ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




FREELANCE

体育会系の人間が飲食店をやってみて思ったたった一つのデメリット

投稿日:

カンボジアでBASECAMP KITCHEN(@basecamp_kt)というカレーとコーヒーとチーズケーキのお店をやっています、日本体育大学出身の北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

一般的に男子の超成長期である中学時代は全然背が伸びず、常に「前ならえ」では両手を腰に当てていました。

 

ゆーすけ
中三になってもシニアリーグの中一の後輩の方が大きいやつばかりだった

 

そんなぼくの成長曲線のゆるさを見かねた母親が栄養補助食品に選んで来た一品が、なぜかマムシの粉末だったことは今ではいい思い出です。

 

ゆーすけ
ただでさえギンギンの中坊がマムシ飲んだらいろいろやばかったww

 

そんな話はさておき、今回は体育会系人間が飲食店をやってみて思った「たった一つのデメリット」について紹介します。





体育会系人間が飲食店をやるデメリット【一つだけ】

実際にぼくが飲食店というものを運営して見て思ったのはたった一つ。

 

ゆーすけ
並盛りの基準がわかんね〜

 

もうほんとこれに尽きます。

多くの飲食店で出てきそうないわゆる「一般的な量」を自分で皿に盛り付けて見るとあら不思議。

 

ゆーすけ
す…すくなくね…?

 

なんかケチって出してるみたいで、すごく胸がキューってなりました。

 

人が皆、自分と同じだと思うな

自分が外へ食べに行くときはいいんです。

お腹が空いていて、目一杯食べたい時は大盛りにしたりセットにしたり、二つ食べたりすればいいだけなので。

 

ラーメン屋に行ったら麺は大盛りだしチャーハンも餃子も食べる。

蕎麦屋に行ったら天丼か親子丼も食べる。

 

でも世の中には、ラーメンだけ食べたらお腹いっぱいで、チャーハンも餃子もそんなに食べきれないよって人もいる。

むしろ小さめ(少なめ)でお願いしますって人もいる。

 

自分の食べ方と人の食べ方は違うし、満腹の基準だって違う。

それはわかっているけど、いざ提供するとなると「たくさん食べて満足して帰ってほしいな」って思う分、その満足の「量」は自分基準になりがちになる。

 

ハンバーグもからあげも焼き魚も、やり初めの頃は「足りないかな〜」って思ってしまいがちだったけど、ほとんどの人は「あ〜よく食べた」って言って帰っていくし、足りなそうって感じる人はあらかじめ大盛りをチョイスする。

 

さいごに

結果として、設定した提供量は間違っていなかったのだろうと思います。

 

でも、世の中の求めているそれを見極めるのに、いかに「自分の基準」にはズレがあって、当てにならないか。

その基準はわかっているつもりなだけで、ものすごく曖昧なものなのだということを学んだいい機会でした。

 

今回は「並み盛り基準」でしたが、世の中のニーズを適切に把握するにはいかにして「主観を削れるか」。

つまりは、いかに他人を思えるかってことだということでした。

 

カンボジア・シェムリアップへ来たらぜひ遊びに来てください。

来てくれたらうれしくて、ついついお茶碗にご飯よそいすぎてしまうかもしれませんが。

 

▼お店のSNSあります。フォローしてください。

BASECAMP@シェムリアップ|Twitter(総合情報)

BASECAMP KITCHEN@シェムリアップ|Twitter(飲食情報)

BASECAMP KITCHEN CAT|Instagram

BASECAMP SIEMREAP公式HP

 

▼90日以上の海外旅行を考えているならリクルートカードがおすすめな理由

  • 年会費無料
  • 海外旅行保険付帯
  • 利用付帯なので90日以上の旅行の際に役立つ
  • 専業主婦や学生でもつくりやすい

通常、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードの多くは出国から90日以内が保証対象になります。

リクルートカード はそのような「自動付帯」ではなく「利用付帯」というタイプなので、海外滞在中にで交通費やホテルの予約など旅行に関わる決済をした日から90日間が保険期間になります。

自動付帯のカードと合わせて持てば、最大180日間がクレジットカードでの保険対象期間になるので、ワーホリやアジア周遊、世界一周など長期海外滞在を考えている人は、持っておくことをおすすめします。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-FREELANCE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.