ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ

自分の好きの中で生きる、自分の好きを発信する

北川勇介をフォローする

ITEMS

エルネストのトリップシューズホルダーが便利でたまらないから自慢させてくれ

投稿日:2016年5月28日 更新日:

DSC_1021

『旅先でのクツの管理や持ち運びに便利な旅アイテムはないかな。』

『シューズ袋ではなくて自宅でも魅せる収納できそうなものがいいな!』

このような要望のある人におすすめの記事です。

 

ぼくはKEENのサンダルが好きで、日常生活でも長いこと愛用しています。

 

履いた時のガッチリ感というかホールド感というか。

 

足が守られている感覚がすごいんです。(サンダルのくせに。)

DSC_1028

足底部も土踏まずにかけてのアプローチが施されているので、足にもいいし何より動きやすいんです。

 

同じような形で、多くの人が愛用するク●ックスとは比べ物にならない性能です。

 

これ履いたら普通のサンダルが不安になる程。

 

そんなKEENのサンダル始め、多くのシューズをホールドできるエルネストのトリップシューズホルダーは隠れた旅のおすすめアイテムです。

 

今日は、そんな隠れ名品の魅力を語ってみたいと思います。





実は品切れ続出の大人気商品だった

隠れおすすめアイテムとか言いながら、実はかなりの人気でアウトドア製品を扱うお店やサイトでも売り切れ続出でした。

sukusho12

ぼくもKEENを購入した時からずっと探し続けてたんだけどなかなか見つけられず。

 

数年前に渋谷でフラッと立ち寄ったアウトドアショップで1個だけたまたま在庫があり、即購入しをしました。

 

エルネスト・トリップシューズホルダーのおすすめな点

DSC_1021理由1 省スペース

ただのロープなので使わない時は省スペースで保管ができます。

 

これは大きいですね。

 

収納用品は、用品そのものが大きいというオチがあったりしますが、これは違います。

 

壁やデイパックに吊るしたり、小さなポケットに入れておくこともできます。

 

ぼくの保管方法はこちら。

>>>ミニマリストバックパッカーの厳選持ち物紹介〜シングルポケット編

 

理由2 旅先でも日常使いでも

DSC_1032

カラビナが付属しているので壁などに吊るすことができ、玄関や宿泊先のスペースが有効活用できます。

 

例えば、旅先のゲストハウスのドミトリーなど狭い場所でも場所とらないし、吊るしておくことで床も汚さないで済みます。

 

あとカラビナをバックパックに引っかけることで、バックパックの中もスペースを取らないんです。

 

靴って意外と場所取りますよね?

 

理由3 移動に便利

濡れた靴とかをカバンに吊るしたまま移動ができるので非常に便利です。

 

歩きながら靴の乾燥ができて、カバンの中を汚さない対策が同時にできる優れもの。

 

ただし、飛行機預け入れの時はどっか行くのでカバンの中へ入れるようにしています。

 

理由4 リーズナブル

便利でおしゃれなアウトドア用品って、意外と高いって印象ありませんか?

 

機能や耐久性を考えれば、値段が上がるのも当然かもしれませんが、このシューズホルダーは手頃な価格なの絵手を出しやすいのも嬉しいですね。

 

いまいちな点

DSC_1034

イマイチってことはないのですが、あえて言うなら最初ロープが硬くて扱いづらいくらいです。

 

あと、取り扱いは慣れるまでちょっと面倒かもしれません。(ぼくだけかな?)

 

ぼくの手先が不器用なだけかな?笑

 

KEENのサンダルじゃないとダメって思われがちかもしれませんが、スニーカーやショートブーツなどもしっかりホールドしてくれるのでKEEN愛好家以外にももちろんおすすめの一品です。

 

まとめ

値段、機能、大きさなどトータル的に見て、かなり大満足の買い物でした。

 

移動先のホテルやゲストハウスで自分の靴を確保しておくのとか、吊るしておくことで床を汚さないとか、簡単なようで意外と難しかったりします。

 

サンダルは、ちょっと汚れた感じのシャワールームだとそのまま履いてシャワー浴びたりすることもあるので、シャワー後にサンダルを乾かすのにも非常に便利です。

 

濡れた後の保管、省スペースでの保管など旅先だけでなく日常的にも使いやすいおすすめのシューズホルダーです。

 

今日紹介したアイテム

▼KEENのサンダルだけでなく、スニーカーやショートブーツなどもホールドできるのでシューズ類の持ち運びに便利です。

 

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



-ITEMS
-, ,

Copyright© ストライクゾーン|北川勇介オフィシャルブログ , 2018 AllRights Reserved.