアクセスは増えない

ただし、無理にキーワードを詰め込みすぎると検索エンジンには逆効果ですので、やりすぎは禁物です。

何事もほどほど。

まとめ

ということで、アンカーテキストの意味や重要性に触れながら、SEOに効果的な書き方を紹介しました。

たかがリンク。
されどリンク。

疎かにしないできちんと設置し、丁寧なサイト設計を心がけることが大切です。

神は細部に宿る。

SEOの基本が勉強できるおすすめ書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。